fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

トランプがコソボに大使を派遣

20211114.jpg
トランプがリチャード・グリネルをコソボに派遣

移民問題で衝突している、コソボとセルビアの問題解決のため、トランプがリチャード・グリネルを大使として派遣した。

ロシアの外郭にあるベラルーシ、ウクライナ、セルビアの国境には移民が押し寄せて、紛争を起こしているからだ。

中東からだけでなくアフリカからも移民が押し寄せており、国境紛争を起こすために移民が送りこまれているようだ。

トランプ政権時代に、コソボとセルビアは経済正常化協定を結び、両国の紛争はひとまず緩和されていた。

このたび、トランプが派遣したリチャード・グリネルは、トランプ政権でDNI国家情報長官だった人物である。

トランプがワシントンDCを去った後に1日だけ、グーグルなどでグリネルが米国大統領と表示されたことがある。

どうやら、あの表示はミスではなく、一時的にトランプからグリネルに大統領権限が委譲されていたのだろう。

これで、いまだトランプが軍と情報機関の一部に影響力を行使しており、独自外交を展開していることが明らかとなった。

野崎晃市(47)


コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP