飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

時鳥(ほととぎす) ときに父鳥 けたたまし  飯山一郎  2012/10/12

時鳥(ほととぎす) ときに父鳥 けたたまし  飯山一郎

時鳥(ほととぎす)の父鳥が時々けたたましく鳴くことがあるが…、あれは子供たちに警鐘を鳴らす場合か、叱っている時である。…という意味が上の俳句には含まれている。今の『文殊菩薩』の状態を謳った句でもある。(^^)

さて、『文殊菩薩(ブログ版)』は、編集長(明るく憂える者)が自由に書き散らしてきたブログであったが、所詮は他人様のブログの文章をコピペしてきただけ!というのが実態だ。このコピペの過程での選択基準は、編集長の「好み」だけ! そこには確固とした思想や哲学は全くなかった。

しいていえば権力や強者に対する感情的な反発心敵愾心はあった。この反権力・反体制派的な心情は、猪突に似て中々たくましくも獰猛なモノであった。いちおうの評価はしたい。

ただし徳洲会問題では、編集長は大きな錯覚に陥った。
検察&マスコミという日本で最も悪質な勢力による弾圧事件! しかも米国TPP資本に巨大病院チェーンをツブしてから捧げる目論見もある事件を、「悪質な徳洲会勢力を叩くのだ!」と、マスコミ・検察と一緒になって、些細な選挙違反を大問題にして大叩きする大馬鹿ぶり。

そこで鷲は、ホトトギスの親鳥のように警鐘を鳴らしたワケだ。

あと、『太古水』、『ハマッキー(葉巻型UFO)の大船団が日本を救う!』などなど、父鳥としてはヒナ鳥を叱らざるをえないん蛇夜。

前から、飯山一郎の思想哲学とは全く矛盾する記事が多すぎる!という指摘を、鷲はそれこそ大勢の方々から受けてきたが…、今後は、鷲が「編集局長」としてココを見張る。駄目だと鷲が判断する記事は削除する。

んで、ときどきは、ココにも色々な雑感を書こう! と思っている。
題して「ホトトギス雑評」。ご愛読のほど、衷心より願い上げる次第。

           2013/10/12         飯山一郎九拝

コメントの投稿

非公開コメント

悪は執拗に湧いてくる

偉そうなことは言えません、過去二回詐欺られて、大メディアはまったく信用できず、
真実なる情報を求めてネット検索、文殊菩薩は飯山師が係わっているからと訪ねる
ことが多いのですが、これを読むまでは無警戒でした。
真と偽見極めることの難しさ改めて感じているところです、狂気の世の中ですから
狂と戦うフリをして善人を騙す手法、あまりにも卑怯卑劣です、しかし悪はそのこころ
の隙を狙ってありとあらゆる機会に入り込んでくるでしょう善人のフリをして。自分の
こころの内側の邪悪さこそみつめていかなければと反省です、これからも宜しくお願
いいたします。

No title

読者の意見を聞いていただけませんか。?= 賛成ですね。

>>>言論の自由と裏腹な一個人の思考原理としての個々人の成人するまでの教育環境の違い(運命的限界)。

>>>検閲の真意<<<

>>>ネット投票にかけるのは大変良い考えだと思います。

読者の意見を聞いていただけませんか。

読者に問いかけてみてはいかがですか。
どちらに賛同するか、ネット投票です。

私としては「てげてげ」は飯山さんの思うままに、こちらは飯山さんのフィルターを通さない、いろいろな記事を載せていただければと思うのですが。

それを受け入れるか受け入れないかは読者の感性に任せます。
こちらの読者は「てげてげ」も合わせて呼んでいると思いますので、飯山さんのご意見は「てげてげ」でじゅうぶん伝わると思います。

投票はもちろん不正無しで。


文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP