fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

朝、陽が登ったらカーテンあけて、窓あけて、せいせいと陽の光を浴びれば、鬱病は治ります。さらに、昼間はパンツ一丁で日光浴1時間。これでほとんどの鬱病は治ります。

netguelira

うつ病は日光浴で治せ

野次馬 (2013年10月10日)

飯山翁も書いていたが、朝、陽が登ったらカーテンあけて、窓あけて、せいせいと陽の光を浴びれば、鬱病は治ります。オマジナイとかそういうんじゃない。おいら、精神病関係の本はずいぶん読んだが、鬱病の効果的な治療法で「陽の光を浴びさせる」というのがちゃんとある。カネにならないので、病院ではやってくれないw 医者が儲からない、カネにならない治療法は、いくら効果的でも普及しない。まぁ、一銭もかからないので、騙されたと思ってぜひ、やってみて下さい。「起きられない」「起きる気力がない」という人も、家族の助力でやってみて。昔は大家族で個室もなかったので、いつまでもグズグズ寝てる事なんか出来なかった。朝になれば、強引に布団剥がされて、明るくなってしまう。今は、カーテン閉めて個室にこもっていれば、24時間、同じ環境。それでは生体リズムが狂ってしまう。朝になったら、カーテンあけて、布団ひっぺがして、蹴飛ばしてでも叩き起こせ。新型鬱なんか、いっぺんに治ります。 (記事)


船瀬本

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP