飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

『借金は「帰」さない? 漱石の誤字に隠れた意図』  (日本経済新聞)

日経新聞
『日本経済新聞』 2013/10/30

【飯山一郎のコメント】
いわゆるジャパンハンドラー(日本を実質的に支配する米国勢力)と連携していることを明確にしている(手羽先)『日本経済新聞』だが…、ひとりひとりの記者の知的レベルは非常に高い。
それは以下の記事を読めば分かる。
漱石の漢字の使い方の奥深さが分かる。
漢字文化を変則的に取り入れた日本語文化の深遠な構造も、分かる。

借金は「帰」さない? 漱石の誤字に隠れた意図

 季節は読書の秋。校閲の仕事をはじめて2年だが、最近では、目にするものすべてに誤字脱字がないか探す“職業病”がすっかり身についてしまった。最近読んだ本から見つけた「誤字」はこちら。「商買(商売)」「借す(貸す)」「辛防(辛抱)」「引き起し(引き越し)」「専問(専門)」。実はこれ、すべて夏目漱石の小説「坊っちゃん」の直筆原稿の中から見つけたもの。「漱石は書き損じが多い」という話は一部では有名なようだが、すべて単なる書き損じなのだろうか?

■直筆原稿に「誤字」散見

校正された上で出版されている岩波文庫の「坊っちゃん」(右)と、漱石の直筆原稿の画像で構成された集英社新書ヴィジュアル版の「直筆で読む『坊っちゃん』」
 「坊っちゃん」は、「親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている」主人公の坊っちゃんが、四国の旧制中学に教師として赴任。そこで展開される生活を描いた作品だ。小中学校時代に読んだことのある人も多いだろう。

 漱石の直筆原稿の画像で構成された集英社新書ヴィジュアル版「直筆で読む『坊っちゃん』」を見ると、現在の一般的な表記では誤字とされる表記がある。例えば、坊っちゃんに育ての親ともいうべき下女の清がお金をくれる場面。清からもらった3円を回想して次のように述べている。(以下、〈 〉で示した強調はすべて記者による)

 「この三円は何に使ったか忘れてしまった。今に〈帰〉すよといったぎり、〈帰〉さない。今となっては十倍にして〈帰〉してやりたくても〈帰〉せない」

 漢字の使い分けは、新聞社や出版社が発行する用語辞典を見るのが分かりやすい。共同通信社が発行している「記者ハンドブック 新聞用字用語集」によると、「帰」は主に人に対して、「返」は主に事物に対して使う言葉。この場面では、返すのはお金なので、「帰」では不適切。「返」を使うのが順当のはず。一見、「誤字なのかな」と思ってしまいそうだ。

■意図的に使い分け?

 記者がよく目にする同音異義語・同訓異字タイプの誤字は、ワープロ変換ミスによるものが多い。だが漱石の時代にはもちろんワープロなどない。しかも、漱石の表記の使い分けをよく見ると、彼なりに一定のルールに基づいているものもあるようだ。「帰」と「返」にしても、漱石は自分なりに使い分けていたフシがある。

 次の文章では、坊っちゃんが同僚教師の山嵐から借りた1銭5厘を、清から借りた3円と比べて物思いにふけるシーン。ここを読むと、漱石の「帰」と「返」の使い分けがはっきりする。

 「あした学校へ行ったら、一銭五厘〈返〉して置こう。おれは清から三円借りている。その三円は五年経った今日までまだ〈帰〉さない。〈返〉せないんじゃない、〈帰〉さないんだ。清は今に〈帰〉すだろうなどと、かりそめにもおれの懐中をあてにはしていない。おれも今に〈帰〉そうなどと他人がましい義理立てはしないつもりだ。こっちがこんな心配をすればするほど清の心を疑ぐるようなもので、清の美しい心にけちを付けると同じ事になる。〈帰〉さないのは清を踏みつけるのじゃない、清をおれの片破れと思うからだ」
夏目漱石作品に登場する“誤字”や当て字
作品中の表記現在の一般的表記は…
商買商売
借す貸す
辛防辛抱
引き起し引き越し
専問専門
口を聞く口を利く
蚊弱いか弱い
寸断寸断ずたずた
迷子迷子まごまご
偽病仮病
森としいんと
派出派手
(注)上の5つは「坊っちゃん」の直筆原稿の表記。それ以外は漱石の他作品で校正後も残っている表記。
 これきりの短文なのに、「帰」と「返」が混在している。確かに、単なる誤字として片付けるのは少し無理があるような気がする。

 漱石など日本文学の校訂研究で知られる山下浩の著書「本文の生態学―漱石・鴎外・芥川」(日本エディタースクール出版部)によると、この「誤字」は明らかに漱石なりの意図に基づいた使い分けだという。

 読み解くヒントは末尾にある「清をおれの片破れと思うからだ」の一文。坊っちゃんにとって、清から借りた3円は清の分身にひとしい「片破れ」なのだ。だから、物のように「返す」といわず、人のように「帰す」を使いたかった。山嵐から借りた1銭5厘と、清から借りた3円が、坊っちゃんの中で明確に区別されており、だからわざと「帰」と書いたのではないか、というのだ。

■文庫本は「修正」済み

 同書は、他にもこの種の含みのある漱石の「誤字」をいくつか指摘している。例えば、「誤楽(娯楽)」という言葉。坊っちゃんが娯楽という言葉を口にするときは、漱石は必ず「誤楽」と書く。坊っちゃんが気取り屋の教頭、赤シャツを皮肉ったり批判したりするときにだけ使われる言葉だ。

 「すると赤シャツがまた口を出した。『元来中学の教師なぞは社会の上流に位するものだからして、単に物質的の快楽ばかり求めるべきものでない。(中略)何でも高尚な精神的〈誤楽〉を求めなくってはいけない……』(中略)あんまり腹が立ったから『マドンナに逢うのも精神的〈誤楽〉ですか』と聞いてやった」

 赤シャツの「誤楽」を鼻で笑う坊っちゃんの姿が目に浮かぶようだ。もとの文章の中で改めて読んでみると、「娯」をわざと「誤」にすることで、痛烈な皮肉を表現する、漱石流のウイットだったとも思えてくる。

 詳細に「誤字」を見ていくと、「あえて普通とは違う漢字を使っているのではないか?」という可能性が頭をもたげてくる。ところが、岩波文庫版「坊っちゃん」をはじめとした各種文庫では、「帰」は「返」に、「誤楽」は「娯楽」に校正されている。書店に並んでいる数種類の文庫を開いて見てみたが、漱石の直筆原稿を生かしてこれらの誤字を残したままにしているものは、記者が探した限り見つからなかった。

■「誤字」に込められた意図

 誤字だけではない。坊っちゃんには「赤シャツ」が1カ所だけ「赤しゃつ」と平仮名書きになっている箇所があるのだが、ここも各種文庫では「赤シャツ」と片仮名に校正されている。ところが、「赤しゃつ」と平仮名書きされているただ1カ所というのは、主人公の坊っちゃんが、無学で平仮名しか書けない「清」に宛てた手紙の中なのだ。

 「坊っちゃん」が雑誌「ホトトギス」に掲載されたのは1906年(明治39年)のこと。日本初の近代的国語辞典として知られる「言海」が刊行されたのは1891年なので、わずか15年後ということになる。

 辞書はいわば日本語の規範を示した書物。例えば「帰」と「返」の使い分けは、「言海」をはじめとするどの辞書にも載っている。しかし「言海」が刊行されてさほど時間がたっていなかったころは、「文章のプロ」である作家たちの間でも、日本語の規範に沿おうという意識がまだ薄かったのかもしれない。

 辞書的な規範にとらわれない表記には、作家の自由な発想が潜んでいることもある。明治・大正時代よりも厳格な言葉のルールに慣れ親しんでいる現代人には誤字と思える表記も、実は作家による「計算ずくの誤字」である可能性もある。文学作品に現代人の感覚でむやみに校正を入れると、むしろ改悪になっ てしまう恐れもあるわけだ。ただ、どこまでが「計算ずくの誤字」で、どこからが書き損じなのか。それを見極めるのはとても難しい。

 この季節、秋風にさそわれて読書にふける人も多いはず。「誤字」の数々に秘められた意図を推察しながら、改めて漱石作品を読み返してみるのも面白いだろう。=敬称略

(山本紗世)

コメントの投稿

非公開コメント

言拓時代、今も?

手書き原稿がそうだったとは!面白い、いえ“面黒い”記事御紹介有難う御座居〼。「誤楽」とは罵倒痛快です。が、ふと気付いたのですが、「娯」楽は女あそびのことでしょうか。対して言偏の「誤楽」とは、譬えば阿米ソーリの批判を誤字変換遣らかしながら書き込むコトだったりして・・・。原発事故後の人口減少の今日なれば女偏の娯楽の方がいいのか?・・・ヤッパシ。??


(漱石の文章をこどものころ読まされると、見慣れぬ漢字の多さと言い回しの難しさに、辟易させられて・・・、でも覚えたのがヘキエキでした。
参議院選挙に全国区で田中派から(世界とアジア平和?)立候補したのが、かつて満洲娘だと売り出された過去の李香蘭、そのヒット作の東宝映画「白蘭の歌」の原作者は久米正雄で、漱石の弟子だったとか最近知りました。政府軍産新聞社の造りだす満洲「ブーム」、そこに小説家ともども、無名の李香蘭が抜擢された。人気作家が満洲に呼ばれて満洲舞台の小説を新聞に書く企画を風呂筋肉(プロモート)した人たちがいた昭和十年代初期。

満洲の、あの山かげにも川辺にも尊き血潮が染みてゐる、露西亜軍と戦って倒れた日本の若者の血潮が、という(これは米国・米軍が今でも「米国の若者の尊い血の代償で得た土地」だと日本韓国に対して主張するのと同じ言辞だけど)・・・その血潮の中に咲いた香しき花・興亜に目覚めた満人娘と、不況の日本から興亜のために満洲へカイタクで一旗揚げようと来た若者が
https://www.youtube.com/watch?v=RTcUBS2At7c
恋をするという新聞連載の興亜小説だ。へ~漱石の弟子がね~と思ったら漱石も満洲について、招待されて紀行文を書いていた。胃潰瘍の吐血の回復を待って満洲旅行をすることになった。頼まれてよほど断われなかったらしい。シナ人の苦力(クーリー)の服が自分に触れたのをひどく気にしたり、あちこち差別語をチリばめたりして日本人が近代産業を興す満洲を、案内されて書いている。
203高地に資料館があってガラスのケースの中に、漱石は、西洋人の女の靴の片足をみつけてしまってそれが気になった。大陸で日本人が企業を起こしては興亜興亜と言っていた時代、どんな人種がえばっていたのかも垣間見せてくれ、時代の“噴霧器”そのままに読者をばタイムスリップさせるのは、サスガ文豪だが。
文豪を満洲に呼んで満洲発展の興亜紀行文を書かせる企画、よほど謝絶できぬスジからのものだったのだろう。漱石の後期の随筆には胃弱胃痛の話が随所にあるのに。原発に招待して地球温暖化や最新科学技術物語を書かせる【広告代理店筋書】みたいなもんだったのかしらん。漱石は帰国して暫くして亡くなった。胃潰瘍の胃穿孔出血だったらしい。

漱石が初期のころ漢字一つカタカナひとつ意味込め意味込め気にしながら敢えて書き分けていたとは、拘り細やかな新進の息遣いを感じます。
満洲自体の最期は、阿米の祖父の利権の根源と関東軍の醜態と、ここに言うまでもなく、あのザマでした。
文字ひとつ大事にしていた御話を読ませて戴いて、新事実によろこび、つい長くなり、御免なさい。)



No title

日経記者、山本沙世さんってこの名前から女性?、出版にあたり関係者は何度も
確認するでしょうが、それでもなおかつ出版されている。
107年のときを経て文豪のこころの余裕に想いは馳せる。
文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP