fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

原発事故、刑事告訴からほぼ1年 福島住民「検察は何をしてるんだ?」 田中龍作ジャーナル H.25/05/31

■田中龍作ジャーナル
 原発事故、刑事告訴からほぼ1年 福島住民「検察は何をしてるんだ?」


田中龍作ジャーナル 2013年5月31日 18:08

埼玉から参加した女性(中央)は「安倍政権の原発推進政策は許せない。体をつかんで揺さぶってやりたいほど」と怒りを表した。=31日、日比谷野外音楽堂 写真:田中龍作=

埼玉から参加した女性(中央)は「安倍政権の原発推進政策は許せない。体をつかんで揺さぶってやりたいほど」と怒りを表した。=31日、日比谷野外音楽堂 写真:田中龍作=


 福島第一原発が爆発事故を起こしたのは安全管理を怠ったためだとして、地元住民たちが東電の旧・現経営陣と政府の役人を業務上過失致死傷の罪で検察庁に刑事告訴して、ほぼ1年が経つ。(2012年6月11日、告訴)


 原告団はこの間、幾度も検察庁(東京地検、福島地検)を訪れ、東電と政府役人を起訴するよう要請してきたが、進展具合はサッパリ分からない。


 いつまで待たせるのか?地検はやる気があるのか? しびれをきらす原告たちが、きょう、日比谷公園で「厳正な捜査と起訴を求める集会」を開いた。



 まず、原告代理人の海渡雄一弁護士が経過を報告した。「検察庁には『東電に踏み込んで証拠を保全するよう』迫っている。福島では甲状腺に異常のある子どもが7人も見つかっている。紛れもない業務上過失傷害です」。


 原告団長の武藤類子さんは次のようにスピーチした――


 「市民である私たちがなぜ(東電と政府役人を)告訴しなければならかったのかをもう一度考えてみましょう。原発事故は私たちのささやかな日常を奪い、生きる権利を踏みにじった。…(中略)なぜこのような事故が引き起こされたのか? どうして被害が拡大するようなことが行われ続けているのか? 私たちは真相を究明し、一刻も早く被害を回復しなければなりません」。


「私たちの心を想像できるような人でなければ、政治家にならないで下さい。ジャーナリストにはならないで下さい」と訴える福島県富岡町出身の女性。=写真:田中龍作=

「私たちの心を想像できるような人でなければ、政治家にならないで下さい。ジャーナリストにはならないで下さい」と訴える福島県富岡町出身の女性。=写真:田中龍作=


 福島の住民たちはバス3台を仕立てて上京してきた。郡山から乗車した女性によれば、バスの中は不安と怒りが充満していたという。「孫子と離れての淋しい暮らし」「山菜が食べられない」「昆虫や野鳥が減った」……福島の人々に共通するのは“原発事故さえなければ”の気持ちで一杯であることだ。


 彼女は「あれだけの犯罪があったのに検察は何をしてるんだ?」と憤る。


 ロッキード事件の捜査を指揮した故伊藤栄樹は、検事総長に就任した際(1985年)、検事たちに「巨悪は眠らせるな。被害者と共に泣け」と訓示した。「巨悪は眠らせない」で鳴らした検察庁の面影はもはやない。


 都合の悪い政治家はデッチあげてでも起訴するのに、国家権力をも支配下に置く原子力村には手が出せないようだ。東電に段ボール箱を持って家宅捜索に入れば、検察庁の面目躍如なのだが。





田中龍作の取材活動は読者に支えられています。

田中龍作ジャーナル

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP