飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

<横田夫妻に希望が残っている> 本澤二郎の「日本の風景」(1421) H.25/10/06

★阿修羅♪ 掲示板
←元ブログにリンクします




<横田夫妻に希望が残っている>


 田中内閣が存続すれば
 意図的に拉致問題解決を遅らせている安倍内閣に怒りを覚える。


「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(1421) 2013年09月06日

<横田夫妻に希望が残っている>

 北朝鮮に拉致された横田めぐみちゃんが、10月5日49歳の誕生日を迎えたとマスコミが報道した。その日、小雨が降る房総半島の埴生の宿で、少し明るんだ柿を10個ほどもいだ筆者である。認知症の95歳になる母親を見舞うことが出来た。東芝病院で殺されて今はいない息子の正文のことを、嘘も方便よろしく「元気になってきた。おばあさんによろしく伝えるようにと言われてきた」と声を懸けると、不思議と正常な反応を示してくれた母だった。子供を奪われることがどういうことかを知る日本人にとって、夫妻の壮絶な精神状況が痛いほど理解できる。しかし、夫妻には希望が残っている。

<生きているめぐみちゃん>

 夫妻は当然のことながら、関係者が忘れてならないことは、めぐみちゃんは必ず生きている、と言うことである。どうしてか、というと、彼女は牢獄に入れられた囚人ではない。

 当地では、相応の恵まれた環境に置かれていたことが想定される。そうだとすると、人生最大の苦悩の日々を送っている彼女の77歳になる母親と80歳の父親は、現在もまともな精神を維持して、めぐみちゃんの救済運動の先頭を走っている。

 そんな両親の生きる強さを遺伝しているめぐみちゃんは、必ず生きている。病死はしていない。外務省の役人や評論家が何と言おうとも、誰も確認したわけではない。横田夫妻の娘は健在なのだ。ここに希望がある。我が息子との違いである。

<政治・外交の責任>

 問題は、拉致した側にあるが、歴史をひもとくと日本軍国主義・植民地政策が関係、未だに日本と北朝鮮の間に国交が樹立していないことに起因している。日本政治と日本外交の無力・無責任に問題の根源がある。これは客観的な事実なのだ。

 こうした真実に政府もマスコミも蓋をしている。解決の糸口を自ら塞いでしまっている日本政府と外務省に、重大なる政治責任が存在する。ここをしっかりと認識する必要がある。

 問題の本質をあらぬ方向に向けて、意図的に拉致問題解決を遅らせている安倍内閣に怒りを覚える。現時点では、安倍外交に重大な責任があるのである。やたら緊張を煽り、それを悪用して改憲軍拡へと持ち込もうとする国家主義外交が、事態をより複雑化させている。

 安倍が東芝・三菱・日立の原子炉財閥の意向を受けて、これの輸出に外交の主軸を移している。そして肝心の外交・防衛政策は、北朝鮮を敵視して推進している。北説得の決め手となる中国をも、敵視外交を展開している。

 昨日も「国民の皆さんのご支援を」と叫ぶ横田夫妻の姿は、いつもながら痛々しくてテレビ画像を直視できないほどである。主権者である国民は、安倍外交を批判、排除する義務を果たす必要がある。それが解決の糸口になることに気付くべきだ。

<田中内閣が存続すれば>

 もしもの歴史がないことはわかるが、田中内閣が金脈問題で潰れていなければ、拉致問題は起きなかった。この機会に、あえて真相を明かしておきたい。

 72年7月7日に発足した田中内閣の外交政策はまともだった。田中は盟友の大平正芳に外交を任せて、中国との国交を正常化した。日本外交の歴史的成果である。一段落して田中と大平は、次なる外交政策を北朝鮮に的を絞った。唯一遺された戦後外交だからである。

 その責任者に木村俊夫を起用した。彼は佐藤栄作が信頼するキレ者、有能なリベラリストである。田中側近の久野忠治や平和・軍縮派で、金日成が信頼した宇都宮徳馬ら、それに宇都宮を慕う田村厚生労働大臣の父親(田村元)らリベラル親朝派が背後を固めた。

  旧制水戸高時代、宇都宮のボディガードを務めた水田三喜男(元蔵相・城西大学創立者)の派閥に所属していた田村は、後に田中派のメンバーとなった。田村は宇都宮が作った製薬会社「ミノファーゲン製薬」の強ミノの愛用者で知られる。そのお陰で、まだ健在と聞く。河野洋平もそうである。筆者も、である。自民党リベラル派は、主に大平派(宏池会)と田中派に所属していた。

  だが、その田中内閣を米CIAと岸信介の台湾ロビー、文芸春秋が起用した立花らが金脈事件を表面化させた。ガードの甘い田中が、外国特派員協会の要請を受けて記者会見、そこから一斉に田中問題が国際化してしまう。続く女性問題を暴かれる中で、田中の娘・真紀子が「もう総理を辞めて」と叫んで引導を渡した。
無念にも日朝国交正常化は、田中退陣と共にお蔵入りしてしまった。戦後外交の汚点は、ワシントンと台湾ロビー、それのお先棒を担いだ文春メディアの実績ということになる。

<国民は政治・外交無能に怒れ>

 49歳の誕生日を迎えた拉致被害者のことから、必然的に73年政局を想起する筆者である。要するに、拉致問題の解決を遅らせているのは政治・政治家・政府なのである。日本外交の無能にある。

 英語を少しかじるだけの外交官ばかりの外務省に、問題があるのである。横田めぐみちゃんに同情する日本人は、主権者として無能・無責任な安倍内閣・政府与党に舐められている。罷免すべきなのだ。怒れ、と訴えたい。

<リベラル政権の実現がカギ>

 国家主義の対決外交から友好外交に切り替えることが、解決の道である。それはオバマ政権がシリア戦争を回避、中国との関係を良好にしていることからも理解できるだろう。

 グローバル世界では、日本国憲法が求める友好が一番なのである。リベラルな政権を作り出す努力が、いま主権者に求められている。

2013年10月6日9時30分記

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP