fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

やまとだましい  通りがけさん 『文殊菩薩(ブログ版)』 コメント H.24/08/05

■『文殊菩薩』(ブログ版)

やまとだましい

東京地検特捜部の正体について


通りがけさん『文殊菩薩(ブログ版)』コメント 2012-08-05(12:22)


いかりや爆さまがトロンとJAL123事故の関連づけをしてくれました。
「陰謀:トロンの木馬、御巣鷹山の『悲劇』、プラザ合意、振り込め詐欺に要注意」
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/1f94c90cdff1ea3e1da78cda0953cce1

<自コメ>

 東京地検特捜部の正体について。

 これはマッカーサーと通じた売国奴吉田茂を守るために源田実がGHQへ提供した憲兵組織なのです。憲兵と言えばもちろん731部隊は憲兵の管理下にありました。

 マッカーサーは特攻機の攻撃を非常に恐れていて、厚木に上陸した際も特攻を発案した日本人殺しの大悪党源田実との密約で戦犯にしないから特攻攻撃をしないでくれと確約がとれてはじめて日本上陸を果たせたのです。
 上陸後売国奴吉田を首相に仕立てて日本全権代表として沖縄放棄のサンフランシスコ講和条約を結ばせ同日近くの米軍基地へ吉田一人を連れ込んで日本全土治外法権占領軍駐留という売国安保条約に署名させました。
 吉田は嬉々として敵地米国で沖縄と本土列島をマッカーサーに売り渡したのです。当然帰国すれば命を狙われます。そこで源田実が吉田のボディガードとして憲兵をGHQへ提供し、特高警察が誕生しそのまま地検特捜部として現在に至っている。

 吉田を首相にしたマッカーサーは特攻攻撃をしないと確約してくれた源田実を選挙で落ちることがない参議院議員に仕立て上げました。選管の不正工作は参議院議員源田実を絶対に選挙で落とさないことを至上命題とするGHQの命令で始まったものです。

 そして源田実は日本国内の戦争の犬快楽殺人中毒者たち※を集めて警察予備隊を組織し軍事力を温存したのです。マッカーサーのこうした政策は、ペリーにもできなかった東洋の奇蹟日本国打倒を果たし日本を完全に征服したのは自分であると米国本土へアピールして帰国後に大統領になる野望を達成するためでした。
 しかしアイゼンハワーに敗れたマッカーサーは失意のうちに「老兵は死なず消え去るのみ」と腑抜けた負け惜しみを残して日本を去ったのです。
(※>>http://blog.iwajilow.com/?eid=1071428
沖縄戦を描いた悲しみと怒りのドキュメンタリー「ぬちがふぅ」)

 源田実はマッカーサーが自分を戦犯なのに犯人隠秘してくれたインサイダー取引の見返りとして吉田茂首相一派を使って東京大空襲の快楽殺人狂ルメイに勲章を贈らせた。東京大空襲でヒロヒトが寝ていた皇居の木一本も燃やさなかった功績が褒められたんでしょうかね。

 マッカーサー退去後は源田は検察と自衛隊と極右暴力装置の元締めとして日本の政治を暴力で操り、バカウヨといわれる一部勢力を使って日本がいつか再び源田実の大好きな戦争を起こせるように工作しながら死んでいった。こちらも「老兵は死なず消え去るのみ」です、こちらの方がもっと具体的ですが。

 源田実の存在、これが霞ヶ関全体が売国奴スパイの巣窟と化したことが暴露された現在でもなお検察が強権を(狂犬?w)振り回して横紙破りを押し通そうとする狂気の源泉なのです。

 故に、この源田実の妄執の呪いを解くには、ヒロヒトが犯した「あやまち」売国の治外法権「地位協定」を、和の国の大和魂をご先祖さまから受け継いだすべての日本人自身の直接参政権国民投票や住民投票でただちに破棄することが唯一の道となります。

 大和の和は平和の和です。そして沖縄こそがムー大陸沈没以来大和のふるさと竜宮の島です。

 地位協定を破棄すれば霞ヶ関はすべて滅びます。検察も最高裁も自公民政府も国会も。宮内省人事院は全員逮捕即解体廃止ですから。

 日本人は自らの胸に受け継いだ大和魂で人類の恥地位協定を自分の手で破棄しましょう。

2012-08-05(12:22) : 通りがけ



(参考)
BEGIN 島人ぬ宝 歌詞付 ビギン

http://youtu.be/6RENbV6bpOo

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP