飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

旧ソ連ですら原発事故の直後には千数百台のバスを連ね子供を救出した。日本は…、暗黒国家というほかない。響堂雪乃 2013/10/18

hitori
【飯山一郎のコメント】:「世界の中で日本が置かれた状況、そして今の日本の実態とその先に見える近未来。これを驚くべき正確さで認識している人物がいる。その筆頭は響堂雪乃氏だ。響堂雪乃氏の文章は難解だ。」と私は書いた。(その記事)

しかし、いくら文章が難解であっても、響堂雪乃氏の文章は懸命に(=命を懸けて)読むべきである。
なぜならば、私たちが、いま、この国の中で生き残り、生き延びていくためには、世界の中で日本が置かれた状況、そして今の日本の実態とその先に見える近未来…、これを出来うる限り正確に認識したうえで、対処していかねばならないからである。

きょうの土曜日。響堂雪乃氏が乾坤一擲の覚悟で記した以下の文章、今回のは難文ではなく読みやすい。かりに難文だと思っても、どうか懸命に(=命を懸けて)読んで欲しい。

近く、秘密保全法が施工されれた晩(暁ではない)に、響堂雪乃氏はネットから消え去る覚悟を固めているようである。時間は残り少ない。私も何回でも何度でもも熟読しようと思う。懸命に。(飯山一郎)

考えてみればメチャクチャな話だ。

無軌道な原発行政が破滅的な事故を引き起こし、そこら中が放射能だらけとなり財産権も生存権も破壊されているのだが、賠償を回避したい国家は核による健康被害などないのだと居直り、原発マネーに浸潤された裁判機関は加害者の瑕疵を認めず法体系すら瓦解し、児童の被曝が累積しているにもかかわらず行政はカネがないからと避難を拒絶しつつ、有責者である文科省や経産省の役人は変わらず高額給与が支給されているのであり、ついにそのような欺瞞が隠し切れなくなったことから言論弾圧法を施行するというのである。

ソルジェニーツィンの記録文学「収容所群島」には、当時のソ連で反革命分子という冤罪をでっち上げられた人々が各地の収容所に送られ、どれほど惨い拷問や強制労働の犠牲になったのか克明に記されている。
共産主義体制における市民生活はそのような奴隷階級の生産によって担保されていたのであり、結局のところ古代ローマも市場原理主義が席捲する近代国家も、人間の家財化つまり家畜化によって成立する図式に変わりがないのかもしれない。

ニホンの歴史においては野蛮な奴隷制度など存在しなかったというが、朝貢外交の記録によると献上目録には奴隷が記されているし、平安や鎌倉など中世においては奴婢や下人が公然であるとおり、市場取引されていたことは皆様もご存知だろう。公娼制度が明治に廃止されたというのも建前であり、自分の親類などは60年代頃まで置屋を経営し、さらには四国の貧農世帯から女性を引き受け、その斡旋を生業としていた。

人間の売り買い禁止とはごく近年の民主的獲得物なのであり、奴隷制や従軍慰安婦の存在を認めない者達の頑迷とは「エスノ・セントリズム」(自民族だけが特別に潔白かつ優秀であるという思想)の産物に過ぎない。

人間は普遍本質としてヒエラルキーを欲望し、抑圧衝動を孕む生き物だと捉えなくてはならないのであり、換言するならば我々は自己利益のために‘けだもの化’するのだ。

国家は福島原発の作業員の献身により首の皮一枚で存続している状態なのだが、そのように生命を賭している方々は報われることもなく、低賃金で危険な作業を強いられたうえ医療保障すら適用されず、文字通り使い捨てにされるわけだ。すなわち2万円にも満たない日給が生命の値段であり、ニホンにおける人間の市場価格である。

超絶のブレアクレズム(官僚統制主義)により独裁政治を貫いた旧ソ連ですら、原発事故の直後には千数百台のバスを連ね子供を救出し、疎開地では安全な食物を優先的に供給し、リグビダートル(復旧作業員)には恒久的な医療保障を施したのだから、我々の体系がどれほどの暗黒国家であるのかもはや説明するまでもない。

このように原発事故は生命のデフレをもたらし、人間が限りなく低廉化し市場取引される社会を現出させたのだけれど、未だ国民の99.9%は進行する事態の理解すら覚束ないわけだ。

かつて辺見庸はこのような状況を「イナーシア」(inertia=物理学用語における「慣性」)と表現したのだが、要約すれば「思考作業を代行して、ある現象を観念化し、言語化してやらなければ、大衆は何も理解できない」ということだ。「イナーシア」は怠惰という意味も有するのだけれど、結局のところメディアにより国民知性が根源的に無化され、分析的思考の一切が破壊されているということなのだと思う。

おそらく知性とともに人間の基本感情すら破壊されているのであり、線量バッヂを首からぶら下げ通学する東北の子供たちの写真などが公然と配信されながら、そのような不条理に馬鹿野郎!とも、ふざけるな!とも怒りを言挙げすることもないのであり、もはやタナトロジー(生死を深く考える枠組み)が成立し得ないほど、凄まじい精神劣化が進行しているのではないだろうか。

この時代ほど国家知性が問われる時代はないのだけれど、文学者も哲学者も宗教者も学識者も教育者も一斉に口を閉ざすのであり、むしろ積極的に加害行為へ加担するのであり、それは共謀関係というトポロジー(連関構造)の露呈であり、知識層による壮大な自己検閲と言えるだろう。

結局のところ破滅の回避にむけ必死で情報発信しているのは普通の主婦であり、中小企業のオヤジであり、定年退職者であり、疲れたサラリーマンであり、まったく市井の人々なのであり、つまりニホンの文化資源の全面敗退なのである。

これまでさんざんクロード・レヴィ・ストロースの敬愛者を自称してきた内田樹もまた、児童の被曝という問題については頑なに口を閉ざすのだけれど、そもそもレヴィはホロコースト・サバイバー(ナチ収容所の生き残り)である。

本来的には内田氏のような人物こそ被災地で展開される構造的暴力を論じるべきなのだが、やはり「実利は思想を超越する」のであり、「大人の事情」なのであり、結局彼もまた「メディアの内側にいる人間」であり、それは国家暴力の前において人間知性など全く無力であるという証左なのかもしれない。

この国の「権威」とはマスメディアの露出によって担保されるのだし、反原発だの児童の被曝だのに言及した瞬間からおおよそ全ての媒体から排除され、公演や出版の依頼も激減するだろうし、職すらも奪われるのだから心情的には理解できるのだけれども、そもそも国家が存続しなければカネを得ることすらできないのであり、今声を上げなければ未来永劫に声を上げる機会などないだろう。

いよいよ秘密保全法が国会審議に入り、時代は暴力的転換点に立ち、自由言論は終焉を迎えようとしているのだが、残された時間の中で可能な限りを綴り、そのいくばくかを皆様に共有して頂きつつ、自分という現象の残響をキャッシュに留めておきたいと思う。

バラモンの聖典が教えるように「言葉のなかに全ての創造物が生きる」のであり、言葉だけが未来の手がかりなのだ。 (原典)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>勘違い、捕捉などあったらご指摘ください。

コピペして何が楽しいの?鬱陶しいんですけど。
文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP