飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

<徳洲会事件ようやく表面化>  本澤二郎の「日本の風景」(1402) H.25/09/17

【飯山一郎のコメント】:以下の「再掲」記事を読んで、私(飯山一郎)は、
「ここの編集長の編集方針は間違っている!」
と明確に思いました。
というのは…、
以下の記事の掲載日は9月17日。この記事に対して私は翌日の9月18日、HPと、本サイトで、徳洲会事件の本質が、
「東京地検を使った巨大病院チェーン・徳洲会を乗っ取る謀略である!」という主張をしました。これは本澤二郎氏の主張とは真っ向から対立する主張です。
しかし、ここの編集長は私の意見・主張に対して反論の一つもせず、本澤二郎氏の主張だけを本日「再掲」しました。これは公平性と公正さをに欠ける甚だ遺憾な行為です。
よって、私(飯山一郎)は、本サイトのオーナーでありますので、オーナーとして部下である編集長を公開の場で叱責し、訓告処分にします。(戒告処分ではありません。)

編集長! 訓告の要旨を申し渡します。
「編集長は、言論人としての自覚をもって公平・公正な言論活動を心がけて下さい。」

次に、徳洲会事件についての飯山一郎の見解を次に「再掲」します。

私、飯山一郎は次のように考えております。

「徳洲会選挙違反事件」は、TPPの先駆け作戦である! と。
TPPの狙いは、日本の資産を奪い尽くすことです。
その一つが、医療産業を支配することです。
医療産業が支配できれば、医療を表看板にして、日本最大の資産家層=老人層から莫大な資産を奪い取ることができる!というわけです。

さらに、癌や免疫不全など放射能障害の巨大な「治療市場」が生まれ始まっていますし、世界中に販売できる被曝データの収集だけでも世界一の市場が誕生しようとしています…。

そのために、先ずは、巨大病院チェーン・徳洲会を強奪しておく!
この手羽先として東京地検を使う! 東京地検は、徳洲会資産の強奪部隊なのです。
マスコミが東京地検を援護射撃! ミエミエです。
以上が、徳洲会事件の「国際謀略的背景」です。

もうひとつ。
小沢一郎の事件で明確になったように…、
東京地検は決して正義の見方ではありません。破邪顕正の機関ではありません。
このことは、警察国家の様相を日々深めている日本国にあっては忘れてはならない視点だと思います。
以上、『徳洲会事件』に関して私見を述べさせていただきました。
ご清読ありがとうございました。(飯山一郎)



Lived
 [再掲]

<徳洲会事件ようやく

   表面化


 警察・検察の蓋かけ失敗
 もはや警察・検察は腰を上げざるを得ないだろう。
 安倍や石破の圧力など効かなくなってしまうだろう。
 徳洲会事件は、選挙違反事件だけでは済まない。その先にどろどろした泥沼が待ち構えている。


 選挙違反から厚労省腐敗 政府与野党にも
 石原と徳田虎雄の深い仲は知られている。二人の間の金の流れも表面化するだろう。安倍内閣は、徳田のセガレを内閣に起用している。そこに何があったのか


「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(1402) 2013年09月17日

<徳洲会事件ようやく表面化>

 筆者は何度も徳洲会の腐敗を取り上げてきた。
「財界にっぽん」10月号でも活字にした。
 捜査当局が動かない背景に政府与党の圧力を指摘したのだが、それでも事態は動かなかった。
 それがようやくにして、産経新聞が大きく報道した。
 先ほど徳洲会の内情を知る人物が「今朝(9月17日)の産経1面に出た」と連絡してきた。

<産経の特ダネ>

 産経社会部は昔から強かった。読売もそうだったが、ナベツネ時代からくすんでしまったのだが、代わって朝日が浮上してきている。産経社長は昔、中曽根派担当だった時代の大学の後輩である。よく決断してくれた。

 徳洲会の選挙違反事件はひどすぎる。「前回は4億円、その前は10億円、その前も」と関係者は指摘している。正確に言うと、公選法違反はほとんどの候補、政党が行っている。しかし、ここは格別に悪質である。

 資金の出所が患者の治療費だ。運動員も病院関係者である。運動も戸別訪問をさせてきている、という。違反、違反での当選は、いかにもひどすぎる。それを放任してきた鹿児島県警・検察であった。

 鹿児島は無法地帯だったのだ。確か法務大臣を歴任したヤスオカも同じ選挙区だった。中選挙区時代、徳田との争いはひどいものだった。ようやく腐敗選挙にメスが入ることになる。

<朝日も続く>

 朝日の社会部も追いかけていた。朝日の政治部と経済部の質は悪い。社会部はまだ健在だった。社会部は、既に取材を終えている。「本日の夕刊から始まる」が友人の報告である。

 これで流れは出てきた。もはや止めることは出来ない。

 確認したわけではないが、朝日は安倍と癒着していた政治部長が交代したといい、その結果、朝日が安倍内閣の監視に積極的になってきた、との観測も耳にした。朝日の覚醒が本物であって欲しい。

 考えても見るがいい。戦前の国家主義回帰の政権を支援するなど、ジャーナリズム失格であろう。朝日健在を見届けたい。

<警察・検察の蓋かけ失敗>

 もはや警察・検察は腰を上げざるを得ないだろう。安倍や石破の圧力など効かなくなってしまうだろう。徳洲会事件は、選挙違反事件だけでは済まない。その先にどろどろした泥沼が待ち構えている。

 徹底したドブさらいが必要である。人間の命を預かる病院関係者の選挙違反事件は、医療社会福祉法人の腐敗を裏付けている。それでいて優遇税制を懐に入れてきた行為は、大いなる詐欺事件にも発展するだろう。

 これらのことを、厚生労働省の官僚は承知していたのだから。

<選挙違反から厚労省腐敗>

 病院の認可・監視機関である厚労省と徳洲会に何があったのか?間違いなく腐敗関係が存在している、と認識すべきだろう。

 腐った根ッ子は黒くて深い。「霞が関の犯罪」(リベルタ出版)を書いた時を連想する。

<政府与野党にも火>

  石原と徳田虎雄の深い仲は知られている。二人の間の金の流れも表面化するだろう。安倍内閣は、徳田のセガレを内閣に起用している。そこに何があったのか、も関係者の関心事となっている。
この重大事件を東洋経済が報道して相当経つ。止むにやまれず筆者が公開したが、それでも当局は顔を塞いでいた。筆者の「財界にっぽん」10月号に産経と朝日が決起してくれたのかも。そうだとすれば、これは快挙である。

  この事件には、政府与党とさらに野党もからんでいる。テレビ朝日とフジテレビも追随するだろう。捜査が開始すると、読売も活字にするしかない。成り行きが注目される。

2013年9月17日9時55分記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

愛媛県今治市波止浜169在住の中島大士(なかしまたいし)は暴走族今治連合に所属する暴走族です。
彼らは少女を車で拉致して暴行を加えては、写真を撮り、自分たちには関東連合がバックについていると言って脅します。
そして、被害者の周囲で執拗に暴走を繰り返し、恐怖を与えて口封じをし、再び暴行に現れます。
今治連合の暴走族中島大士に気を付けて下さい。
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP