fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

嵐を呼ぶ男 山本太郎!嵐を呼ぶ女 森ゆう子! 小沢一郎代表 田中角栄先生の銅像前で大演説!! ★阿修羅♪ 掲示板 H.25/07/19

①阿修羅掲示板

 嵐を呼ぶ男 山本太郎!嵐を呼ぶ女 森ゆう子!
 小沢一郎代表 田中角栄先生の銅像前で大演説!!


http://www.asyura2.com/13/senkyo151/msg/189.html
★阿修羅♪ 掲示板 赤かぶ 2013 年 7 月 19 日 17:00


嵐を呼ぶ男 山本太郎!嵐を呼ぶ女 森ゆう子!
http://cpt-hide-cook.seesaa.net/article/369659659.html
2013年07月19日 「日本人」の研究!

130719 小沢一郎 森ゆうこ 街頭演説ー浦佐駅前


※小沢代表の演説は7分50秒過ぎからです。

 さあ~、全国から大変注目を集めている新潟選挙区!

な、な、なんと、昨日、東京から、あの山本太郎さんが

森ゆう子氏の応援に、新潟まで駆けつけた。

山本太郎さんって、東京選挙区で立候補しているよね~。

どうも、過酷な選挙活動スケジュールの為、太郎ちゃんの選挙スタッフが、

半日だけ休暇を与えたのであるが、その大事な休暇の日に、

新幹線に乗って、東京から駆けつけてくれた。

演説の中で、太郎ちゃんは、

「森さんに、恩をかえす!」

と、語っていた。

原発事故直後、子供達を被爆させないために、

文科省に乗り込んだ太郎ちゃんを、毅然と助けたのが、

森ゆう子さんらしい。

闘う政治家 森ゆう子。


本当に、本気で闘かっていれば、自然と真の同志、真の支持者ができる。

小沢一郎でさえ、森ゆう子さんのことを

「一番の同志」と語っていた。

さらにこんな新潟県在住の若いお母さんは

「私は、3.11以前は、いわゆる政治にはまったく無関心な層であった。

しかし、あの震災、原発の事故後、こんな私でも

何か行動しなくてはならないと、感じた。

そして、新潟県内の国会議員の方々に掛け合ったが、

唯一、ひざをおり、耳を傾けてくれたのは

森ゆう子さんだけ。彼女こそ、真のリーダーだと感じます。

一部の経済人にこびることなく、権力に屈することなく活動している

人だと、この二年間を通じて見ることが出来た」

と、、、。

太郎ちゃんが、こんなことを言っていた

「森さんのおかげで、全国のお母さんが勇気をもらったんですわーい(嬉しい顔)」

福一の原発事故のときは、明らかに国が国民を見捨てた。

しかし、真っ先に、体を張って闘ってくれたのは、森ゆう子氏。

「森さんは、国会に必要なんです。いい子ちゃんばっかりの国会の中で、

森さんのように、闘ってくれる人が必要なのです」

と、太郎ちゃんは叫ぶ。

また、また、森さんが昨年民主党を離党するときも、

ある支持者が

「我々は民主党員ではない。森ゆうこ党だちっ(怒った顔)」

と、語っていた。

なんで、みんなあんな叔母さんの為に

みんなが必死に応援するのか、、、?

それは、本気だから、、、。

真剣だから、、、、。

誠意があるから、、、。

うわべだけ、上っ面だけの政治家が多い。

また、周りに流されてしまう、長いものに巻かれてしまう

政治家が多い中で、ダメなモノはダメと毅然と言える

政治家が、今、どれほど必要か!

森ゆう子は「国会は、戦場なんです。闘う場なのです」

と、語っていた。

今日も、小沢一郎さんが新潟に現れる。

恩師である田中角栄さんの銅像の前で、森ゆう子の

応援演説を行う。

支持者も必死、同志も必死。

みんなが森ゆう子を国会に送ろうと、

熱望している。

さあ~、いくぜよ~!ゆう子さん~!



原発の核のゴミの行き先は、いまだ何も決まっていない!


原発の核のゴミの行き先は、いまだ何も決まっていない!

一つも決まっていない!

これこそ子ども達の将来に、未来につけを残す事ではないでしょうか・・。

皆さん共に怒ろうではありませんか!

原発はなくても電気は足りている!!


コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP