fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

イベルメクチンが効いた

20230114.jpg
奇跡の薬イベルメクチン

中国人妻の父親がコロナで肺炎になり入院していたのだが、イベルメクチン投与で回復し二週間で退院できた。

妻の父親は三回ワクチンを接種していたが、コロナが重症化して肺が白くなり、呼吸器をつけるほどの重症だった。

当時は薬を手に入れるのが困難で、もしもの時のために購入してあったイヌネコ用のイベルメクチンを飲ませてみた。

中国ではヒト用のイベルメクチンが2020年になぜか生産停止されているが、イヌネコ用はネットで安価に購入できる。

医者に言うと反対されるので、こっそりと飲ませたが、次の日から体力が戻ってきて、みごとに健康を回復した。

今は、コロナ感染第一波の山が峠を越して、人々も日常生活に戻りつつあるが、12月に人口の80%が感染したという。

そのうち、8パーセントが重症化したというのだが、感染者数も重症化数も死亡者数も隠蔽されて公表されていない。

野崎晃市(48)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『文殊菩薩』イベルメクチンが効いた

『文殊菩薩』イベルメクチンが効いたどのくらい前だったかに、肺が真っ白になった義理の父親が入院先で、薬がないとかで、筆者が、買っておいたイベルメクチンを飲ませたってお話の続きです。どうなったかなあ、と気にかかっていたけど、治ったそうです。中国でも、イベルメクチンは生産停止になっているようだけど、動物用は売っているようです。これは動物用も人間用も同じで、使用するミリ数が違うだけ。人間は60kgま...

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP