fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

ネット選挙緊急導入の隠された目的は、ネットの口封じ。  Richard Koshimizu's blog H.25/05/09

■RKブログ


 ネット選挙緊急導入の隠された目的は、ネットの口封じ


リチャード・コシミズ's blog 2013/05/09 11:16

人気ブログランキングへ

ネット選挙緊急導入の隠された目的は、ネットの口封じ。

「候補者への誹謗中傷」だとしてネット上の告発を封じ込め、プロバイダーにアカウント抹消をさせて口を封じる。

これが裏社会の目論見ではないか?

海外サイトに避難先を見つけておくことが可能か?検討が必要ですね。

プロバイダー業界は申請が有れば中身を問わずに削除と読めてしまうのですが…。




ネット選挙で共通ガイドライン
5月8日 11時51分(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130508/t10014423241000.html

この夏の参議院選挙から解禁されるインターネットを利用した選挙運動では、候補者に対するひぼう中傷などの問題が懸念されていますが、こうした書き込みへの対応にばらつきが出るのを防ぐため、ブログの運営会社などで作る業界団体は共通のガイドラインを設け、削除などの業務に当たることになりました。

この夏の参議院選挙から解禁されるインターネットを利用した選挙運動では、候補者のひぼう中傷や、候補者のふりをして発言する「なりすまし」などの問題が懸念されています。
こうしたなか、ブログの運営会社や、インターネットの接続業者などおよそ600社で作る業界団体は、会社によって書き込みの削除などの対応にばらつきが出るのを防ぐため、共通のガイドラインを設けることになりました。

ガイドラインでは、▽削除の申請を受け付ける場合には、申請が候補者本人からであることを、印鑑証明書や免許証などで確認することや、▽書き込みが、公職選挙法の適用対象となる選挙運動期間中に行われたかを、通信記録などから確かめることなどを定めています。

また、ひぼう中傷や「なりすまし」の被害に遭った候補者が即座に対応できるよう、削除を申請するための文書の書式も掲載しています。

この団体では今後、ガイドラインをホームページで公開するとともに、今月から来月にかけては説明会も開き、夏の参議院選挙を前に内容の周知を図ることにしています。

ハラ



コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP