飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

日本は、いま、恐るべき貧困化が進んでいる。貧困大国の中で、絶望と死の予感が日々増大している。滅亡は想定(30年)よりかなり早いだろう。(飯山一郎)

日々“死の予感”が増す…:日本
   はたらけど  はたらけど猶わが生活楽にならざり
   ぢっと手を見る     (石川啄木『一握の砂』)

石川啄木の貧乏は、じつは、浪費や吉原での遊興が過ぎた貧乏だった。
金田一京助などは、啄木のために大切な蔵書を売り払って金作してくれたが、啄木は金田一から金をもらうと、即、花街に駆けつけ春を買った…。

啄木は、豪快だが大馬鹿なのである。
当時の日本には、こういう大馬鹿の存在を許す、悠長な小馬鹿が沢山いて…、夢があった。収入が増える現実があったからである。

いまの日本には…、夢がない。収入が増える現実が完全に消え…、
“死の予感”が日々増すだけである。
(飯山一郎)

支配者が、民の生活を優先する考え方をもち、自らが貧乏になっても質素な生活を続ける! という「仁徳政治」が、日本には一千数百年前からあった!(飯山一郎)

『仁政』の誕生:民のかまどの逸話
政治思想史的な観点から言えば…、
「国民の生活と安全と治安を守る」という国家観は、起源的には「夜警国家論」から始める。これ以前は、帝王優先、あるいはブルジョワジー優先の国家論であった。

『夜警国家論』とは、「国家は外敵の侵入を防ぎ,国内の治安を確保し,個人の私有財産を守るという必要最小限の任務だけを行い,その他は自由放任にせよ!」という自由主義的な国家観である。

ところが近代、国民国家の時代になると、国民を守るべき国家が、官僚と軍と職業政治家のための国家に変容し、国家組織が肥大し…、戦争が常態化し、一般国民は恰好な”搾取”の対象でしかなくなった。このドン詰まりが、国民を殺す政策を平然と強行している日本国である。

しかし、日本国という国家の歴史を振り返ると…、『夜警国家論』の千年以上も前に、国民生活の安寧を願う「仁政」(支配者が「仁と徳」の精神をもって、国民の生活を最優先する政治)が生まれていた。

支配者は、民の生活を優先し、自らが貧乏になっても質素な生活を続ける! という「仁徳政治」の原型を上手く説明する文章を下に載せた。目を通して欲しい。
(飯山一郎)


kaido.gif
なにわ歴史ルート   

<38> 真木嘉裕

聖帝・仁徳天皇 民のかまどは賑いにけり

 仁徳天皇の四年、天皇が難波高津宮から遠くをご覧になられて
 「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」
 と仰せられ「向こう三年、税を免ず」と詔(みことのり)されました。それからというものは、天皇は衣を新調されず、宮垣が崩れ、茅葦屋根が破れても修理も遊ばされず、星の光が破れた隙間から見えるという有様にも堪え忍び給いました。

 三年がたって、天皇が高台に出られて、炊煙が盛んに立つのをご覧になり、かたわらの皇后に申されました。
 「朕はすでに富んだ。嬉ばしいことだ」
 「変なことを仰言いますね。宮垣が崩れ、屋根が破れているのに、どうして富んだ、といえるのですか」
 「よく聞けよ。政事は民を本としなければならない。その民が富んでいるのだから、朕も富んだことになるのだ」
 天皇は、ニッコリされて、こう申されました。

 そのころ、諸国より
 「宮殿は破れているのに、民は富み、道にものを置き忘れても拾っていく者もありません。もしこの時に、税を献じ、宮殿を修理させていただかないと、かえって天罰を蒙ります」
 との申し出が頻頻とあるようになりました。

 それでも、天皇は引き続きさらに三年間、税を献ずることをお聞き届けになりませんでした。六年の歳月がすぎ、やっと税を課し、宮殿の修理をお許しになりました。その時の民の有様を「日本書紀」は次のように生き生きと伝えている。

 「民、うながされずして材を運び簣(こ)を負い、日夜をいとわず力を尽くして争いを作る。いまだ幾ばくを経ずして宮殿ことごとく成りぬ。故に今に聖帝(ひじりのみかど)と称し奉る。みかど崩御ののちは、和泉国の百舌鳥野のみささぎに葬し奉る」

(元の記事)

『1969年史上初の月面着陸を達成した?米宇宙船・アポロ11号のアームストロング船長が持ち帰った16ミリカメラが見つかったと、米スミソニアン航空宇宙博物館が公表』 ← ま、ぜ~んぶクソコラでしょう。(飯山一郎)


ウソが簡単にバレるネット時代なのに
ミエミエ・バレバレのウソをつく愚かさ
「1969年史上初の月面着陸を達成した米宇宙船「アポロ11号」のニール・アームストロング船長がアポロから持ち帰った記念品のなかから、月面着陸時の様子を撮影した16ミリカメラなどが見つかったと、米スミソニアン航空宇宙博物館が公表した。」
下載した16ミリカメラの写真…、
ずいぶんキレイに掃除しちゃいましたね~www
そんなことより…、
月着陸後…、先ず驚かされるのは、月の天空を覆わんばかりの巨大な地球の姿!
コレにビックリ仰天して、真っ先に青く輝く巨大な地球の姿を撮影なのだが…、星が見えるの見えないのといった瑣末論議を吹き飛ばす巨大な地球が写っているんでしょうね!アームストロング船長がアポロから持ち帰った16ミリカメラには。

なに? 写ってない?! それじゃあ、今後発表されるアームストロング船長が撮影した映像は、
ぜ~んぶ クソコラ だ罠~www
(飯山一郎)

1969年、アポロ11号によって月面着陸が記録されたカメラが
45年ぶりに発見された(提供:スミソニアン航空宇宙博物館)
moonlie01.jpg

それにしてもこの写真。誰が撮影したの?(月着陸船イーグルには、
アームストロング船長とオルドリン飛行士の2名しか乗ってなかった。 )
moonlie.jpg

おやすみ

皇太子殿下は、日本国の政体が米国の占領下にあることを熟知したうえで、今回も(天皇陛下の了解の下)憲法を擁護する御発言をなさっておられる。(飯山一郎)

東京新聞
 『東京新聞』 2015年2月23日 朝刊

国体と政体の壮絶な対立
皇太子殿下は、日本国の政体が米国の占領下にあることを熟知したうえで、今回も(天皇陛下の了解の下)憲法を擁護する御発言をなさっておられる。悲壮な御覚悟で厳しい境遇を生きておられる。
おいたわしいほどである。
(飯山一郎)

皇太子さま55歳会見
「憲法基礎に平和享受」


東宮2015 皇太子さまは二十三日、五十五歳の誕生日を迎えられた。これに先立って、東京・元赤坂の東宮御所で記者会見し、今年が戦後七十年になることについて「わが国は、戦争の惨禍を経て、戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、平和と繁栄を享受しています。本年が日本の発展の礎を築いた人々の労苦に深く思いを致し、平和の尊さを心に刻み、平和への思いを新たにする機会になればと思います」と述べた。

◆「歴史正しく伝承を」 陛下即位の年齢「身引き締まる」
 二十三日に五十五歳の誕生日を迎えた皇太子さまは会見で、戦後七十年に当たって、戦争体験を正しく継承することの大切さについて語られた。五十五歳は天皇陛下が即位した年齢で、「身の引き締まる思い」などとも述べた。

 皇太子さまは「戦争の記憶が薄れようとしている今日、謙虚に過去を振り返るとともに、戦争を体験した世代から戦争を知らない世代に、悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切」との考えを示した。

 戦争の記憶の継承については、長女愛子さまが天皇、皇后両陛下から直接、先の大戦について話を聞いているほか、皇太子さまも両陛下から聞いたことなどを愛子さまに伝えているという。

続きを読む

閣僚の連続辞任劇の幕間に「第二の松岡農相」が登壇すれば、その瞬間に安倍政権は御臨終となる。(飯山一郎)

極右教育族の本尊までが狙われる末期症状
『文殊菩薩』の姉妹掲示板『放知技』にこんな文章があった。
日本会議、創生日本同志の下村博文センセまで
何があっても下村センセは守ります!
極右あっての政権です。
今まで辞任したのは須らく日本会議、創生日本の同志ならざる者でした。
極右は政権の柱、況や同志の下村センセは大黒柱!
下村センセに詰め腹を切らせては”極右治外法権”の看板が銀流しってことになる。極右は生命線だ! (文章:木枯し紋次郎)
然り!下村博文文科相は、安倍極右政権にとって、大黒柱であり、オモテの大看板であり、生命線なのだ。
しかし! この生命線までが狙われる! これは由々しき事態だ。
おそらくは、「日本会議」の御威光が及ばない、はるか上のほうにある「天の声」つっても、在日の戦争屋ネオコンの誰かを怒らせてしまっただけの話なんだろけど…、
そうは言っても…、
閣僚の連続辞任劇の幕間に「第二の松岡農相」が登壇すれば、その瞬間に安倍政権は御臨終となる。
(飯山一郎)

litera.jpg
2015.02.25
西川農水相に続き下村博文文科相にも脱法献金疑惑が!? 暴力団系企業との関係も


本文を読みたい方は→ 『リテラ』のサイトに飛ぶ。


日本の新聞社のウエブサイトの記事や写真は、なにか都合が悪くなると(ならなくても予算がないので)すぐに消される。今回の記事と写真も何か都合が悪くなりそうな記事と写真である。魚拓にする。(飯山一郎)

消される前に“魚拓”
日本の新聞社のウエブサイトの記事や写真は、なにか都合が悪くなると(ならなくても予算がないので)すぐに消される。
今回の記事と写真も(私のカンでは)、何か都合が悪くなりそうな記事と写真である。
5W1Hがシッカリ書かれてないない今回の記事も、あ や し い。
だっから早速、魚拓、いや証拠として保存する。
(飯山一郎)



2015年02月24日 09時27分

湯川さんの遺品、シリア反体制派メンバーが送る

遺品? 【カイロ=溝田拓士】イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件で、シリア反体制派メンバーは23日、殺害された湯川遥菜(はるな)さん(42)の遺品を在トルコ日本大使館に送ったことを明らかにした。

 このメンバーは、湯川さんがシリアで拘束される直前まで行動をともにしていた。遺品は、衣服や携帯電話、パスポートなど。(記事)

「田母神氏は不倫騒動で裁判で負けて、カネと女でボロボロになっている。…田母神氏の政治生命もこれで終わりだろう。」(右翼ブログ『株式日記』) 最近の右翼は、なぜか心が狭く、つめたい…。(飯山一郎)


人を見る目。物事の本質を見抜く眼力。判断力。洞察力。
これらの能力があるかないか? これは普段は分からない。

けれども、リトマス試験紙みたいな簡便な評価方法があって…、
tabofan.jpgたとえば、イチローをホメるヒトは本物!
亀田興毅をホメるシトは偽物(にせもの)
と、ワシは使い分けている www

ところで…、田母神俊雄。
このシトの銀流しのエセ右翼性を見抜けなかった有名人は、眼力、判断力、洞察力…、ゼロ! といってE~だろう。

列記すると…、
石原慎太郎、平沼赳夫、西部邁、百田尚樹、上念司、中西輝政、すぎやまこういち(作曲家)、デヴィ、大高未貴(ジャーナリスト)等々、そ~そ~たるメンバーだ。

ネット界の有名人では…、
「田母神俊雄は最もクリーンな政治家。ぜひ寄付を!東京を救えるのは田母神氏だけ!」
とまで言い切った三橋貴明が筆頭。

右翼ブログ『株式日記』も、田母神全力応援!だったが、今は…、

「田母神氏は不倫騒動で裁判で負けたそうですが、カネと女でボロボロになっている。田母神氏の記者会見を見ていても、言葉少なく何かを隠している様子がうかがえましたが、本人が清廉潔白ならもっと歯切れがいいはずだ。しかし監督責任は免れず、田母神氏の政治生命もこれで終わりだろう。」 (記事)

と、自らの不明は恥じずに、冷酷無残に切り捨てている。

だが…、
いま!田母神を励まし守らないと…、大変なことになるぞ!
(飯山一郎)

おやすみ

情報を隠蔽して、操作して、国民を洗脳して、判断力を麻痺させておけば、戦争など簡単にはじめられる!という話。(飯山一郎)


「戦争が嫌いな国民を戦争に引きずり込むのは実に簡単。“外国に攻撃されつつある!”と言えばよい。」
政府の悪魔たちが戦争を勃発させる方法ってのは、実に簡単明瞭である。
ただし、その前提は、国民が情報を操作され、洗脳されて、判断力や思考能力を失っていることが必要だ。
そう!ちょうど今の日本国民のように。
(飯山一郎)

fassizm.jpg

おやすみ

新井信介の2015年2月メッセージ(2015年2月22日収録の動画)は、素晴らしい語りである。飯山一郎、下手な解説・講釈はしない。じっくり聴きたい。表情もE~。じっくり視聴したい。

短い動画だが、素晴らしい語りである。飯山一郎、下手な講釈はしない。
じっくり聴きたい。表情もE~。じっくり視聴したい。 (飯山一郎)

新井信介
  Home   業務内容   会社案内   瓊音ショップ   瓊音とは

産経新聞による「国策報道」?! この言葉も実に恐ろしい。犯罪性が全くない人間を「被疑者」から「犯罪人」にすべく、強引な取材と報道をおこなう!って、この国は一気に暗黒国家になってしまっている。(飯山一郎)



「国策捜査」は、小沢一郎が東京地検特捜部にヤラれ、今きのこ女史が函館警察にヤラれているヤツで…、
警察・検察が、犯罪性が全くない人間を、「被疑者」から「犯罪人」にすべく、強引に刑事事件にする狡猾な権力発動である。

産経新聞による「国策報道」?! この言葉も実に恐ろしい。悪寒がする。

犯罪性が全くない人間を、「被疑者」から「犯罪人」にすべく、強引な取材と報道をおこなう!って…、この国は、一気に暗黒国家になってしまっている。

この「国策報道」を受けたのは、安倍総理に「ニッキョーソ!ニッキョーソ!」と野次られた玉木議員(民主党)である。

この玉木議員が質問に立った19日の夜の時点で、西川大臣自身が、「今日質疑に立った民主党議員の政治資金に関する記事が(産経新聞に)出るぞ。」と、酔っ払って記事掲載を予告をする発言を複数の記者の前でしていて、その直前、自民党国対から西川大臣に電話が入ったことも確認されている、という。(記事)

世も末。この国の立憲政治・議院内閣制・民主主義は、完全に終わっている。
(飯山一郎)

「岩上安身さんが心臓発作(冠攣縮性狭心症)で倒れて緊急入院→集中治療室で治療中」 と。心筋梗塞だ。快癒を祈りたい。(飯山一郎)



「心臓発作(冠攣縮性狭心症)」とあるが、心筋梗塞だ。集中治療室で治療中というのは、バルーン→ステント療法の術後か?快癒を祈るのみ。
(飯山一郎)




恐ろしい記事だ。 『福島米の6割が県外流通。人口あたりの流通量、1位東京、2位兵庫、3位沖縄、4位新潟、5位和歌山』 「カネ儲け、平気の平左で人殺し。コメ屋も医者も悪魔の手先!」(飯山一郎)


wanton.jpg福島米の6割が県外流通。
人口あたりの流通量、1位東京、2位兵庫、3位沖縄、4位新潟


wantonのブログ』のこの記事は恐ろしい。
(「カネ儲け、平気の平左で人殺し。コメ屋も医者も悪魔の手先!」)

ビシッ!と鋭い告発もしている。

2位は兵庫。さすが、岩手産を8割混ぜといて
「神戸育ち」という銘柄で売るJAがいるだけのことはある。
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/517.html

兵庫県、米卸最大手の神明ホールディングの本拠地
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%98%8E%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

ブログ管理人の末尾の解説が…、怒りのタンカになっている。
(この管理人の覚悟の決め方は半端ではない。真の日本男子だ。)

管理人
ここまで組織的に放射能汚染米を国民に食べさせる理由は、
福島の農家に補償するお金を払いたくない事もあるとは
思いますが、それを中心になってやっているのは官僚組織
であることは間違いありません。
しかし、それだけでは無いと私は考えています。

人体実験されてんだよ!

その理由は、以下の記事から読み取れます。
    ↓
広島・長崎~福島へと続く壮絶なる生体実験
の継承⇒『ふくしま国際医療科学センター』
http://ameblo.jp/64152966/entry-11868757195.html

是非とも!全文を『wantonのブログ』で読んで下さい。 (飯山一郎)

「もし圧力がかかって番組を切られても、私はそれはそれで本望です」と、古舘伊知郎の表情が日に日に深刻さを増している。心ある視聴者も溜め息の出る毎日だろう。古舘伊知郎、もう少し、踏ん張れ!(飯山一郎)


「もし圧力がかかって番組を切られても、私はそれはそれで本望です」
と、古舘伊知郎の表情が日に日に深刻さを増している。

みなが明るくて、楽しかった毎日…、ああ、昔の日本は良かった!
ああいう時代が、この国に来ることは、もう絶対にない!
可哀相なのは、子供たちである。
人生の楽しさも、国家社会に奉仕することの充実感も味わえないまま…、ロクでもない国と心中! (T_T)
溜め息の毎日である。
せめて古舘伊知郎、もう少し、踏ん張れ!
(飯山一郎)
おやすみ



furutachi16.jpg

【最重要!】:天木ブログ、および英国公開の機密文書。←これは、日本の命運を決する機密文書である。必読である。熟読である。(飯山一郎)

アメリカの戦争屋は、暴動工作員・破壊工作員・殺戮専門の傭兵・武器・兵器・弾薬・資金を送り…、正当な選挙で選出されたヤヌコヴィッチ政権を強引なクーデタを強行して倒した。

その後…、
もしも「順調」にいけば、「ウクライナの春」が始まり、ウクライナはイラクやリビアのように米国の戦争屋の支配下に入り、対ロシア戦争の重要拠点になるはずだった。

しかし! 百戦錬磨のプーチンは、米国戦争屋の侵略行動を逆手に取り…、結果は、クリミヤとウクライナ東部をロシアの支配下に置いてしまった。

ウクライナ紛争は、プーチンの完璧な勝利!になっている。

「尖閣騒動」も、ウクライナの構図と同じである。
米国戦争屋は…、前原誠司と石原慎太郎を使って「尖閣騒動」を起こしたが…、 これは、「日中友好のために尖閣を棚上げする!」という大義名分を一方的に破棄する無謀な反動的行動だった。

この米国・日本の「反動行為」を、中国は逆手に取って…、尖閣は、現在、中国が実効支配している!

これほど屈辱的な事態だというのに…、現在の日本政府は手も足も出ない。出せない。

国民の大半も、「知らぬ存ぜぬ」の体たらく…。

どの国とは言わんが…、最悪・最凶・最愚・最鈍、間抜け極まる!
(飯山一郎)

amaki 0219
きょうの産経新聞が書いている。尖閣周辺のわが国接続水域を中国公船が9日連続で侵犯していると。
領海侵犯ではないから文句を言わないということが。
違う。
中国は領海侵犯さえ時にはおかしている。
日常茶飯事のようにそういう報道がなされている。
おかしくはないか。
あれほど領海侵犯に抗議していた日本政府は最近何も言わなくなった。
なぜか。
その理由は昨年大晦日(12月31日)のロンドン発共同通信のスクープ記事の中にある。
すなわち共同は、英国が公開した機密外交文書の中に書かれていた重要な事実を暴露したのだ。
すなわちサッチャー英国首相が1982年に訪日した際、当時の鈴木善幸首相が、尖閣問題は棚上げする事で中国と合意していることをサッチャー首相に伝えていたというのだ。
こんな重要な事が英国の機密文書公開でばらされてはお終いだ。
まさか日本政府はjこんな文書が公開されるとは思っていなかっただろう。
政府・外務省は中国と棚上げ合意していたのに国民にそれを隠し、棚上げ合意はした覚えはない、尖閣は日本のものだ、領土問題は存在しない、とウソをついていたのだ。
それが英国の機密文書公開でバレ、共同がスクープしてしまったから日本は口を閉ざしてしまったのだ。
抗議できなくなったはずだ。
抗議すれば中国側がすかさずこの公開された英国の機密外交文書の事を持ち出すだろう。
それにしてもこの共同通信のスクープは日中関係打開のカギを握る一大スクープだ。
なぜ大手メディアや野党は日本政府にこの事実を確認して、尖閣棚上げしかないだろうと迫らないのか。
なぜ外務省はスクープ記事を隠し続けるのか。
その間に、中国はどんどんと、尖閣は自分のものだと既成事実化している。
はやく棚上げで合意しないと、そのうち尖閣は文字通り中国領となる(了)
(記事)
opyright ©2005-2015 www.amakiblog.com

『緊急インタビュー IS広報部に聞く』:「イスラL国」(イスラエルがつくった「イスラム国」のこと)の本質・核心・実態・真相を見事に表現している「インタビュー記事」である。爆笑しながら読んだが…、やがて背筋が寒くなった。(飯山一郎)


下載の「緊急インタビュー」記事には、小生、爆笑した(爆)
が…、
「イスラL国」(イスラエルのモサドがつくった「イスラム国」のこと)の本質・核心・実態・真相を見事に表現している「インタビュー」なので、笑いながらも、背筋が寒くなった。
(飯山一郎)

cork.jpg
街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋
どこまでもマチベンのブログ by岩月浩二@守山法律事務所(名古屋市)

2015年2月17日 (火)
緊急インタビュー IS広報部に聞く

ついに、ここまでやるかという、21人一斉斬首映像事件を受けて、急遽、当ブログでは、極秘ルートを通じて、過激派組織ISの広報部員と接触することに成功した。
以下、その電話インタビューの一部始終をお伝えする。

-----------------------
Q あなたは過激派組織ISの広報部員でしょうか。
A ああ、そうだ。われわれは過激派組織ISだ。言っておくがイスラミック・ステイトなんかじゃねえ。ただのアイスだ。まあ「愛す」と呼んでもらってもいいが。

Q 年明け以来、ISの活躍はめざましいが、広報部としてはどんな印象でしょうか。
A 人使いが荒いってえか、俺たちが今年にはいってから、どんだけの残虐動画を配信したか、分かってるか。残業代も出ねえし。

Q 昨日は、21人の斬首映像を流されましたが。
A あんだけの迫真の動画を撮るのに、どんなに苦労したか、メディアの人間なら分かってくれるよな。カメラ50台、撮影班200人を動員した。しかも根拠地から遠く離れた北アフリカときた。急遽、北アフリカへ飛べってんだから、年明け以来、俺たちは休みなしだぜ。

Q あのような残虐映像を流せば、被害国が攻撃してくることは分かり切ったことで、過激派組織ISにとっては、どんな利益があるのですか。
A 俺もそう思うよ。何にもしなきゃ、あの国は、覇権国の国務長官が訪問した昨年秋も、日本の総理がバラマキを発表した1月も、俺たちを攻撃することには及び腰だったんだ。わざわざ挑発して、攻撃されることはねえと思う。

Q それなのに、どうしてあれほど残忍な映像をあげたのですか。
A そんなことは知らねえ。とにかくできるだけ残忍で派手な映像をあげろと。
敵国は大量死刑をものともしない国だから、半端な映像じゃ驚かねえからと言われた。仕方がないから、21人並べて斬首する壮観なシーンは、俺が考えた。

Q 今月、2月始めには、隣国のパイロットを焼殺する映像もアップされましたね。あそこまでする必要があったんですか。

A だから、できるだけ残忍な映像を作れってのが、上からの指示だって。どう考えたって、パイロットは生死不明の状態にしておいた方が、隣国の国民は動揺して、空爆を控えるはずだ。誰が考えたってそうじゃねえか。だけどお上には逆らえねえ。
イスラムでは遺体は埋葬にすることになってんだから、焼き殺すのはタブーじゃないかって?だから、俺たちは、どこぞの国営放送が言うような「イスラミックステイト」なんかじゃねえって。ただの「アイス」。「愛す」って呼んでくれるともっと嬉しいけどな。

Q 日本人の人質事件では、処刑場面の動画は配信しなかったようですが。
A あんときは、上からの指示が、できるだけおだやかな…

Q おだやかですか。
A ああ、できるだけ穏やかなシーンでないと、日本人は自分の国の国民が殺されるシーンが写っていては、ビデオ自体を見てくれないだろう、と。
恐怖心を植え付けるには、警告メッセージだけで十分だと言われた。静止画だとか、経費も安上がりだしな。どうせ日本はカネのバラマキと『人道支援』をすれば十分だからと。

Q それって何か、覇権国が言っていることと同じに聞こえますが。
A だから、言ってるじゃねえか。上からの指示だって。

Q 日本では報道されませんでしたが、日本人人質事件の直前1月中旬には、旧社会主義覇権国の人質の殺害も配信していますね。
A ああ。情報員2名を殺害した映像を配信した。

Q あらゆる国を敵に回すことになりませんか。
A 上からの指示だって。

Q イスラム国家を建国するということだと、国際社会で承認される必要があるのではないですか。イスラエルも植民国家ですが、公式かどうかはともかく、欧米諸国が、後ろ盾になっているでしょう。イスラム国も植民国家として認知されるためには、後ろ盾が必要なはずではないですか。
A 俺たちの仕事は、上から言われた残忍な映像を配信して、アイスは、残忍だというイメージを世界中にばらまくことだ。それ以上のことは知らない。

Q 覇権国の女性人道活動家の件について、隣国の空爆によって死亡したということでしたが、これまでの手順からすると、少し異例に見えましたが。
A あれは、俺たち動画班は関わっていない。俺から見ても、中途半端だ。残忍さのメッセージ性が欠けている。地上部隊の本格投入か、限定投入か、覇権国自体がはっきりしないってよ。

Q ISに共感する世界中の若者が2万人、渡航していると報道されていますが、実態はどうでしょうか。
A おっと、それは秘密だね。俺たちのサイトが、どこの国でも遮断されずにリクルートできる肝は、そこにあるからな。
ネット遮断なんて、簡単なことだ。
現に民主化運動が本当の脅威だと考えている国では、T事件を完全に遮断しているじゃないか。本当に脅威なら遮断すればすむだけのことだ。そこを秘密にすることが、俺たちの外交戦略というか、監視ネットワークを構築したい奴らとの手の打ち所ってえか。

Q 日本では、謎の「イスラム国」と呼ばれていますが、本当の目的は、何なのですか。
A だから、俺たちは過激派組織「アイス」だって。過激に振る舞うことが俺たちの役割だ。そん先なんて知ったことじゃねえ。俺でもわかるのは、まだイラク戦争は終わってないってことだ。国家を破壊した覇権国に対するイラク国民の抵抗は続いている。それを残忍なイメージに塗り替えるというのは、俺たちに課された任務の一つらしい。

Q 先週、国連安保理で、身代金取引が禁じられ、石油も価格が低迷して、ISは資金難だと報じられていますが。
A 俺は広報部だ。資金の話は、財務部に聞いてくれ。
 ここだけの話、俺たちのおかげで、得した奴らの利益はすごいぜ。
覇権国も日本も過去最高の軍事予算、表現の自由大国も軍削減3カ年計画を見直すし、西側軍事同盟は緊急展開部隊5000名を新設して、緊急即応部隊は1万5000人から3万人に増やす。国連PKO部隊も国連事務次長が21世紀にふさわしい装備に更新すると発表したじゃないか。
そこら当たりで儲ける奴らと、俺たちは持ちつ持たれつというか、共依存ってえか。戦争にウソはつきものだ。だから、そんなとこじゃねえかと俺は思うけどな。

おっと時間だ。次の動画作成にかからねえと。

(元の記事)

おやすみ

自衛隊の『朝雲』新聞は「問題の記事」を削除した!←安倍官邸が目論む「シリアでの人質救出作戦構想」に楯突く記事だからだ。本稿では、その記事を再現し採録する。自衛隊の正論派達よ!この恨み、忘れるでないぞ!(飯山一郎)


asagumo.png
拡大

 朝雲寸言


asagumo.jpg 過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件は残念な結果となった。悔しい気持ちはわかるが、自衛隊が人質を救出できるようにすべきとの国会質問は現実味に欠けている。

 人質救出は極めて困難な作戦だ。米軍は昨年、イスラム国に拘束されている二人のジャーナリストを救出するため、精鋭の特殊部隊「デルタフォース」を送り込んだが、居場所を突き止められずに失敗した。

 作戦に際し、米軍はイスラム国の通信を傍受し、ハッキングもしていたに違いない。さらに地元の協力者を確保し、方言を含めて中東の言語を自在に操れる工作員も潜入させていたはずだ。もちろん人質を救出するためであれば、米軍の武力行使に制限はない。それでも失敗した。

 国会質問を聞いていると、陸上自衛隊の能力を強化し、現行法を改正すれば、人質救出作戦は可能であるかのような内容だ。国民に誤解を与える無責任な質問と言っていい。

 これまで国会で審議してきた「邦人救出」は、海外で発生した災害や紛争の際に、現地政府の合意を得たうえで、在外邦人を自衛隊が駆け付けて避難させるという内容だ。今回のような人質事件での救出とは全く異なる。


 政府は、二つの救出の違いを説明し、海外における邦人保護には自ずと限界があることを伝えなければならない。私たちは、日本旅券の表紙の裏に記され、外務大臣の印が押された言葉の意味を、いま一度考えてみる必要がある。

(2015年2月12日付『朝雲』より)


【水島総】:『田母神俊雄事務所の政治資金横領事件、記者会見の嘘を暴く』(動画)←水島総。この誠実でカネに綺麗な右翼の政治哲学は、まっとうな保守主義だ。健闘を祈る。(飯山一郎)


田母神俊雄。こいつはウソつき男のダメ男だ。
このことは、下の動画で水島総の解説を視聴すれば、分かる。
私は6~7年前、田母神に自害を迫ったが…、無駄、無理、無意味、
「馬の耳に念仏」だった…。
それにしても、水島総。この誠実でカネに綺麗な右翼の政治哲学は、まっとうな保守主義だ。健闘を祈る。
ただし、もっと視野を広くもって…、
田母神俊雄と湯川遥菜の(闇の中の)関係と、日本の安全保障=愚かな戦争を避ける知恵などについても語ってもらいたい。
(飯山一郎)

かなりの長編だが全編を試聴する価値あり。

田母神会見(選挙資金の不正流用):質問者が萎縮してる。訊いてはいけないことが多々あるんだろ。間の抜けた記者会見。資金管理能力ゼロの間抜けな田母神に、間抜けな記者が焦点をボカした間抜けな質問。(飯山一郎)


間の抜けた記者会見。資金管理能力ゼロの間抜けな田母神に、間抜けな記者が焦点をボカした間抜けな質問。
訊いてはいけないことが、多々あるんだろ。
だっから、焦点のボケた会見になったワケだ罠~

【解説】→『あのコトは質問されない!と分かっていても…
       なぜかオドオド 田母神閣下』
(飯山一郎)



アメリカは帝国主義的謀略軍事国家なので、最も優秀な人財がCIAに集まる。そのCIAが、米国の児童たちに有能なスパイになることを呼びかけるサイトを紹介。(飯山一郎)


アメリカは帝国主義的謀略軍事国家なので、最も優秀な人財がCIAに集まる。(日本は官僚国家なので優秀な人財は官僚になる。)

だが、しかし、極めて優秀な人財も、巨大な組織の中で、結局は、頭脳、精神、ともに腐ってゆき、組織も腐敗と堕落の腐敗体となる。

下は、CIAが、有能な謀略要員になることを子供たちに呼びかけるサイト。謀略国家・アメリカでは、有能なスパイになることを夢見る子供たちが多いので、アクセス数が非常に多い。
(飯山一郎)


CIAの子供向けサイト (Kid's Zone)


官邸が嫌った真実情報は、なんと、「クソコラ映像」だった! ってことが今頃になって分かったアホなアタシ… (T_T) 飯山一郎


日本国も、本年は正月明けから、北朝鮮を凌駕する言論統一国家になられたとのこと…、誠に目出度い限りです。
しかし…、
小生などは、真実の暴露を禁ずるという国策に無知だったため…、
また、何が真実なのやも判別できなかったため…、
真実らしき情報を暴露しまくっているうちに…、
「最も危険な暴露サイト」の第五位という不名誉な栄誉に浴した…、
その時点でも、官邸が暴露を禁止する「真実」が何なのか?が判別できなかったワケです。
さらにまた…、
小生のサイトは第五位という入賞台にも登れぬ下位入賞だったため、テレビ朝日や『宇宙への旅立ち』のように全削除!という世間様が注目するような目立つ処遇は受けられなかった…。
そのため、何が真実なのか?
このことを知るタイミングが偉く遅延した次第。
それでも官邸は…、
第五位であっても、「真実情報」は漏れなくキチンと削除することを怠らなかった…。
で…、
官邸が最も隠蔽したい真実情報というのが、下欄に掲載した写真とサーバー側からの警告文で、やっとのこと判明したワケです。
そういうことです。はい。
(飯山一郎)


官邸が禁止した真実暴露情報
削除

なを、次のリンク先が 映像が削除されたエントリー です。


文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP