FC2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

アマゾンが中国事業を縮小

20190419.jpg
Amazonが中国から撤退準備

Amazonが一部の業務を残して中国から撤退することを決め、大規模な従業員の解雇や物流センターの閉鎖を進めている。

中国では「アリババ」や「京東」といったネット販売サイトが政府からの手厚い保護を受け、特売セールやポイントなどで客を集めた。

一方で、Amazonはライバルたちとの競争に有効な手段を打ち出せず、徐々にネット販売で集客ができなくなっていた。

こうした中国の自国産業を育てるために政府が国内企業をバックアップする手段は、以前の日本の通産省の政策をまねたものだ。

ところが今では、日本政府は自国の企業や産業を守るどころか、国内の有望な産業を外資の手に売り飛ばすようになっている。

Amazonのせいで、日本の地方の駅前商店街は軒並みシャッター街となり、実店舗の書店は続々と閉店を迫られているのが現状だ。


野崎晃市(44)


中国で青年の農村下放が始まる

20190415.jpg
中国共産党青年団の下放通知文書

中国の共産党青年団が深刻な若者の失業問題を解決するため、1000万人の青年を農村に送る指示を出して話題となっている。

中国では文革時にも知識青年を農村に送って再教育する「下放」が行われたため、今回の指示は下放政策の再来と見なされている。

習近平主席も青年時代には農村に下放されて苦労したが、農民や庶民の苦労を経験して人格が鍛錬されたと美談になっているためだ。

農村に送られる対象は高等専門学校や短大卒といった大学に入れなかった若者たちで、ネットビジネスや環境事業に従事する。

一方で大学新卒者の失業率も問題となっているが、主に理系やIT系の新卒者が毎年数万人規模で日本に送られることになっている。

日本ではこれから「ホ」の影響で毎年40万人の人口減少が見込まれているが、その大部分を中国からの移民で埋めることになる。

野崎晃市(44)

中国とインドで緑が回復中

20190410.jpg
中国とインドに緑が戻りつつある

最近、米国の衛星写真の分析から中国とインドでは急速な勢いで、緑化が進んでいることが分かった。

以前の中国では、森林の伐採によりはげ山や黄色の平野が多く、砂漠化が深刻な問題となっていた。

ところが、中国政府は10年ほど前から都市部での公園の整備や道路の街路樹による緑化に力を入れてきた。

また、数年前から割り箸に使用する木材の対日輸出も禁止され、逆に日本の高級木材の中国輸出が増えた。

実際に筆者も鹿児島の志布志港では樹齢百年以上の大木が、どんどん中国に輸出されているのを目にしている。

砂漠化した中国の内陸地方にまではまだ緑化が及んでいないが、太陽発電による砂漠の利用が進められている。

野崎晃市(44)

正史『清史』が今年中にも完成予定

20190405.jpg
『清史』を編纂する戴逸教授

中国では司馬遷の『史記』の編纂以来、王朝が変わるたびに国家事業として前の王朝の歴史を編纂することになっている。

それで『二十四史』と呼ばれる厖大な量の歴史書が残されてきたが、『清史』に関してはまだ完成の目を見ていなかった。

清朝滅亡後は中華民国となり、中華民国時代の1927年に編纂されたものは『清史稿』と呼ばれ正史と認められなかったからだ。

『清史稿』は清朝の遺臣によって執筆されたために清朝を称える内容が多く、中華民国の支配者たちの不興を買ったためだ。

中国では歴史の編纂は新しい王朝の成立を正当化するために編纂されるので、前の王朝を美化しすぎることは許されないのである。

ようやく2002年に正史『清史』編纂が中国人民大学の戴逸教授を中心に開始され、今年に入り完成の目処が立ったという。

中華人民共和国が正史として『清史』を発表するのは、中国の王朝としての正当性を証明する政治的な意味も含まれているのである。


野崎晃市(44)

中国の柔道選手が村長の収賄を告発

20190329.jpg
講道館柔道を学ぶ馬端斌

中国の柔道選手である馬端斌が、遼寧省の故郷の村の村長がヤクザと結託して数億円の公費着服しているとネットで告発した。

馬端斌は幼いころより柔道を学び、中国の国体で優勝してオリンピックにも代表出場するなど中国では有名な柔道家だ。

告発によれば、村長は兄弟で二期にわたり政府からの貧困層救助資金を着服し、数億円に上る収賄を受けていたそうだ。

しかも、地元のヤクザと結託して村民に嫌がらせをして脅迫したり、馬端斌の父親にも殴る蹴るの暴行を加えたという。

これまでも、村民が政府機関に窮状を訴えていたが、政府機関は村民たちの訴えをまともに取り合おうとしなかった。

有名な柔道選手の告発とあって政府もようやく調査に乗り出したが、彼の勇気ある行動に中国全土から喝采が起こっている。

野崎晃市(44)

中国の化学工場爆発は〇〇

20190324.jpg
中国の江蘇省塩城市化学工場爆発跡のクレーター

中国の江蘇省塩城市の化学工場が爆発して多数の死者が出たようだが、この事件には不審な点が多数あり闇が深そうだ。

まず、爆発でキノコ雲が上がり巨大なクレーターが生じているが、化学工場の事故にしては爆発の威力が大きすぎる。

2015年に天津で発生した爆発事故でも巨大なクレータが生じたが、この時もあまりの威力に小型核の使用が疑われた。

ただし、どちらの場合も放射能は検出されていないので、もし兵器とすればBLU‐96などの燃料気化爆弾の可能性があろう。

もう一つの疑惑点は、2011年2月に工場が爆発するとの噂が現地で広まり、住民がパニックとなったことが報道されている。

その時は、デマを流し治安を乱したとして、数名の住民が警察の取り調べを受けたのだが、今回の事件と無関係とは思えない。

おそらく、2011年ころにすでに工場の敷地内で異常が生じており、危険を知った一部の人から情報が漏えいしたのであろう。

また、米中貿易戦争やボーイング機の墜落、ニュージーランドでのイスラム教徒銃撃事件などとの関連も疑わしいところである。

野崎晃市(44)

特許申請数でファーウェイが首位

20190322.jpg
国際特許申請数トップ10

世界知的所有権機関(WIPO)の発表によれば、世界企業の国際特許申請数でファーウェイが2年連続1位となった。

2位は日本の三菱電機だが、ファーウェイは5G技術関連を中心に2位の三菱電機に2倍近くの差をつけている。

さらに、中国のZTEとBOEがトップ10に入ったが、ZTEは携帯電話、BOEは大型液晶などで急成長している企業だ。

中国・日本・韓国・インドなど、アジア勢の特許申請数が欧米を圧倒して半数以上を占めたことも特異である。

国別では米国の特許申請数が1位だったが、2年後には中国が米国を追い越すとみられ、覇権交代の転換点となりそうだ。

野崎晃市(44)

ファーウェイが自社OSを開発

20190318.jpg
ファーウェイの麒麟CPU

米中貿易戦争により米国製CPUやOSが使用禁止となった場合に備え、中国企業は独自のCPUやOSの開発を急いでいる。

ファーウェイはすでにスマホ用CPUの麒麟と海思を実用化しており、スマホとPC用のOSも実用化する準備ができているそうだ。

ファーウェイは今後もAndroidの使用を望むとしながらも、もしもの時のため七年かけて独自OSを開発してきたと発表した。

ただし、日本や香港に輸出する際にはAndoroid搭載機が有利なため、当面はそのままAndoroidが使用される予定だ。

米国のファーウェイ禁止は、中国が米国製品依存から脱出し、中国独自の技術を育てる恰好の機会となりそうだ。

野崎晃市(44)

ファーウェイの逆襲

20190308.jpg
ファーウェイ社の記者会見

次世代5G通信を巡る米中貿易戦争で、カナダ政府に幹部が逮捕されたファーウェイが逆襲を開始したようだ。

まず、軟禁状態にあるファーウェイ創業者の娘である孟晩舟は、カナダ当局の取り調べが不当だったと訴訟を起こす構えだ。

さらに、ファーウェイ社もアメリカ政府が憲法違反を犯して公平な競争を妨げていると、政府を相手取り裁判を起こす姿勢だ。

また、ファーウェイ社の記者会見ではファーウェイ社のサーバーがアメリカ当局から不法にハッキングされたことを明らかにした。

貿易摩擦では日本もアメリカにずいぶん叩かれ泣き寝入りするほかなかったが、中国の場合は必ず報復するので米国も手を焼くだろう。


野崎晃市(44)

米中貿易交渉が手打ちの見込み

20190306.jpg
3000の大台を回復した上海株価指数

米中貿易交渉に妥結の見込みがついたとのニュースを受けて、上海株価指数が3000ポイントを超え続伸した。

香港ハンセン指数も引き続き上昇しており、米中貿易戦争は中国側の勝利と市場は見ているようだ。

交渉では米中が引き上げられた関税の大部分を撤回し、中国側が米国からの天然ガスなどの購入を決めた。

3月末には、フロリダにあるトランプの別荘へ習近平が訪れ、米中首脳会談で手打ちとする予定が調整中だという。

また、交渉中にトランプはファーウェイ禁止に反対を表明し、逮捕されたファーウェイ幹部もカナダ政府の逆提訴に踏み切った。

月末の米中首脳会談で手打ちとなれば、ファーウェイ幹部の釈放やファーウェイ禁止撤回が取引材料になる可能性もある。

野崎晃市(44)


大連の聖亜海洋公園

20190220.jpg
海底トンネル型水族館

昨日は大連に尋ねて来てくれた夫婦と、大連の星海広場の隣に位置する聖亜海洋公園という水族館テーマパークに向かった。

会場には春節で学校が休みのためか子供連れや家族連れが多く、雪がちらつく寒い天気だったが人混みで賑わっていた。

ここの名物は海底トンネル型の水族館とイルカやオットセイのショーで、中でもイルカのショーは可愛らしくて人気が高い。

筆者はここに12年前にも訪れているのだが、その時は入場料が高かったためか、公園内は人影がまばらでガランとしていた。

そのころは周囲にも海水浴場以外には何もなかったが、今は大連の観光スポットとして周辺が整備されとても賑やかだ。

今は入場料が多少高くても、中国人の生活レベルが上がったためか、遊園地やテーマパークはどこも家族連れでいっぱいだ。

野崎晃市(44)

中国人社長30年ぶりに同級生に再会

20190130.jpg
中国人に日本語を教えるボランティアをしている袁春梅さん

山梨の甲府から成田空港に帰る途中の高速バスの中で、中国人社長の携帯に突然連絡が入った。

「私よ、あなたが探している袁春梅よ!!」 「おお、その声を聞いてすぐわかったよ。昔と全然変わってないなあ。」

それは、中国人社長が数日前にわざわざ横浜中華街まで出向いて探した、かつての同級生の袁春梅さんからの電話だった。

社長は、急きょ大阪行きの航空便をキャンセルして、30年ぶりにかつての同級生と空港のロビーで会うことになった。

「同窓会で集まったクラスメートがみんな心配していたぞ。」 「次回の同窓会にはきっと参加するわ。」

二人は空港のレストランで再開を喜びながら、ひとしきり学生時代の昔話や同級生の話に花を咲かせていた。

董社長より、「『文殊菩薩』の尋ね人の記事を見て、ご連絡いただいた方々に深く感謝申し上げます」とのこと。

野崎晃市(44)

中国人社長中国人社長が横浜中華街で尋ね人

20190127.jpg
かつての同級生を探す董社長

昨日は中国人社長の希望で、朝早くに大阪から東京に飛び、さらに電車で横浜に向かい中華街を歩き回ることになった。

社長が横浜中華街に向かったのは、中華料理を食べるためではなく、長年連絡が取れないかつての同級生を探すためだ。

彼が探している同級生は50歳過ぎの女性で江蘇省高淳出身、南京の大学を出た後に日本の横浜に移住した袁春梅さんという方だという。

南京に住んでいたということを頼りに、南京料理店をさがしたのだが、福建や広東料理はあっても南京料理というのがない。

街路で呼び込みをやっている中国人に尋ねても、やはり知っている人は見つからず、残念ながら手掛かりは見つからなかった

そんなわけで、この女性を知っている方がおられたら、下記の董国軍社長が探しているので、メールで連絡をしてほしい。
201901192.jpg

野崎晃市(44)

大連の海岸で娘と散歩

20190123.jpg
冬の海を眺める幼女

今日の大連は小春日和で天気がよく暖かったので、二歳になる娘を連れて海岸沿いにある海貝広場を散歩した。

夏は海水浴客でいっぱいのビーチも、冬の今は人影がまばらで、わずかに貝をひろう人が数人いただけだった。

そこそこ水質も綺麗で砂浜も整備されており、ゴミも散乱しておらず、休日には釣りを楽しむ人もいる。

娘が海を見るのは生まれて初めてのはずなのだが、クロールのマネをして水泳をするのだと言ったのには驚いた。

海では泳ぐものだと誰から聞いたのか、親が教えた覚えはないのだが、小さいながらも海がどんなところかきちんと理解しているようだ。

広場に隣接する遊園地や売店は休業中で閉まっていたため、娘は残念そうにしばし遊園地の方を眺めていた。


野崎晃市(44)

嫦娥四号が月の裏に到達

20190105.jpeg
嫦娥四号のイメージ図

中国の月探査衛星嫦娥四号が月の裏に到達し、世界で初めて月の裏の画像を地球に送信することに成功した模様である。

米国がアポロやスペースシャトルなどによる宇宙探査から撤退して久しいが、中国は巨額資金を投じて宇宙開発を進めている。

もちろん、宇宙開発の技術は軍事面でも転用できるため、トランプも宇宙航空軍を創設して軍事面での対応を迫られている。

中国の特許申請数や科学論文の本数も米国を追い抜き始めたが、中国では教育や科学研究に投資する資金も増加し続けている。

すでに中国の大学進学率は日本を超えており、教育のハードやソフト面も改善が著しく、中国の将来はまだまだ伸びそうだ。


野崎晃市(44)

J15D電子戦機でF35Bはマヒ

20181217.jpg
J15D電子戦機

報道によれば、大連港に停泊している空母の甲板にJ15Dと思われる戦闘機が搭載されているのが確認されたようである。

中国の空母艦載機J15Dは強力なレーダーや電波ジャミング装置を備え、イージス艦やF35などの電子機器を麻痺させるという。

これに対抗して日本も米軍の電子戦機EA18Gグラウラーの導入を検討しているが、いまだに米国からのOKが出ていないようだ。

日本が購入するF35は電子機器やステルス性に問題のある欠陥機で、電子ジャミング攻撃されると蚊取り線香で落ちる蚊のようになる。

たとえ日本が出雲を空母化してF35Bを搭載しても、中国の弾道ミサイルとF15Dを搭載した空母には、おそらく太刀打ちできないだろう。


野崎晃市(44)

ファーウェイと米国のCPU戦争

20181215.jpg
オランダのASML社で火災

ファーウェイのCFO孟晩舟逮捕の目的が、米国によるファーウェイの5G対応CPU潰しであることが明らかになって来た。

というのも、12月1日にはオランダでチップ製造機械をファーウェイから受注していた、ASML社の工場から火災が発生していた。

また、同日にはファーウェイと共同研究していたスタンフォード大学の張首晟教授が、とびおり自殺に見せかけて殺されたようだ。

現在、ファーウェイは5G対応スマホ用CPUを開発しており、完成すればアップル社やサムスン社を凌駕すると見られていた。

日本も自動車分野などでアメリカに叩かれたが、中国は叩かれたまま黙ってはいないので、CPU開発を巡る戦争はますま激化しそうだ。

野崎晃市(44)

米中IT産業覇権戦争

20181212.jpg
グーグル北京事務所が入居するビルの屋上で火災

中国のファーウェイCFOがカナダで逮捕された事件で、孟晩舟は保釈されたものの、8億円の保釈金やGPS装着等など不自由な身分だ。

一方で、中国側もカナダの元外交官を逮捕して報復したり、アップル不買運動などが発生し、米中IT産業覇権戦争の様相となってきた。

アップルは中国でのシェアをファーウェイに追い抜かれたが、特許を巡る裁判でも敗訴し、中国で一部の製品が販売禁止になっている。

さらに、昨日はグーグルの事務所が入居する北京のビルの屋上で火災が発生し、米国IT企業への報復ではないかとも噂されている。

グーグルは中国での使用が禁止されているが、最近では中国での復活を夢見て準備していただけに、とんだとばっちりを食った形だ。

野崎晃市(44)

青島に建造中の空母基地

20181210.jpg
青島に建設中の空母基地

一昨日は大連でもめずらしく大雪が降って、大連港に停泊している空母もうっすらと雪に覆われていたのが見えた。

今は大連港に空母二隻が停泊しているのだが、電車から丸見えの位置にあるので、いつ出航するのかすぐにばれてしまう。

そこで、現在は青島の人目が届かない場所に大型の空母基地が建設中なのだが、ここは山で視界が遮られており人の出入りも少ない。

2020年までに上海で建造中のを含め三隻になる予定だが、それに対応して青島と海南島に空母のドックが新設されている。

上海で建造中の空母はこれまでのようなスキージャンプ式ではなく、米国式の平甲板で電磁カタパルトを搭載する予定だ。

新建造中の空母の排水量は8万トン前後と見られており、排水量約2万トンの出雲ではとても相手にならない規模になる。

さらに、2030年ごろには空母が六隻体制になると予想され、中国の空母六隻が台湾を包囲する情況が出現するかもしれない。

野崎晃市(44)



武侠小説の金庸が逝去

金庸

中国語圏で武侠小説の神様と呼ばれ、絶大な人気を誇る小説家の金庸が享年94歳で逝去した。

彼の小説は何度もドラマや映画になっており中国人では知らない人はいないが、日本人にはややなじみが薄いかもしれない。

どんな小説家か一言で説明すれば、『ドラゴンボール』を大人向けに小説にしたような作品と言えばわかりやすいかも知れない。

『ドラゴンボール』の主人公が仙人の下で修業して強くなるストーリや、「天下一武道会」が開かれるあたりは金庸の小説のパクリであろう。

また漫画『ベルセルク』の主人公ガッツが片手なのにやたら強い剣士という設定も、金庸『神雕侠侶』の主人公と重なる設定だ。

『ベルセルク』の場合は日本のチャンバラ劇丹下左膳の影響もあろうが、金庸『神雕侠侶』の主人公楊過も参考にされたのではなかろうか。

丹下左膳も金庸『神雕侠侶』の楊過も片手の剣士という点では同じなのだが、楊過は片手の不利を克服するため大剣を振り回すからである。

金庸の武侠小説はシリーズになっていて世界観や主人公などが繋がっているので、一度読みだすと止められなくなる中毒性のある作品だ。


野崎晃市(44)
かんだい・ネットショップ

金正恩が統一朝鮮王になる
飯山一郎最終講義
金正恩が統一朝鮮王になる

¥2,160(税込み)


純正・純粋・本物の蜂蜜
風邪の予防に最適です
蜂蜜
志布志の秘みつ
現在,在庫あり.
次の入荷は後日お知らせ

長年,皮膚科の医師が推奨し,高級エステサロン等で販売している超高級化粧品.その逸品の数々を,『かんだい・ネットショップ』が販売することになりました.
セラリナ

エプ・ナ社の基礎化粧品
『セラリナ』の解説書

冬のお肌にこれ1本
AKO
美容エッセンスオイル
アプリコット
カーネルオイル

20ml 4,320円
詳細な説明書
アプリコットカーネルオイルは,中国最高級の杏仁(あんにん)を原料に岸江美寿保さんという)超有能な日本人が日本で製品化.百%ピュアな超最高級の美容オイルです.少量を指先につけて目尻やシミの多い部分に薄~く伸ばしてお使い下さい.

お肌を若々しくする!

安心の無添加ソープ
ピュアピア
オールインワンシャンプー
380ml 4,428円
ピュアピアの説明書

放射能
・ 食べる緑茶 無農薬!
飯山一郎,やっと,本物の緑茶を発見しました!驚くほど旨い! 本物の緑茶の味です.完全無農薬なので安全です.値段も安い!従来の粉末緑茶の半値です
70g 630円
食べる緑茶
70g 630円

きょうにん飴
いま,コンコンと咳き込む人が多い.咳止め薬は深刻な副作用があり,薬効が薄い.そこへいくと本物の杏仁は,鎮咳・去痰の薬効が高く,副作用ゼロ!さらに本物の杏仁は気管や肺臓をキレイにします!セキが止まらず悩んでいる方,試してみて下さい.
  杏仁のど飴 432円
杏仁のど飴の説明書
Gbar
美肌食材
新発売
超高級金ゴマ油
KinGomaO

秘蔵の逸品 \2,160
現在,在庫あり.
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

tugaruheiya

Kikimimi

コンガなす

hirokinina

mirukutannsann

桃が大好き。

SAM
 ▲TOP