fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

ファイザー新薬発表を巡って情報戦

20211107.jpg
ファイザーCEOアルバート・ボーラはユダヤ系

ファイザーがコロナの特効薬を開発したと発表したのと同日に、ファイザーCEOが逮捕されたとのニュースが流れた。

Conservative Beaverというサイトが、ファイザーCEOアルバート・ボーラが、ワクチン詐欺で逮捕されたと報じたのだ。

どうやら、このニュースは偽情報だったようだが、巨大製薬会社間でのワクチンの利益を巡る情報戦が垣間見られた。

同時期には、元社員により同社がワクチン臨床試験でデータ改ざんしたとの告発もあり、真偽を巡り情報が錯綜した。

ファイザーが新たに発表した経口薬パクスロビドは、イベルメクチンと類似の作用だが、死亡リスクを9割下げるという。

日米が入国制限を緩和すると発表したのも、イベルメクチンや新薬の使用により、リスクが下がると判断したためだろう。

このニュース発表後に、株式市場ではファイザー株が大きく値上がりしたが、他のワクチン会社の株価は軒並み下落した。

ちなみに、アルバート・ボーラはユダヤ系で、テレビでワクチンを打ったかと聞かれ、私は若いから打たないと答えている。

野崎晃市(47)

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP