飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

中国版新幹線の新型車両「復興号」

復興号
中国版新幹線の新型車両「復興号」

北京―上海間の高速鉄道を走る中国版新幹線の新型車両「復興号」が、初めてお披露目され乗客を乗せて運行した。

これまでの中国版新幹線車両は胡錦涛の時代に開発されたので、胡錦涛の政治スローガンから「和諧号」と名付けられていた。

この度の新型車両は習近平の政治スローガンから「復興号」と名付けられ、順次「和諧号」に取って代わる予定だ。

「復興号」は最高時速400キロにスピードアップされた新型高速鉄道車両で、北京ー上海間を6時間で結ぶという。

以前の「和諧号」はドイツや日本の技術を取り入れたものだったが、今回の「復興号」は中国独自の技術により開発されたと報道されている。

ところが実際には川崎重工が開発していた海外向け高速鉄道車両「efSET」にそっくりとの声もあり、川崎重工からの技術提供があったとの噂もある。

この噂の真偽については不明だが、日本から中国への技術提携や協力が裏でこっそりと行われていることがあるのは確かだ。

中国でのグルンバを使用した乳酸菌農業も、某所からの邪魔が入るのを防ぐため裏で極秘に進んでいる計画があるかも。


野崎晃市(42)

トウモロコシ廃材の活性炭化

活性炭
トウモロコシ廃材の活性炭化

今日は天津郊外でクライアントとグルンバを使用したトウモロコシ廃材の処理に関する商談を行った。

トウモロコシ廃材の処理に中国で使用されている方法は主に二つあり、乳酸菌による発酵と活性炭化とがある。

高温の炉でトウモロコシ廃材を焼却し、それを活性炭化させて肥料として再利用する方法も実用化が進んでいるという。

クライアントの希望で、我々は共同でグルンバ乳酸菌と活性炭化の2つの方法でトウモロコシ廃材の処理技術を開発することになった。

クライアントが保有する農園と実験施設を提供してくれることになったので、秋のトウモロコシ収穫の時期を待って実験開始となる。


野崎晃市(42)

天津航空に乗る

天津航空
天津航空で天津空港へ

今回、初めて天津航空を利用して関西国際空港から天津に飛んだのだが、まずあまりの料金の安さに驚いた。

日にちが限定されるが、うまく買えば大阪ー天津間の片道チケットが燃料代や空港使用料全て込みで一万円以内で手に入る。

今やへたに国内旅行で飛行機や新幹線を利用するより、中国や韓国に行く飛行機代のほうが安くあがる時代なのだ。

春秋航空も特価セールの時に買えば15000円ほどで往復できるので使うことがあるが、春秋は安価な代わりに不便な面もあった。

春秋航空はLCCなので真夜中の不便な時間帯に飛ぶことが多く、荷物の重量制限が厳しくて機内食も有料になってしまうのだ。

その点、今回利用した天津航空は昼出発して夕方には到着するし、機内食もきちんと出るし、荷物の重量制限もさほど厳しくない。

天津航空機で使用されている座席シートもLCCのような薄いベンチタイプではなく、普通のエコノミーの大きさの座席だ。

こんなに安くて採算がとれるのだろうかと心配になるが、中国は国策として海外に中国人を送り出すために格安にしているのだ。

しかし、韓国旅行ボイコットのように、政治問題が起きれば一斉に中国人がいなくなるリスクがつきまとうので油断はできない。


野崎晃市(42)

イージス艦迎撃ミサイル実験にも失敗

ミサイル
迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射実験

日米で共同開発中のイージス艦搭載用迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射実験が失敗した。

実験はハワイ沖で実施されイージス艦ジョン・ポール・ジョーンズ号から発射されたが、目標弾の撃墜に失敗した模様だ。

つい最近には、イージス艦のフィッツジェラルド号がコンテナ船と衝突して大破する事故を起こしたばかり。

今回のミサイル実験失敗も含めて、イージス艦のミサイル防衛能力や実戦能力に大きな疑問が生じる事態だ。

さらにアリゾナ州のルーク空軍基地では、F35のパイロット5名が飛行中に低酸素症を訴える事故が発生した。

同時期には、日本でもF35戦闘機の異常を示すランプが点灯して名古屋空港に緊急着陸する事故が発生している。

F35は「空飛ぶダンプカー」とも呼ばれており、高額な割にトラブルの発生が多い欠陥機と指摘される。

今月は米軍関係の事故が立て続けに発生しており、とても北朝鮮相手に戦争できる状態ではなさそうだ。


野崎晃市(42)

イデオロギーとユートピア

マンハイム
カール・マンハイムの『イデオロギーとユートピア』

知識社会学の古典的なカール・マンハイムの名著だが、学生の頃にずいぶん何度も読んだことを思い出した。

ユートピアとは被支配者が現状の政治体制に対する批判として、架空の理想の国の物語を作り出すことである。

有名な著作ではトマス・モアの『ユートピア』や陶淵明の『桃源郷』の物語などが有名で、イエスの「神の国」もその宗教的表現であった。

ユートピアは現実への批判と超越とを人々に呼びかけるため、実現可能性の有無にかかわらず政府の弾圧や破壊工作の対象となり得る。

反対に支配者側の体制維持のための神話や幻想を含む物語はイデオロギーと呼ばれ、被支配者を抑圧支配する手段として宣伝される。

例えば旧共産主義体制で見られたマルクス主義や、戦時中の日本で強要された国家神道などはイデオロギーとして機能した。

イデオロギーは現状の政権や体制を維持するために唱えられるため、支配者にとって都合の良い幻想を含む理論とならざるを得ない。

真逆のベクトルにあるユートピアとイデオロギーだが、実は論者の立場が変わると容易に相互転化を起こすことがある。

平等や労働の尊重に基づいていたはずの共産主義のユートピアは、共産主義者が支配者になるとイデオロギーへと転化してしまった。

最近の新しい現象は、朝鮮や中国にルーツを持つ人間による支配を維持し正当化するための新たなイデオロギーと神話の発生のようだ。

野崎晃市(42)

1913年のウィーン

ウィーン
1913年のウィーン

1913年のウィーンには、ヒトラー・トロツキー・スターリン・チトーなど後に著名な政治家となる人物が集まっていたという。

公式にはヒトラーがウィ―ンに滞在していたのは美術の勉強のためで、1913年には24歳の売れない画家に過ぎなかった。

また当時トロツキーは革命運動で逮捕されシベリア流刑となったが、その途中で脱走してウィーンで亡命生活を送っていた。

スターリンもシベリア流刑から脱走して、トロツキーと共にウィーンで逃亡生活を送りながら『プラウダ』誌の記事を執筆していた。

チトーはウィーンで暮らす兄の家族を頼って来ていたが、自動車工場などで働きながらダンスに興じていた。

一見したところ、彼らが同年にウィーンにいたのは偶然のようだが、彼らを呼ぶ何かがウィーンにあったのだろうか。

それは1913年にウィーンで第11回シオニズム大会が開かれ、シオニスト青年運動の中心地だったことが関係しているのではないか。

1913年にはハプスブルグ帝国のフェルディナント大公も首都ウィーンにいたが、翌年には暗殺され第一次世界大戦が発生している。


野崎晃市(42)

安倍源基と安倍晋三

安倍源基と安倍寛
安倍源基と安倍寛

山口県熊毛郡出身の政治家である安倍源基は終戦時の内務大臣だが、A級戦犯容疑者として岸信介と共に釈放された。

1932年に安倍源基は初代の特高警察部長となり、特高によるプロレタリア作家小林多喜二の逮捕と殺害時の責任者だった。

1925年に制定された治安維持法だが、徐々に適用範囲が広げられ特高による逮捕者は七万人にも上ったと言われる。

安倍源基は警視総監を経て1941年に企画院次長となり、東条内閣で商工大臣となった岸信介と戦時中の物資動員をコントロールした。

戦後は岸信介・安岡正篤・木村篤太郎と共に新日本協議会を設立して改憲や安保改定を主張したが、これが日本会議の思想的源流の一つである。

ちなみに安倍源基と安倍晋三の安倍家との家系のつながりは確認されていないが、思想的・人脈的に両者が近いことは明らかである。

安倍源基と安倍晋三の祖父である安倍寛と岸信介は共通して山口県の出身で、ほぼ同時期に東京帝国大学法学部で学んでいる。

安倍源基・安倍寛・岸信介の関係を洗い出すには故郷の山口県の他に、東京帝国大学時代の宿舎や師弟関係を調べるといいだろう。


野崎晃市(42)

2500年前のクリスタルグラス

クリスタルグラス
2500年前のクリスタルグラス

上の写真は一見したところ、どこの家庭にでもありそうなコップだが、実は2500年前の中国戦国時代の墓から出土したコップである。

1990年に杭州半山鎮石橋村の戦国時代の越国の貴族の墓から出土し、ガラス製ではなく透明の水晶石を削って作られている。

中国でもこのような水晶のコップはこれ以外に例がなく、材料に使用された透明で大きな天然水晶石も大変に珍しいものだという。

しかも水晶石を研磨して製造した技術は今も謎で、現代の機械を使用しても製造が難しい代物だそうである。

現代ではフランスのバカラ社のクリスタルグラスが有名だが、2500年前の中国人が天然のクリスタルグラスで飲んでいたとは驚きである。


野崎晃市(42)

米朝のロッドマン外交

金正恩とロッドマン
金正恩とロッドマン

以前にも『文殊菩薩』では北朝鮮の金正恩と元NBAバスケット選手のデニス・ロッドマンの交友に関する記事を書いた(記 事)。

このたびロッドマンは北朝鮮に五度目の訪問を行い、トランプからの伝言を金正恩に伝えた模様である。

ロッドマンはトランプ大統領の支持者としても知られており、過去にトランプの司会するテレビ番組に出演したこともある。

ロッドマンは金正恩へのプレゼントとしてトランプの著書を送り、北朝鮮はロッドマン訪朝に合わせて逮捕されていたアメリカ人大学生を釈放した。

今回の訪朝でロッドマンが携えたのはサイン入りのユニフォーム2枚と石鹸のセットとトランプの著書、金正恩の娘には絵本をプレゼントしたという。

いまだロッドマンは今回の北朝鮮訪問の目的と詳細について明らかにしていないが、米朝間の緊張緩和と対話に向けての動きと思われる。


野崎晃市(42)

意外と脆いイージス艦

イージス艦
大破してタグボートに曳航されるフィッツジェラルド号

米海軍のフィッツジェラルド号がフィリピン籍の貨物船と衝突し、艦船が大破したとのニュースが流れている。

日本近海では以前も自衛隊所属のイージス艦「あたご」が衝突して、漁船が沈没し漁船乗組員が死亡する事故が発生している。

今回の事故で特に感じたのは、最強の戦艦と呼ばれるイージス艦の意外なほどの脆弱ぶりであった。

イージス艦には最新鋭のレーダーが搭載されているはずなのだが、船との衝突も回避できないでミサイル防衛ができるのだろうか。

「あたご」の事故では自動航行システムに頼りすぎて、人間による監視体制や操縦が疎かになっていた事が原因だった。

さらにイージス艦は搭載された最新鋭の電子機器があだとなり、ロシアが開発した電子パルス兵器によって麻痺してしまう。

実際に米海軍のイージス艦「ドナルド・クック」は、過去二度に渡りロシアの電子パルス兵器により航行不能に陥っているのだ。

また、イージス艦が機動力を重視するあまり甲板や側面の鉄板や防備などが手薄になっていると指摘する専門家もいる。

今回の事故での損傷から見ると、意外にもイージス艦は魚雷や砲弾などの物理的攻撃に耐えられない「張子の虎」なのかもしれない。

野崎晃市(42)

長門の楊貴妃伝説

楊貴妃の墓
長門市にある楊貴妃の墓

山口県長門市の海岸に突き出た半島には楊貴妃の墓があり、中国より楊貴妃が亡命してきたとの伝説が残っている。

唐の玄宗皇帝に中国一の美女として皇帝の寵愛を受けた楊貴妃だが、正史では若くして殺されたことになっている。

安禄山の反乱により長安が攻め込まれ、皇帝と妃たちが四川に逃げる途中で、皇帝を守る兵士たちが楊貴妃殺害を要求したためだ。

兵士たちは、皇帝を政治から遠ざけて安禄山を反乱に追い込んだのは楊貴妃が原因だと主張し、彼女の殺害を要求したのである。

皇帝は兵士たちをなだめる為に、愛してやまない楊貴妃の殺害をやむなく許可したのであった。

ところが、長門市には楊貴妃が替え玉を使って死を逃れ、秘かに日本に亡命したという伝説があり、彼女の墓まで立てられているのだ。

なんと、唐の高級官僚となっていた遣唐使の阿倍仲麻呂が、秘かに楊貴妃を匿って日本に亡命させたというのである。

ちなみに、阿倍仲麻呂と安倍晋三には直接の血縁関係はないが、祖先をたどれば阿倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)に行きつくという説もある。


野崎晃市(42)

中国版『深夜食堂』が大不評

中国版深夜食堂
中国版『深夜食堂』

日本の漫画を原作としてテレビドラマや映画化された『深夜食堂』は、主役の小林薫がいい味を出している人情ドラマだ。

このドラマはアジア各国でも人気が高く、中国でもテレビ字幕版が高い視聴率を挙げ、中国版の映画も制作中である。

だが最近、中国のテレビで役者を中国人に入れ替えた『深夜食堂』を放送中なのだが、これが不評で大ブーイングを浴びている。

というのも役者が中国人に変わっただけで、料理や食堂の作りや衣服などで日本の設定をそのまま使用しているためだ。

制作側は日本での原作に忠実であることを目指したのかもしれないが、中国の食文化や外食産業の事情は日本とは全く異なる。

まずカウンター席で一人でちびちび飲む居酒屋スタイルの食堂は中国では少なく、中国人は大勢でワイワイ飲んだり食べたりする事を好む。

しかも主人公が着ている日本風の作務衣も小林薫が着るならわかるが、中国人が着ているとなんとも奇妙な格好に見えるらしい。

そもそも『深夜食堂』は新宿ゴールデン街のような特殊な場所を背景にしており、一般に中国で深夜のみ営業する食堂はありえないのだ。

原作ファンからはせっかく中国で撮影するのなら、中国の文化に合わせ背景や設定まで変えるべきであったと意見が寄せられている。

中国では久々に日本ドラマの翻案物として注目されていただけに、原作ファンの私にとってもやや残念な気分だ。


野崎晃市(42)

理想主義と現実主義のポリティクス

理想
理想と現実の衝突

国際政治や政治学の分析には、理想主義(idealism)と現実主義(realism)の大きく別けて二つの見方がある。

理想主義は「こうあるべき」(ゾレンSollen)とするイデア論から出発し、倫理や道徳的観点から現実の政治を批判する。

一方の現実主義は「あるがまま」(ザインSein)から出発し、現実の性悪論的な世界を肯定し分析の出発点とする。

理想主義の代表作としてはプラトン『国家論』やカント『恒久平和論』などがあり、徳や学問に秀でた君主や平和・平等・自由等の理想が語られる。

現実主義の代表作としてはホッブズ『リヴァイアサン』やマキャベリ『君主論』があり、権力闘争・陰謀・世論操作に満ちた現状を生き抜く方法が語られる。

政治というものは理想主義に偏ると現実離れした夢物語に終わりやすく、一方で現実主義に偏ると闘争が常態化し腐敗が蔓延しやすくなる。

だから高邁な理想と徳を備えつつ醜い現実に対処していくのは至難の業で、その「王道」を歩むことができるのは聖人君子のみである。

凡庸な政治家が武力や権力を背景に権謀術数をもてあそび、民を踏みつける「覇道」に堕してしまうことはいとも容易い。

私はどちらかというと孔子・プラトン・カントといった理想主義の系譜のほうを好むし、腐敗を防ぐ「地の塩」になりたいと思っている。

野崎晃市(42)

暗殺の恐怖と戦うトランプ

現代版『ジュリアスシーザー』
トランプは現代版ジュリアス・シーザー?

ニューヨークで上演されているシェークスピア劇の「ジュリアス・シーザー」が、トランプ暗殺をほのめかしていると議論を呼んでいる。

劇団のスポンサーとなっていたバンク・オブ・アメリカとデルタ航空は、「一線を越えている」として資金提供から撤退する見込みだ。

今月にはコメディアンのキャシー・グリフィンが、トランプの生首を掲げる合成写真を公開して批判を浴びたばかり。

また「ロシアゲート」での弾劾が難しいとなると、今度は首都ワシントンとメリーランド州の司法長官が憲法違反でトランプを提訴した。

どうやらトランプの暗殺や失脚を執拗に狙う勢力が背後にいるようだが、トランプは彼らの魔の手を逃れて任期を全うできるのだろうか。


野崎晃市(42)

東京脱出の準備ですか?

カード
オリンピックで和光ビルを襲撃するゴジラ

「三菱東京UFJ銀行」から東京の二文字が消えましたが、これでいつでも本社を大阪に移転できるようになりましたね。

天皇陛下が退位後は京都に滞在を希望との報道ですが、これで皇室もスムーズに京都へお移りになれます。

愛子様が両親と同じ英国の大学か小和田夫妻のいるオランダなどに海外留学なされば、皇室もより安泰となることでしょう。

さて、ゴジラ1作目でも破壊された銀座の和光ビルですが、シン・ゴジラでもやっぱり破壊されていたようですね。

はたして、2020年の東京オリンピックはゴジラの襲撃を受けることなく無事に開催することができるのでしょうか?


野崎晃市(42)
文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ

安全水霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の新刊
色棒24色棒24色棒24
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP