飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

『不撓不屈の精神』 (飯山一郎)

天皇陛下御鍛錬の日々
砂浜を懸命に歩かれる天皇皇后両陛下。
重篤な心臓病からの驚異の回復ぶりは不撓不屈の神技である。


日本国は、いま、「国体」と「政体」が完全に分裂している。
「政体」は原発収束を言い、危険な地域への死の帰郷をすすめている。
いっぽう、「国体」を慮る(おもんぱかる)側は、原発事故の危機は去って
いない、帰郷は放射能の問題を克服してからである! とし、国民の命と健康の維持に心を配っている。
このように双方の見解は真逆である。
「国体」と「政体」がこれほどの亀裂を見せたのは、後醍醐天皇による『建武の中興』以来だろう。

おもえば、後醍醐天皇ほど「政体」とは真逆の政(まつりごと)を目指した
天皇は珍しい。

後醍醐天皇の政治は特異というよりも小沢一郎顔負けの過激さだった。
官僚主導から天皇親政へ』 というマニフェストは、高級官僚の特権をすべて剥奪するという内容だった。
具体的には、古代以来の議政官会議を解体し、官位制と家格の序列を破壊し、「職の体系」も全面的に否定してしまった。

そうして、行政執行権の総体を天皇が直接的に掌握するという「革命」を一時的にせよ成功させてしまったのである。
この成功は、南北朝合一まで60年もの間、南朝の人々を縛り続けた…。

後醍醐天皇による『建武の新政』の成功は、ひとえに天皇の不撓不屈の精神と、柔軟な奇略(謀略)にあるとされる。

しかし、14世紀の激動する社会変動、とくに「国体(天皇制)の危機」を後醍醐天皇が敏感に感じとったことが『建武の中興』の主因であろう。

ところで…、
本年3月11日の追悼式以来、『天皇陛下の御言葉』(於:追悼式)を読むたびに、鷲は、おそれおおいことではあるが、今上陛下と後醍醐天皇の不撓不屈の精神に、どこか相似性があるやに思えてならない…。

心臓病なんぞに負けてはいられない!
重篤な心臓病を 不撓不屈の精神で克服される今上陛下の御真影を拝むたびに、鷲の心には勇気と希望が湧いてくる…。

コメントの投稿

非公開コメント

憲法ー自己援用

【解説 NO.0001-2(自己援用)】●不文憲法(国体法)>帝国憲法(現存有効)>講和条約「日本国憲法」(のみ有効)>法律>命令 【「日本国憲法」は憲法として無効】 上記、故に確認宣言や決議をして認識を切り替え現行法秩序のまま移行後、下位の講和条約「日本国憲法」を形式的に関係国へ破棄通告申す。H.25.12.24 PM9:00 ありがたく存じ奉り候。【at Mr.野州】

天皇府

解説 No.0005-1】◆天皇府に最重要である、外交外務司(軍事・外務・通商)を座す。 ・現外務省は実専内務とす。・外交外務司の忠臣は、相互推薦とし、まず百名、且つ中から十名を皇忠臣とし、然るべき奏功の後、勅命を賜り、関係外務に御下命す。百名の継続安定発展維持を計るべく、常時優れた市井の者を、天皇府に招聘し然るべく相応しい其の座を与える。H.25.12.24 PM8:41 ありがたく存じ奉り候。 【at Mr.野州】
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP