飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

万病のもと“口呼吸” 「口呼吸は、風邪や慢性疲労から、アレルギー性鼻炎、花粉症などの免疫疾患から、うつ病、がんなどあらゆる病気の要因となる、まさに万病のもとだといえます」 (女性自身)

jjlogo.jpg
万病のもと“口呼吸”
子供に増加の理由は離乳食

女性自身 10月25日(金)  他の記事:『魚の産地偽装

女性自身「口呼吸は、風邪や慢性疲労から、アレルギー性鼻炎、花粉症などの免疫疾患から、うつ病、がんなどあらゆる病気の要因となる、まさに万病のもとだといえます」

 こう語るのは『顔と口腔の医学』西原研究所所長の西原克成先生だ。最近、日本の子供に口呼吸が増えているといわれている。その理由を教えてくれた。
 
「日本人に口呼吸が多い理由は、離乳食が早すぎて口呼吸の癖が形成されることです。WHOでは2歳半まで母乳をすすめていますが、日本では5カ月くらいから離乳食を推奨しています。しかし2歳半まではお乳を吸うための歯なので無理やり食べさせれば十分に咀嚼できず、丸飲みするしかないので必然的に口呼吸になります」

 口呼吸の癖をつけないために、ほとんどの先進国では3~4歳までおしゃぶりをさせているという。日本では1歳ぐらいでおしゃぶりをやめるのが通例だ。

「おしゃぶりに関してはいろいろな意見がありますが、4~5歳までちゃんと使えば、歯並びもきれいになり、歯列矯正の必要もなくなるでしょう。口呼吸の習慣を直すには、食事中は口をきちっと閉じ、クチャクチャ音を立てないよう、鼻で呼吸しながらゆっくりよくかむように教えることです。呼吸法や寝相も大切です」

 子供の口呼吸は、歯並びが悪くなり、便秘、冷え性、頭痛などの症状も。大人なら、肌荒れ、しみ、しわ、むくみなど美容にも大きな影響が出てくるという。鼻呼吸は酸素が体の中にたくさんとり入れられるので、脳の働きもよくなり頭がスッキリして、健康増進にもつながるそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP