飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

<“我が子が命を懸けて遺した”宿題と父の苦悩>  「ジャーナリスト同盟」通信 東芝病院告発レポート第28弾 ジャーナリスト 本澤二郎 H.25/10/03

★阿修羅♪ 掲示板
←元ブログにリンクします




<“我が子が命を懸けて遺した”宿題と父の苦悩>


 適正な治療をしたと開き直る東芝病院


「ジャーナリスト同盟」通信 東芝病院告発レポート第28弾 ジャーナリスト 本澤二郎 2013年09月03日

<“我が子が命を懸けて遺した”宿題と父の苦悩>

「被告訴人(中尾彰秀・三好由里子・藤江俊秀・犬山枝理香)の沈黙は許されるか」「正文に釈明することはないのか」

 筆者は、平和軍縮派の宇都宮徳馬譲りのリベラル派ジャーナリストである。最愛の息子・正文を、東芝病院で医療事故によって奪われた父親でもある。反省も謝罪もしない病院関係者4人(病院長・主治医・指導医・看護師)を、不本意ながら刑事告訴した。相手は東芝経営の病院だ。三井財閥を代表する原発メーカー、核爆発を起こした東電福島原発3号機の製造でも知られている。政府との関係は深い。だからといって、業務上過失致死事件を悔い改めようとしない当事者が免責・逃れることは、法の下の平等を大原則にした日本国憲法が許さない。(敬称略)

<沈黙は無責任の極み>

 沈黙は金という。それは相手次第である。リベラルな反骨ジャーナリストには通用しない。大事な息子を、不当にも重大な過失で奪われたのだ。其れに対する反省もなく、今も開き直っている。沈黙すれば、それは息子と医療事故被害者への背信行為だ。それこそ父親として許されることではない。命のある限り、繰り返し、ペンの力で警鐘を鳴らす理由である。

 重大な過失に対して、適切な治療を行ったと一部マスコミにコメントしている東芝病院である。これほど傲慢で人権侵害なことはない。正文と遺族を、患者を愚弄している病院と断定出来るだろう。

 第1回目の帝京病院の比ではない。

 刑事告訴する以前に筆者は、手厚く手順を踏んで対応した。病院長・渡辺に対して、その死の瞬間に立ち会った夜勤の看護師・犬山に「会わせて欲しい」と丁重に書面で面会を求めた。正文の看護を100分も放置した理由が何であったのか。不当看護の真実を知る必要があった。

 不可抗力ともいえる事情があったのか、彼女に配慮すべき、免責事由があったのか、それともなかったのか。正文に報告する義務を負っている父親には、それくらいの権利があっていいはずである。

 渡辺は断りの手紙を送ってきた。やむなく主治医との面会を求めたが、返事はなかった。誠意の全くない病院長の渡辺だった。

<適正な治療をしたと開き直る東芝病院>

 カルテを手にする前は、正文の入院直後の死という異状死について事情が、さっぱりわからなかった。真実を掴むために指導医に面会を求めた。藤江に対して「カルテを提供してもらいたい」と低姿勢で要請した。これは成功した。

 カルテを手にして初めて愕然とさせられた。誤嚥性肺炎で1週間の入院計画書もあった。その際の治療である痰の吸引約束も確認できた。だが?

 なんということか、看護記録によると、犬山は100分も個室に押し込んだ正文の病室を巡回しなかった。100分後に病室に飛び込んだ時には、既に痰が喉に詰まり、窒息死していたのである。完全看護を約束した財閥病院の実態に愕然とさせられた。

 こんな場面を息子の親に想像させる残酷さを、渡辺や三好にわかるだろうか。呼吸が出来なくなっての窒息死は、首を絞められて殺されるのと同じであろう。れっきとした無作為の殺人行為である。患者である正文には適切な吸引が不可欠だった。それをしなければ、それだけで患者を死に至らせることが出来た。それを東芝病院はやったのだ。其れに対して一片の反省もない。逆に開き直っている。

 こうした不条理な治療と看護を許すことが出来るだろうか。

 1回目の事故で、正文は1級の身体障害者にされていた。苦しみを言葉に表せない身である。寝返りさえも打てない体である。そんな患者をどうして100分も、個室に入れたまま放置したのか。東芝はこのことさえも、隠ぺいしている。真相を明らかにする義務があろう。

<正文は決して許さない>

 医療裁判の経験のある遠藤弁護士は、正文の病室にアラーム・警報装置を設置しなかった病院の重大な過失を厳しく問いかけている。仮に100分も放置したとしても、警報装置があれば看護師センターの誰かが気付く。正文は殺されずに済んだ。これも主治医・指導医の重大な責任であろう。こうしたいい加減な治療をさせている病院管理責任者の渡辺は、重い管理責任を問われて当然だろう。

 元国土庁大臣秘書官を歴任した中原義正の義弟の事故死事件では、病院関係者が葬儀の弔問に訪れている。本誌で紹介した秋田県の事例でも、病院は示談をして反省の意を表している。だが、東芝病院は全くのナシの礫だ。人間を殺しておいて「ご免」と言わない。こんな不埒な病院があろうとは?言語道断である。

 東芝は企業の社会的責任を内外に吹聴している。しかし、実際は真っ赤な嘘なのだ。核の原子炉で、暴利のみを追求する悪徳企業ではないか。昨今の流行語を使うと、ブラック企業ということになろうか。

 かくして、恥を忍んで週刊誌「週刊新潮」に大きく手記を載せた。それでも反応はゼロだった。刑事告訴しか正文の無念を晴らす道は残されていなかった。

 正文は死んでも、あの世から東芝病院を監視して許さない。沈黙する渡辺・三好・藤江・犬山を決して許すことはないだろう。むろん、遺族も、同じ思いである。4人に人間の心があるのだろうか。それとも、悪魔に魅入られてしまっている東芝病院なのだろうか。

<反省と謝罪がないと事故は繰り返される>

 米映画監督のオリバー・ストーンではないが、人間は記憶することができる。活字にして永遠に歴史として記録することも出来る。他方、失敗する人間であるため、悔い改めることで救われる。宗教家でなくても、これくらいのことはわかる。

 彼ら4人は、人知れず悔い改めているのであろうか。それがわかれば、正文も心安らぐことができるだろう。しかし、東芝病院のいうように「適切な治療をした」と開き直っているのであれば、この悪魔に魅入られた病院では、繰り返し、繰り返し医療事故が起きている。地球よりも重い命が次々と奪われていることになる。

 東芝病院の沈黙は断じて許されない。

<警察への届け出をしなかった医師法違反>

 医療に従事する関係者、特に医師も看護師も特別の資格を必要とする。誰でも出来る業務ではない。人の命と向き合う崇高な職業である。比例して高い倫理観を求められる。

 医師法第1条は「国民の健康な生活を確保する」ことを義務付け、高らかに謳い上げている。日本国憲法は国民に対して「健康で文化的な生活」を約束しているが、その重大な任務を医師にも求めている。

 しかし、人間のやることに失敗はつきものだ。ために、異状死に対しては警察への届け出義務を21条で課している。日本法医学会の異状死ガイドラインには「予期しない死亡、その疑いのあるもの」を含むもとしている。

 正文はこのガイドラインの範疇に入っている。入院数時間後の異状死と認識出来るからだが、東芝病院はこのルールさえも無視した。遺族はこのルールを知らなかった。医師法を勉強していなかったからだ。其れをよいことに、東芝病院は遺族に葬儀を急がせた。

 明白な医師法違反ではないか。

<病院の悪徳顧問弁護士が跋扈する医療裁判>

 前月号で紹介した石黒弁護士は、実際の法廷において病院側の顧問弁護士に泣かされることがしばしばらしい。病院の医療事故を隠ぺいしたりすることは日常茶飯事なのだ。証拠を隠したりする。時にはねつ造さえするようだ。

 法廷で勝つためのあらゆる手段を用いるらしい。映画の世界には、この手のワル弁護士はいくらでもいるが、病院の顧問弁護士にもこうした手合いが多い。

 悪徳弁護士の存在は、以前から友人弁護士から聞いていたが、やはり特にひどいようだ。これはどうしたことか。

 弁護士法によると、弁護士は「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命として、誠実に職務を行う」「社会秩序の維持と法律制度の改善に努力する」などと医師以上に厳しい倫理を求められている。

 悪徳弁護士は、逆のことをして金もうけに必死なのだ。これこそ深刻な事態といっていい。社会病理として放置できない。弁護士法違反者として追放する必要があろう。

 現実には、ワルの病院の責任を回避するために、法廷闘争に明け暮れているという実情にある。患者や遺族の基本的人権を奪うことに奔走している。こんなことが許されていいのだろうか。

 患者・遺族の大半の弁護士は、医学知識のある石黒弁護士のような力量はない。能力・知識もない。病院側弁護士は簡単にやり込めることが出来る。中原の義弟の事件では、最高裁にまで争ったものの、無能弁護士ゆえに勝つことが出来なかった。病院側のワル弁護士の智恵に敗北してしまった。これに医療無知の裁判官という組み合わせも、患者と遺族の人権は保護されることはない。

 日本の法治主義も魂が入っていない。

<東芝病院の顧問弁護士の仕業なのか>

 正文事件後に東芝のことを知った筆者である。それまではテレビ・冷蔵庫・パソコンの電器メーカーとばかり思っていた。まさか武器弾薬の軍需産業とは知らなかった。そこへと大量の天下り官僚がいることも気付かなかった。

 いわんや原発メーカーで、核爆発を起こした福島3号機を製造していたことなど、全く知らなかった。三井財閥傘下の代表的製造企業ということなども。正文は東芝病院に殺されて、その代わり父親のジャーナリストに、東芝の知られざる正体を暴いて見せてくれたのである。

 この財閥病院に顧問弁護士が必ずいるだろう。そうだとすると、正文事件が発覚すると、病院長の渡辺は顧問弁護士に全てを委ねてしまったものか。同時に三好・藤江・犬山の口を封じ込めてしまった。そうに相違ないだろう。

「東芝病院は適切な治療を行った」という一言で押し切れ、が顧問弁護士の指令だったのかもしれない。いずれこの悪徳弁護士の正体を暴く時がやってくるだろう。弁護士法に違反している疑いが限りなく濃厚なのだから。この輩が警察と検察に手をまわした可能性も否定できない。

<被害者は舐められるな>

 前月号に登場した遠藤弁護士は、弁護士法をそっくり体現したような弁護活動をしてきている。正義の塊のような人物である。刑訴法の大家で知られる中大・渥美東洋ゼミ1期生の最優秀弁護士だ。

 遠藤は「加害者である病院と顧問弁護士は被害者を舐めている。被害者弁護士が舐められている。この風潮を突き崩す努力が、いま一番大事なことである。そのための努力が関係者に求められている」と強く指摘している。石黒弁護士への激励でもある。

 人を殺した病院側が、殺された側を舐めている?病院と患者・遺族は対等なのだ。それでいて立場が逆転している?信じがたい現状なのである。後者の勇気不足が、法廷での法の運用を狂わせている?日本の民主主義の前進を阻んでいるのは、弱者である市民の側にある、とも断じるのである。

2013年9月4日記(財界にっぽん11月号に掲載)
 

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP