fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

プーチンさん、本当に勝って泣いている。いい涙だ。 Richard Koshimizu's blog H.24/03/05



 プーチンさん、本当に勝って泣いている。いい涙だ。


Richard Koshimizu's blog 2012/03/05 13:24

人気ブログランキングへ

画像

画像


Video: Teary-eyed Putin addresses 110,000 crowd near Kremlin

http://youtu.be/MbqJg88UEBo 公開日: 2012/03/04

プーチン首相
http://plaza.rakuten.co.jp/mineralnoginga/diary/201203050000/

「皆ありがとう! 開かれた公正な選挙で勝利に導いてくれてありがとう! 

しかし今回の勝利は大統領選挙だけの問題ではなかったのです。我々全ロシア国民にとっての大変重要なテストだったのです。
我々ロシア人が政治において充分成熟し、独立してものを考え、そして他人に依存しないかどうかのテストだったのです。

今回我々ロシア国民は誰一人としてケチをつけるとのできない状態であることを事実上全世界に見せ付けたのですよ。誰一人として今回の選挙に文句を言えるものはいないんだ!

そして、ロシア国民は政治的に政府を分離させ、ロシアの政治を困難に陥れようと企む挑発行為には一切動じないということを証明したのです!

連中の企んでいたようなロシアの政局混迷という事態は断じて起こらない! このロシアの地ではそんなことは許さない!」




 プーチン勝利!


誘いの果実 2012.03.05 10:27

 得票率58%でしたが、地元チェチェン共和国では99・73%という驚異的な数字を残しました。

以下は勝利宣言の一部です。


プーチン首相
「皆ありがとう! 開かれた公正な選挙で勝利に導いてくれてありがとう! 
しかし今回の勝利は大統領選挙だけの問題ではなかったのです。我々全ロシア国民にとっての大変重要なテストだったのです。
我々ロシア人が政治において充分成熟し、独立してものを考え、そして他人に依存しないかどうかのテストだったのです。

今回我々ロシア国民は誰一人としてケチをつけるとのできない状態であることを事実上全世界に見せ付けたのですよ。誰一人として今回の選挙に文句を言えるものはいないんだ!

そして、ロシア国民は政治的に政府を分離させ、ロシアの政治を困難に陥れようと企む挑発行為には一切動じないということを証明したのです!

連中の企んでいたようなロシアの政局混迷という事態は断じて起こらない! このロシアの地ではそんなことは許さない!」

群集
「ニェート! (許さないぞ!)」


---------------------------------------

ロシア国民は安定と秩序を選んだということです。

てんびん座生まれの彼にとっては、その保証が基本的なバランス感覚と言えるでしょう。

そして政治的なバランス感覚は、ロシアが強い指導者を望んでいることにも応えるべくチェチェン紛争への軍事的対応やモスクワ劇場占拠事件においては、テロリストに毒ガスを使用し一般市民100人も命を落としたような徹底した効果的な手を打つことにも伺えます。

以後のロシアにおいては、この様な事件は鳴りを潜めた事を見るなら、その計算の確かさが評価を受けるのがあの国の特徴でしょうか。

クールに核のボタンを押す大統領をロシア国民は望んでるかどうかは?ですが、素質があることは誰もが認めるところでしょう。

クールな彼も、勝利の暁には涙を浮かべていました^^

そして、何故か、同じ頃、国営放送TVでは、人気映画「モスクワは涙を信じない」が放映されていたのです。

何か、成熟した独裁国家のイメージが伝わって参りますな@@

この新独裁国家が、一朝一夕に生まれたのではない事も知っておくと良いかも・・・

彼の祖父は料理長として、歴代の独裁者(レーニンとスターリン)に仕えて、その裏を知り尽くしており、その学習が彼にもたらされていたのです。

食事による暗殺の方法も伝授されたハズで、イギリスに逃げたロシア財閥の1人が食事に放射性物質ポロニウムを混ぜられて死亡させられたなんて事にも伺えます。

スターリンの暗殺も食事によるもので、当然、料理長の采配であることは推測の内であります。

KGB(スパイ)から始まった彼の政治遍歴が、この様な洗練された「暗殺仕様」の裏打ちで行なわれて来た事、それはこれからも続くであろう事は承知して置くべきかと思うのです。

この様な緻密な政治手法と決断に迷いの無いその知力には、世界のいかなる国のトップも適わないのではないかと・・・皆さんが傀儡ですから当然の差が出ます。

我等がどじょう総理に、彼のツメの垢でも?

いやいや~ムダなことは考え無いのがお利巧というものです^人^


最終更新日 2012.03.05 10:27

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP