fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

中国の春節。てんやわんやでしょうね。毒霧に、尖閣のロックオンで安倍から謝罪要求。なにより、アメリカにある党幹部の秘密資産 新井信介「京の風」 H.25/02/09

■ 新井信介「京の風」


中国の春節。てんやわんやでしょうね。毒霧に、尖閣のロックオンで安倍から謝罪要求。なにより、アメリカにある党幹部の秘密資産


中国が日本と戦争なんか出来ない。


新井信介「京の風」 2013年2月 9日 12:17

以下は、産経新聞から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<中国軍の挑発沈静化 日本政府、「軍独断」の見方>

 日本政府が5日に中国海軍艦艇の射撃管制用レーダー照射を発表して以降、東シナ海での中国軍の挑発が沈静化していることが8日、分かった。
フリゲート艦は沖縄県・尖閣諸島の北方海域に展開しているものの動きは小さく、連日続いていた戦闘機などの領空接近は途絶えた。中国共産党指導部が挑発を自粛するよう指示したためとみられ、政府は照射が「軍の独断」だったとの見方を強めている。


 東シナ海上空では昨年9月以降、中国海軍のY8哨戒機とY8情報収集機が日本領空に連日接近。12月からはY8を護衛する形で空軍戦闘機 J10も近づき始めた。緊急発進(スクランブル)する航空自衛隊のF15戦闘機や警戒監視中の海上自衛隊P3C哨戒機などが入り乱れ、偶発的な衝突が懸念されていた。

 政府高官は「年末から一触即発の状態が続いていたが、6日以降は驚くほど静かになった」と指摘。別の高官も「フリゲート艦を尖閣北方から後退させることはないが、この3日間の領空接近は皆無だ」と語る。

 レーダー照射では、党指導部の指示か、軍の現場の独断だったかが焦点。防衛省幹部は「指導部の指示であれば照射を即座に正当化した上で、 反発のメッセージとして別の形で挑発に出る準備をしていたはずだ」と分析する。

 逆に、挑発が沈静化したことで、国際社会の批判を恐れた指導部が慌てて挑発の自粛を軍に命じたとの指摘が多い。パネッタ米国防長官も中国に 自制を求めており、政府の積極的な公表が中国軍の挑発を封じる上で奏功したといえる。

 中国では今月10日に春節(旧正月)を迎え、政府は祝賀ムードの中で軍が挑発を再開させるかにも注目している。仮に挑発に出てくれば、今度は指導部の指示であることは明白だ。

msn産経ニュース: 2013.2.9 08:21
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130209/plc13020908210006-n1.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の「小野寺防衛大臣による、お前、ロックオンしたじゃないか」について、ネットにある声が面白いので、少し転載します。

>中共は権力闘争の真っ最中。
軍の幹部は太子党よりも胡の共青団が多く重要ポジションも胡一派が抑えている。
軍といえど一枚板ではない。

今回はどっちの一派がやらかしたか分からないが、これを材料にスケープゴートを今探しているところだろう。
脅し上げながら日本の媚中政治家や媚中マスコミを使ってやっていた友好化(?)政策が完全に頓挫して中国はどこにも落とせなくなった。
正月直前に安部さんからの謝罪要求まで出されて、中国のメンツはここ数十年ないくらい粉々だ。

責任を負わされる誰かは一家ごとタクラマカン砂漠に引越しだろうね。

>次にレーダー照射をした時に、ほら中国はレーダー照射してるって言えるし、
やらなきゃやらないで、自衛隊にかかる負担が小さくなるだけの話。

中国って馬鹿だから、こっちの都合よくおとなしくなるし、ありがたい存在だよ。
ちなみに、次に中国軍がちょっかい出してきても、それはそれでありがたい。
何故なら、自衛隊や海上保安庁の予算要求が通りやすくなるからね。

>軍のケツ叩いて煽ったのは習本人ぞなもし。。。
調子こいて芋引いたからって、現場におっ被せると
不満は溜まるだろうな。

>「話が違うアル!押せば押すだけ引くと約束した仙谷とその一味はどこに行ったアルか!?またどこかの社員を人質にとらないと駄目アルか!」」

>政治ってこういうことだよな
民主党は大事にしてはいけないって隠蔽して
その結果は中国の増長を招いて、戦争の危機を招いた

>戦時中は満州にいたこともあるうちの爺ちゃんは
「中国人はコラッ!って大声で怒るとおとなしくなるんだよ」と言ってたけど、
本当にその通りだったw

>民主「チーズを食べたら駄目ですよ!でも檻を閉めたりはしませんけど。でもだからって食べないで下さいね!約束でしょ!」
中共「...本当に閉めないアルか?わかったアル。シャオリーベンがここまでマヌケとはクックック。さあ頂くアルネ!」
自民「ガシャーーーーン!」
中共「アイヤッ!?????????」

>党幹部は皆、数百億円の蓄財があるからなぁw
軍幹部にはせいぜい数千万円程度w

軍のうっぷんも溜まってるみたいよ
まぁ今回アメリカもガッチリとシナ蓄を恫喝したからキンペーもシュンとなったなw
もう調子に乗るなよとw

>中華皇帝の面子は清朝までだ。
中華共産党に面子など微塵も存在しない。
今の中華にあるのは金だけ。 スモッグを被った普通の土人だ。

>FCレーダー照射したら、敵に武装のレンジやら装備のあらゆる仕様やらを推定されたり
電波特性を元に妨害装置を開発されて、様々なロック対策を講じられたりする事が
現場は分かってなかったんじゃね割りとガチで…
それらのデメリットを帳消しにするほど、挑発行動で得るものがあったのか中国軍は…('A`)

>現場が遊び感覚で、レーダー照射してたんだろ
現に民主政権では問題にならなかったんだし
で、今回も遊び感覚でレーダー照射したら
大問題になったってトコだろ

>次やらかしたら撃沈可能だしにゃー

>中共はトマホークとアメリカにある資産凍結に
ビビッて、何もできない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上を見ての私の結論。

中国が日本と戦争なんか出来ない。

なぜか?

日米安全保障条約にのっとって、アメリカは、敵国の資産を凍結するから。

これまで、散々蓄えてきた共産党幹部の海外資産が、全てロックされてしまう。

つまり、ロックオンされたのは、中国の国家指導者や軍幹部の海外の秘密資産。

さあ、この中国国民からの略奪資産を使って、これから、まともに、中国国内の貧困と環境対策をやってもらいましょう。

 王族たちは、こう要求するはずです。 というか、これをしないと、あの国は、救われないでしょう。
.
2013年2月 9日 12:17

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP