飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

『軽自動車税1万円超に引き上げ 政府、与党が検討」 『東京新聞』  政府・与党は庶民の敵! だが,庶民には対抗手段がない.

東京新聞
 『東京新聞』(2013年12月5日 08時28分) 

政府・与党は庶民の敵! だが,庶民には対抗手段がない.(飯山一郎)

軽自動車税1万円超に引き上げ 政府、与党が検討

 政府、与党は5日、地方の財源となっている軽自動車税の税額を、消費税率が10%に上がる2015年10月に合わせて現在の1・5倍または2倍に引き上げ、年1万円超とする方向で検討に入った。
(共同)

コメントの投稿

非公開コメント

クソくらえ! 軽自動車税0円課税だぜ!!

庶民に対抗手段が無い?
バカもんが!

地方税法454条をよく見ろ!

地方税法第454条(軽自動車税の減免)
市町村長は、天災その他特別の事情がある場合において軽自動車税の減免を必要とすると認める者、貧困に因り生活のため公私の扶助を受ける者その他特別の事情がある者に限り、当該市町村の条例の定めるところにより、軽自動車税を減免することができる。

要するに、天災・身障者、生活困窮者が本来は地方税法による減免対象なんです。
しかし、生活困窮者への減免を積極的に条例に盛り込んでこなかったんです。
なぜそうなったかは調べたけど、わからなかった。
一方、同717条では国民健康保険税ほかの減免があり、これを条例化している自治体は多く、現在、ハローワークで減免の窓口を設けている。

行政の怠慢なのかは不明だが、今まで条例化していれば、当然恩恵を受ける方もいただろう。
しかも、軽自動車税を滞納すると、年利14%という、武富士みたいな金利まで払わねばならんのだ。

今、民間では派遣が主流であり、同じ内容の仕事でも正社員給与の3割減がまかり通るにもかかわらず、公務員給与は5%削減すら行わず、税金も変わらぬままと言うなら、庶民の足=軽自動車税を0円課税にしろと言いたい。

0円課税計画案では、まず条例で課税額を現行の10万分の1とし、100円以下は切り捨てとする旨を明記する(実質0円課税)。次いで、納税証明書(現行1年間有効)を一部につき2000円とする。また、一時的な予算処置として、公務員給与の5%削減とする(多くの自治体で試算した結果、軽自動車税は自治体正職員給与の5%程度が殆ど)。

つまり、1年間1万円余の2年分=2万円余を0円とする代わりに、2年後の車検に必要な納税証明書を2000円にするから、実質9割引きなわけです。

政府による軽自動車税1万円余への増税と共に先の計画を当該自治体が発表すれば、間違いなく、雪崩を打って当該自治体への変更届の為に住民票を取りに集中するわけでして、昨年実績で軽自・中古は400万台販売ですから、その1%が集中するとして、一部・300~400円の住民票が4万人分=1200万円~1600万円の増収、そして、2年後には2000円の納税証明書が4万人分=8000万円の増収となり、これが、その後も自治体の事務能力に応じて続くから、数億の増収も可能なわけです。

軽自動車税減税で地方交付税は若干減りますが、先の数億の増収分を当該自治体の全世帯へ定額給付し、税金にも食費にも使える金にすれば、冷え込んだ田舎の経済を少しでも潤すこととなるのではなかろうか。

ふるさと納税でもそうだが、都市圏へ若い労働人口が流れ続け、既に、税金を負担する人の取り合い奪い合いが現実不可避となっているのだ。

アメリカの言うがままになんでもやろうという政府に、コイツでブン殴ってやろうじやないか!!

田舎をなめんな、バカ政府!!

No title

先生、★阿修羅♪でこのような記事を見つけたのですが、

播磨屋おかきのトレーラーが凄まじい事に!「真性のバカか安倍晋三」「警察及び自衛隊へ国賊政府の用心棒か」

播磨屋助次郎さんのHPでのコラムや論文がとても興味深かったので、
先生も一読してみて下さい。
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP