飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

中国のシンドラー:何鳳山と王替夫

何鳳山と王替夫
何鳳山と王替夫

第二次世界大戦中にドイツで迫害されたユダヤ人を助けるためにビザを発行した日本人外交官の杉原千畝はよく知られているが、中国人の外交官にも同様にユダヤ人にビザを発行した人たちがいた。

一人はオーストリアの中国駐ウィーン総領事だった何鳳山だ。何鳳山は中国湖南省出身でドイツのミュンヘン大学に留学し外交官となった。1938年~1940年にウィーンの総領事であった時に、約4000人のユダヤ人に上海行きのビザを発行した。

もう一人は、満州国駐ベルリン公使館に勤務していた外交官の王替夫である。王替夫は吉林省の出身で、ドイツ語・日本語・ロシア語・英語など数か国語に堪能で満州国の外交官に採用された。

王替夫は1939年~1940年の期間にベルリン公使館で1万人のユダヤ人にビザを発行し、ユダヤ人たちはシベリアを経て満州国に逃げるルートでナチスの迫害を逃れることができた。

杉原千畝も含めて、彼らがユダヤ人にビザを発行できた時期は概ね1940年までであった。ドイツの外相リッベントロップは、当初ユダヤ人がシベリアから上海を経由してアメリカに逃亡することを黙認していた節があるのだ。

ところが1940年ごろからドイツの日本や中国に対する抗議や圧力が厳しくなり、ビザの発行は中止に追い込まれてしまう。その背後に何があったのかは、また別の機会に説明しよう。

野崎晃市(42)

韓国THAAD配備で中国ロッテ不買運動

Thhad.jpg
THAADミサイル防衛システム

ロッテと言えば日本ではガムや野球チームでおなじみの菓子メーカーだが、創業者が在日韓国人だったため韓国のブランドとしても有名だ。

中国でロッテは「楽天」と表記され韓国企業として認知されているのだが、ここ最近ロッテが経営するスーパーやホームページに対する嫌がらせや不買運動が起こっている。

原因は韓国でロッテが所有するゴルフ場の敷地内に、ミサイル防衛システムTHAADが配備されるためだ。

中国が韓国でのTHAAD導入に極めて敏感に反応しているのは、THAADのXバンドレーダー「AN/TPY-2」の探知可能範囲が北朝鮮だけではなく中国の広範囲に及ぶためである。

中国では韓国ドラマや韓国芸能人の出演回数が少なくなり、ロッテのホームページがハッカーの攻撃を受けるなど韓国企業への嫌がらせが発生している。

韓国のTHAAD導入と3月1日より始まった米韓合同軍事演習に警戒する中国は、北朝鮮やロシアとの連携を強化する姿勢を強めている。

野崎晃市(42)

沖縄問題と中国

琉球独立
沖縄に翻る中国の国旗


日本がユネスコに「奄美・琉球」地域を2018年に世界自然遺産として登録するように働きかけていることに関して、中国外務省報道官が15日の会見で「中国の権益に影響を与える可能性がある」と懸念を表明している。10月26日パリで開かれたユネスコ世界遺産臨時委員会でも、中国が「尖閣諸島に範囲が拡大される恐れがある」として反対を表明していた。

実際に石垣島市は尖閣諸島を世界自然遺産の範囲に含めるように求めており、世界自然遺産の事前調査として尖閣諸島に上陸する計画まで策定している。中国側はこうした動きに対して懸念を表明し反対を表明することで、世界自然遺産に尖閣諸島を含める動きを牽制してきたものと思われる。

中国が尖閣諸島のみならず沖縄本島にまで強い関心を抱いていることは、中国の本屋に並ぶ『沖縄現代史』が隣に置かれた『日本史』の本よりも分厚いことを見れば一目瞭然である。

ある米国の軍事専門家によれば、2020年前後には中国の軍事力は沖縄駐留米軍と自衛隊を敵にしても十分に勝利できるだけの海空軍兵力を持つに至ると予測されている。そして米軍は負けると初めからわかっている戦争はしないので、衝突が起きれば米軍は沖縄から撤退せざるを得なくなるというのだ。

つまり沖縄で日本が軍備を増強し米軍基地を拡張しても効果はあまり期待できないばかりか、沖縄住民はますます日本と米軍に反感を抱くという悪循環に陥っているのが現状だ。中国はこうした沖縄人の反感の高まりを手ぐすね引いて待っているだけでよい。

それならば沖縄はかつて琉球王国として海上貿易で栄えていた時代があったのだから、シンガポールやマカオや済州島のような高級リゾート地として開発し、ビザ無し渡航と免税を全島に認めて国際港湾特区とするなどの生き残り策に発想を転換した方がよろしいのではなかろうか。

野崎晃市(42)

プーチン大統領は11月15日までにべトナと韓国を訪問、プーチン流の「アジア観」に基づいた外交を展開した。その結果、東アジアの情勢は、従来の「アメリカ主導型」から「ロシア主導型」へと大きく変わった!といってもEーだろう。

モスクワ-ハノイ-ソウル アジア太平洋地域におけるロシアの立場強化

「ウラジミール・プーチン大統領の『アジア観』は日本の運命に大きく関わってくる」 と私は書いた。 (記事)
そのプーチン大統領が今週の11月15日までに(中国と日本は避けて)べトナと韓国を訪問し、まさしくプーチン流の「アジア観」に基づいた外交を展開した。
その結果、東アジアの情勢は、従来の「アメリカ主導型」から「ロシア主導型」へと大きく変わった!といってもEーだろう。
プーチンは、わずか4~5日間の首脳外交だけで、東アジアの秩序を大きく変えたのである。
プーチンは、このあと日本にも大変化をもたらそうとしている。ソレを推測するためにも本稿は重養な記事である。(飯山一郎)

『ロシアの声』 2013/11/15

モスクワ-ハノイ-ソウル アジア太平洋地域におけるロシアの立場強化

Photo: RIA Novosti

今週、ウラジーミル・プーチン大統領はベトナムと韓国を訪問し、非常に実り多い結果をもたらした。ロシア科学院東洋学研究所東南アジア豪州太平洋州研究センターのドミトリー・モシャコフ氏は次のように指摘している。

続きを読む

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ

朗報 緑茶は放射能を防護!
3行

無農薬健康茶
4袋入り2000円

飯山一郎の新刊
色棒24色棒24色棒24
ベストセラー!

2袋入り1000円
ヤヨブーが熱唱
あらびき茶あらびき茶ソング

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
検索フォーム
高いモノは買わない!
放射能ゼロ↓の産直玄米
↑安全!和香園のお茶
あったかお風呂で免疫力
放知技』↓をココで読む。

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP