飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

中華資本に次々と買収される日本企業

東芝ハイセンス
東芝テレビ事業を中国ハイセンス社に売却

東芝のテレビ事業部門が約129億円で中国のハイセンス社に買収され、また一つ日本企業が中華資本の傘下に入った。

テレビ事業ではすでに三洋が中国の長虹に、シャープが鴻海に買収されており、国産はソニーとパナソニックを残すだけだ。

パソコン部門でもすでにNECと富士通が中国のレノボ社に買収され、東芝のPC部門も中華資本に買収される話が出ている。

白物家電部門でも2011年にはハイアールが三洋を、2016年に東芝の白物家電部門はすでに中国の美的集団に買収されている。

中華資本にとって日本企業の買収は、ブランド・特許・技術・開発に必要な費用を考えると非常にお手頃な価格に見えるようだ。

かつて日本が誇った製造業は早急に対策を講じなければ、根こそぎ欧米ハゲタカファンドか中華資本に飲み込まれてしまうだろう。


野崎晃市(42)

宋美齢と張学良は恋仲だった

張学良と宋美齢
若き頃の張学良と宋美齢

宋美齢と言えば宋家三姉妹の三女で蒋介石夫人として知られるが、じつは張学良と若い頃に恋愛関係にあったようだ。

ただし、宋美齢はそのことを蒋介石にはずっと黙っており、死の直前になって張学良との親密な関係を告白したという。

宋美齢は蒋介石と付き合う前に上海で張学良と親密な関係となったが、張学良は既に妻帯していたため結婚に至らなかったのだった。

張学良が西安事変で蒋介石を監禁した時、飛行機で西安に乗り込んで張学良と交渉して夫の蒋介石を解放させたのは宋美齢であった。

そして蒋介石が解放された後に張学良を軍法会議にかけ軟禁したものの、彼を殺害しなかったのも宋美齢が口をきいたためであった。

宋美齢はもし張学良に指一本でも触れようものなら家から出て行き、蒋介石の秘密を全て世界に公開すると脅しつけたそうである。

中国近代史の転換点となった西安事件を巡る蒋介石と張学良の背後で、二人を若い時から知る宋美齢の存在が大きく作用したのだ。


野崎晃市(43)

日中韓自由貿易区の設立を急げ

日中韓3
日中韓自由貿易圏

中国の李克強首相が中国と韓国・日本との関係改善の動きを受けて、日中韓自由貿易区の設立交渉を促進する意向を発表した。

日中韓自由貿易区の設立は2002年に提唱されて以来、15年にわたり断続的に交渉されてきたが話が進まない情況が続いていた。

これまでも日中関係が尖閣諸島を巡って悪化したり、中韓関係がTHAAD問題で緊張して交渉がしばしば中断されてきたからだ。

ところが今回のトランプ訪問を機に日中韓の関係が改善の動きを見せ、中国国内でも再び自由貿易推進の動きが活発化してきた。

日中韓自由貿易区の設立と三カ国間でのFTA自由貿易協定の締結は、習近平の進める「一帯一路」政策にも組み込まれる予定だ。

日中韓自由貿易区の設立候補地には青島・威海・大連などが挙げられており、新たなシルクロードの拠点となることが期待されている。


野崎晃市(43)

中国人留学生殺人事件の裁判が話題

江歌事件
中国人留学生殺人事件の報道

一年前に東京で発生した中国人留学生殺害事件のドキュメンタリーが、中国のテレビで放映されて話題となっている。

事件は東京中野のマンションで中国人留学生の江歌さんが、同居していた女友達の元ボーイフレンドに殺された事件だ。

江歌さんの母親は犯人の死刑を求めて池袋で署名活動を行ったり、近く開かれる裁判のため日中を頻繁に往復している。

番組では同居人の女友達が江歌さん殺害の原因となったにもかかわらず、裁判での証言に非協力的で逃げ回っていると批判されていた。

また中国では当然死刑になるような犯罪でも、日本では刑が懲役20年程度にしかならないことへの不満もあるようだ。

近年は日中の当局間で捜査協力や犯人引き渡しが始まっているが、外国人犯罪の増加に対応する法整備が急務とされている。

日中間の犯罪者の引き渡しや裁判管轄権に関する条約の締結を望む声も多く、政治主導で議論と法整備を進めてほしいものである。


野崎晃市(43)

暴言王と暴言王が手を結ぶ

トランプとドゥテルテ
トランプとドゥテルテは握手できたのか?

アセアン首脳会談が開催されたフィリピンに、アジア歴訪中のトランプ大統領が訪問しドゥテルテ大統領と会談した。

オバマを売春婦の息子などと罵っていたフィリピンのドゥテルテ大統領だが、意外にもトランプとは意気投合したようだ。

ドゥテルテは最近も16歳の時に人を殺したことがあると告白して物議をかもすなど、その毒舌ぶりは相変わらず絶好調だ。

同じく暴言王と呼ばれるトランプとの会談はどうなるかとひやひやさせたが、ドゥテルテは晩さん会でトランプに捧げるラブソングを熱唱。

トランプはドゥテルテとの会談後に、我々は「最高にすばらしい関係」にあると表現して互いを称賛する意外な展開となった。

暴言王の二人は手を握り合うことができただけでなく、「最高のパートナー」と述べるまでに関係を修復させることができたようだ。

野崎晃市(43)

中国が半永久的に飛ぶソーラー無人偵察機を開発

ソーラー無人偵察機
中国のソーラー無人偵察機

報道によると、中国はグライダーのような長い翼に太陽光発電パネルを搭載したソーラー無人偵察機を独自に開発した模様だ。

この無人機は高度2万メートル以上の成層圏近くを飛行するため、レーダーに映りにくい上に地対空ミサイルで狙うのも困難だ。

またソーラーエネルギーで滑翔するように飛行するため、エネルギー消費が少なく半永久的に飛び続けることができるという。

中国はこのソーラー無人機を軍事偵察機として安価に大量生産する予定で、搭載カメラで地上の映像やマップを送り続けるという。

中国は米軍のプレデターに似たミサイル搭載の無人機も開発中で、無人機による飽和攻撃を戦略の柱と位置付けているようだ。

中国では米軍F-35への対抗策として多量の無人機を当たらせる戦略が提案されており、伝統の人海戦術のロボット代替化が進んでいる。


野崎晃市(43)

金正恩の沈黙は愛してるのサイン?

金正恩とトランプ
嫌い嫌いも好きのうち?

北朝鮮は9月15日にミサイル実験をして以来、すでに50日間にわたり不気味な沈黙を続けている。

その理由はワシントン・ポストによれば、米国国務省の北朝鮮担当ジョセフ・ユンの提案にあったようだ。

彼によれば、ミサイルと核の開発を60日間停止すれば米国は直接対話を再開する準備があると北朝鮮に提案したそうだ。

彼の提案は、トランプがアジア外遊から戻るまでは、ミサイル発射で面子をつぶしたり挑発するようなことは避けてほしいという意味だろう。

トランプのアジア歴訪にはティラーソン国務長官やジョン・ケリー首席補佐官など政権の中心メンバーも同行している。

トランプ政権の中心メンバーがワシントンを離れている間に北朝鮮が挑発すれば、米国内の好戦派が暴走する可能性さえある。

金正恩の沈黙は米国との対話を希望していることのサインであり、トランプのアジア歴訪への彼なりの気遣いでもあるのだ。


野崎晃市(43)

トランプとプーチンが握手

トランプとプーチン
ベトナムの民族衣装を着たトランプとプーチン

直前まで伝えられていた、トランプとプーチンのベトナムAPEC会議での会談の予定は実現しなかったようだ。

「ロシアゲート」で揺さぶりをかけられているトランプが、米国内からの反発に配慮したためと思われる。

しかし、会議に先立つ記念撮影でトランプとプーチンは隣に立ち、握手を交わすことで互いへの気遣いを示した。

スプートニクは両国首脳の握手を伝えたものの、同時に二人の間に公式な会談はなかったとも付け加えている。

だがトランプがプーチンと北朝鮮問題を話し合う予定が阻害されたことで、北朝鮮問題には火種を残す結果となった。

近く米空母三隻が日本海に展開して演習を行う予定で、北朝鮮と米国の軍事的緊張が再び高まることが予想される。


野崎晃市(43)

中国がトランプに2500億ドルのお土産

貿易赤字
米国の対中貿易赤字

歴代の中国皇帝は朝貢貿易により外国使節を遇したが、持ってきた物以上の贈り物を返すので外国使節がこぞってやって来たという。

習近平はトランプに2500億ドルもの契約を土産に持たせ、ボーイング社やアラスカの天然ガス取引などで大口契約となったようだ。

現在の米中貿易では米国の貿易赤字が1年で2500億ドル以上あり、トランプは対中貿易赤字の解消を当選前から公約として訴えていた。

この土産はトランプが中国に対する貿易制裁を発動するのを防ぐとともに、AIIBや一帯一路への参加に向けて米国世論を喚起するだろう。

中国のトランプへの土産は米国内におけるロシアゲート追求の動きを鈍化させ、トランプの権力を強化することにつながるとの予測もある。

トランプは中国の後に訪れるベトナムでプーチンとの会談も予定しており、北朝鮮問題解決の道筋がつけば手土産はさらに豊富になる。

野崎晃市(43)

習近平がトランプを故宮に案内

故宮を見学するトランプ
トランプを故宮に案内する習近平

訪中したトランプを出迎えた習近平は、歴代皇帝の住んだ故宮を借り切ってトランプ夫妻を案内した。

故宮では習近平夫妻が故宮に残された時計や陶器などの文化財を見学し、書画をかけ軸にする表装の工程を体験した。

第十九回共産党大会を経て権力を固めた習近平は、中華皇帝が外国使節を謁見した時のような気分だったのだろうか。

思い返せば今年4月にトランプは別荘のマー・ア・ラゴに習近平を迎えたが、突然のシリアへのミサイル攻撃で習近平を驚かせた。

習近平はトランプのようなトリッキーな接待はせずに、外国元首でも特例の故宮での晩さん会をトランプに準備し大人の対応をした。

習近平は中国の悠久の文化と歴史をトランプに示すことで、超大国どうしの成熟した米中関係を構築するよう諭すつもりであろう。


野崎晃市(43)

トランプ訪中で米企業を売り込め

トランプと習近平
トランプと習近平

明日よりトランプが中国を訪問するが、国務長官ティラーソンや商務長官ロスなどが企業家を帯同して米企業の売り込みをかける。

トランプに中国訪問で米企業のCEO達を帯同して米国製品を売り込むように勧めたのは、ほかならぬ外交顧問のキッシンジャーだ。

トランプ訪中に同行するべく名乗りを挙げた米企業は100社以上あったが、最終的に選ばれたのは大企業29社のCEO達だった。

主にIT通信のクァルコム社、エネルギーのウェスティングハウス、化学工業のデュポン、金融のゴールドマン・サックスなどである。

トランプは不動産王、国務長官ティラーソンは石油会社、商務長官ロスは投資家と、米政府はビジネス交渉のプロがそろっている。

米国を戦争と破壊による略奪経済から工業製品輸出へと転換させて立て直させられるか、米国の将来がトランプの腕にかかっている。


野崎晃市(43)

林徽因伝(10):マダムのサロン

林徽因と梁従誡
子育てをする林徽因

林徽因と梁思成の間には一男一女が生まれ、林徽因は子育てや家事の間のわずかな時間に詩や建築の仕事をこなした。

このころから林徽因は肺病を患うようになっていたが、林徽因の快活な話しに引き寄せられて多くの文化人が彼女の家を訪れた。

いつしか林徽因の家は「マダムのサロン」と呼ばれるようになり、常連客にはフェアバンク夫妻や清華大学教授の金岳霖などがいた。

小説家の沈従文も「マダムのサロン」の常連で当時は新聞『大公報』の主筆だったため、林徽因の作品は『大公報』にも多数発表された。

米国留学中に林徽因と知り合った女性作家の謝冰心は「我々のマダムのサロン」と題し、林徽因のサロンを皮肉を込めて描写した。

林徽因はその謝冰心の文書を読むとすぐに彼女に“酢”を送った。中国ではやきもちのことを「酢を飲む」と表現するためである。


以下は林徽因の詩「深笑」の私訳である。

「深遠な笑み」
あんなに甘く、あんなに深く、あんなに丸く
笑っているのは誰かしら?
真珠が一つ一つ大小の光を輝かせ、無邪気にほとばしる。
清い泉の底に浮かび、流れて水面まで上がってくると
輝いて、ちりぢりに分かれてしまう。

まるで一輪の花が咲いているように
笑っているのは誰かしら?
あんなに軽妙に、しかも誰も驚かせずに。
ふと微かな香りが、風に運ばれてくる
垣根をかすめて、斜陽の前にほんの少し
掛けられた心残りのように。

高くそびえる百階建ての塔のように
笑っているのは誰かしら?
名前も知らない雀が来て周囲を飛んでいる。
幾千幾万の風鈴を鳴らすように
笑っているのは誰かしら?
階層のガラス造りの軒先から
曇った空に揺らしているの?


野崎晃市(42)


キッシンジャーが中国を極秘訪問

キッシンジャー2
キッシンジャーが中国を極秘訪問

トランプ大統領が11月8日より中国を訪問するが、先月末の10月27日にキッシンジャーが中国を極秘に訪問していたことがわかった。

キッシンジャーと言えば米中国交回復の準備のため、1971年にニクソン訪中に先駆けて中国を極秘に訪問していたことが知られている。

今回の訪中は表向きはJ.P.モルガン社が上海で開催した年次大会出席のためだが、間違いなくトランプ訪中の準備のためだろう。

キッシンジャーは10月初旬にトランプと会談して、北朝鮮問題や中国への対応について外交上のアドバイスを与えているからだ。

トランプ訪中前に中韓が関係改善の動きを見せ、金正恩が習近平に共産党大会成功の祝電を送るなど中朝関係も改善しつつある。

さらに北朝鮮は1カ月近くミサイルや核の実験をせずに沈黙しており、トランプのアジア歴訪への北朝鮮の反応が注目される。


野崎晃市(43)

日本は国産ステルス機開発を断念か

心神
日本の国産ステルス実験機X-2『心神』

日本初の国産ステルス機として開発が進められていたX-2『心神』が、32回目の実験飛行を最後に開発打ち切りとなる模様だ。

X-2『心神』は三菱重工やIHIなどが開発していた先進技術実証用機で、2016年より国産ステルス機開発のため飛行実験を重ねていた。

だがステルス戦闘機の開発には数百回の実験飛行が必要とされており、わずか32回での実験打ち切りは開発中止に等しい意味を持つ。

原因の一つは米国からF-35戦闘機などの購入を優先させるため、莫大な予算のかかる自主開発は断念となったようだ。

また中国が実戦配備を進めているJ-20に性能面で大幅に差を開けられ、このまま開発しても太刀打ちできないこともあるだろう。

「奥の院」はゼロ戦をテーマにした映画を百田尚樹や宮崎駿に金を出して作らせ、日中の戦闘機開発競争を煽ってきた経緯がある。

先の大戦では技術力の高さで世界を驚かせたゼロ戦だが、今の日本には戦闘機を自主開発する金も技術も残ってなかったようだ。


野崎晃市(43)

電話帳のような厚さの百済・高句麗年表

百済歴史編年
姜維公編『百済・高句麗歴史編年』

今日、大連民族大学の研究室に送られてきたのは、長春師範大学の姜維公教授の編集した『百済・高句麗歴史編年』だ。

姜維公教授は古代の朝鮮族の歴史を研究している専門家で、中国の東北工程と呼ばれる歴史研究プロジェクトにも参加している。

姜維公教授は百済は吉林省吉林市周辺が起源で後に朝鮮半島方面に南下したとして、韓国の歴史家たちと論争を引き起こした。

姜維公教授によれば百済の語源は勿吉や沃沮などと同じ音MoJiから来ており、起源は扶余王の尉仇台にまでさかのぼるのだという。

年表では、既に散逸した『百済記』など古代の百済史書から記事を引用している『日本書紀』などの日本の文献も参考にされている。

百済・高句麗の位置を巡る歴史論争がヒートアップするのは、それが現在の朝鮮半島の支配権や領土問題にも影響を与えるからだ。

倭人の正体を探るために百済・高句麗年表にこれから当たることになるが、まずは電話帳のような本の厚さに驚いているところだ。



野崎晃市(43)
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP