飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

<中韓蜜月と日本政治>  本澤二郎の「日本の風景」(1422) 

★阿修羅♪ 掲示板
←元ブログにリンクします




<中韓蜜月と日本政治>


 過去を正当化する歴史認識


「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(1422) 2013年10月08日

<中韓蜜月と日本政治>

 インドネシアで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)で、一段と注目を集めたのは、中国と韓国の首脳会談(10月7日)だった。ことし2回目だ。習・朴時代の両国関係は、東アジアに新たな安定要因を構築している。安倍内閣の改憲暴走阻止だけでなく、北朝鮮問題の処理にもプラスとなろう。これにワシントンも?中韓蜜月の深化は、孤立化する日本に、なんらかの政治変革をもたらすかもしれない。


<原因は安倍・国家主義路線>

 中国と韓国は隣同士、仲良くすることが最善である。その原因を、日本が作り出している。日本政府を、改憲軍拡を目指す国家主義者が牛耳ったためである。今の自民党は昔の自民党ではない。極右が制覇する自民党で、不幸にしてリベラル派は存在していない。

 国民ではない、国家を前面に押し出す財閥傀儡政権でもある。隣国との緊張を煽る安倍内閣が、中韓を結びつけている要因である。共に安倍・国家主義を警戒しているからである。

「戦後レジームからの脱却」という68年前の戦後秩序を破壊するための改憲軍拡政策に対して、国際社会も懸念を抱いている。口には出さないが、ワシントンも警戒しながら安倍内閣を上手に利用している。安倍の正体をワシントン・ソウル・北京はとうの昔に見抜いている。

 小沢一郎を退治したCIAやジャパン・ハンドラーズは、以前に比べると複雑な動きをしているように見受けられる。

<過去を正当化する歴史認識>

 戦前の国家主義・国粋主義が今後とも大手を振って、目標とする軍国主義化に成功することは、恐らく困難である。それは伊勢の式年遷宮や靖国の例大祭に参拝しようとしても、神風は吹かない。出雲大社にも、である。

 神社神道という古代のカルト教団が、秋の祭りで踊っても、日本列島も国際社会も動くことはない。断言できる。

「米英戦争は自衛のため」と言い繕う安倍だが、そこに至る過程に朝鮮半島の植民地政策と中国侵略が深く関係していた。太平洋戦争のみを引き抜いて、手前みそを並べ立てても、ニューヨークの国連では通用しない。

 過去を正当化しようとする国家・国粋主義が、日本列島を完全支配することは困難であろう。

<戦争神社・靖国参拝NO>

 神社神道は一宗教法人にすぎない。その大元が伊勢や出雲、そして靖国であるのであろうが、これらを戦前のように国教として、再び天皇を神・国家元首に祀り上げることは、隣国だけでなく国際社会が許さない。

 21世紀の世界は地球規模で動いている。人々が経済活動を繰り広げて、人類は生存している。1国で生きられないグローバル世界なのだ。

 「原発保有の目的は核武装にある」ことは、既に大っぴらに認識されている。これほど危険で高価なものは、この地球上に存在しない。菅直人や小泉純一郎でさえも「原発ゼロ」を主張している。日本は1000兆円の借財と福島で、全く先は見えなくなっている。いくら安倍が「平和」を連発して、核武装化の道を開こうとしても、底は割れている。

  靖国参拝は過去を正当化するシンボルとなっているが、それに対してケリー米国務長官とヘーゲル国防長官は共に揃って、非宗教的な千鳥ヶ淵墓苑を参拝して、靖国NOを行動で示したばかりだ。

 戦争神社への参拝は、国際社会もNOと断じている。秋の例大祭の安倍参拝に隣国は警戒しているが、極右政権のこうした体質と対応が、中韓米の精神的結びつきを強めている。

<北朝鮮の核NO>

 米中韓は共に北朝鮮の核保有に反対している。この面で中韓は連携を強めている。結果的に南北朝鮮問題の解決に糸口を作り出していることでもある。

 拉致被害者の全面解決にも有益であろう。日朝国交正常化も具体化するだろう。期待したい。

 日本に「米国の核の傘はいらない」という真っ当な政府が誕生すれば、世界の全ての核保有国に核廃絶の運動を展開することが出来る。道義国家日本も夢ではない。

<経済連携>

 中韓連携は、双方の経済活動に大きく貢献することも出来るだろう。政治的な結びつきは、経済活動をより活発化させることになる。中韓FTAに拍車をかけることになろう。

 孤立化する財閥傀儡の国家主義政権に対して、当然、主権者は目を覚ますことになろう。公明党が連立離反も想定される。公明離反の自民党は、両手両足を切り取られたダルマである。

 中韓蜜月・米中韓連携は、日本政治の根幹を揺さぶることになろう。国家主義と結びついている財閥の変身も期待できるかもしれない。その時が日本の真の改造なのだ。

2013年10月8日9時55分記

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP