飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

2014年はどんな年になるのか。ハッキリしているのは、安倍反動政権が世界で孤立していくことだ。政権の権威を守るためにますます、強権的になり、グロテスクになっていく予感がする。 (日刊ゲンダイ)


gendai1.gif
【2014年午年はこの国最大の岐路】
『日刊ゲンダイ』 2013年12月28日 掲載

加速するグローバル化時代に「国家」を前面に出す時代錯誤

「政権のの権威を守るためにますます、強権的になり、グロテスクになっていく予感がする。ナショナリズムなんて、政治のたわ言になっていく。」という『日刊ゲンダイ』の来年の予測は,非常に鋭い.鬼も笑えない. (飯山一郎)

 世界には危険な存在?/(C)日刊ゲンダイ
 2014年はどんな年になるのか。ハッキリしているのは、安倍反動政権が世界で孤立していくことだ。13年末の靖国参拝は言うに及ばず、グローバル化の時代に「国家」を前面に出すことがいかに時代錯誤か。もちろん、企業は勝手にグローバル化を推し進めていくのだろうが、そうなると、政治だけが取り残され、しかし、その権威を守るためにますます、強権的になり、グロテスクになっていく予感がする。

大体、グローバル化とは、「国」なんて関係なくなる世の中なのだ。すでにトヨタは40万人の社員のうち、日本にいるのは8万人だ。現地で従業員を雇い、現地で造り、現地で売る。安倍は中国を目の敵にしているが、ハイブリッド車なんか、各社とも開発段階から中国である。

近い将来、グローバル企業は英語だけでなく、フランス語とスペイン語も必須となり、社内では中国語や韓国語、ベトナム語まで飛び交うようになる。地球の裏側まで行かなければ、生き残れないし、ナショナリズムなんて、政治のたわ言になっていく。

 同志社大教授の浜矩子氏(国際経済学)が言う。

「確かに、日本企業はさまざまな国の人たちが混在する社会になるでしょうし、そうしなければ生き残れない。ただ、それがグローバル化の本質ではありません。真のグローバル化とは、誰もが、あらゆる国で起きていることに、リアルタイムで接する社会になることです。となると、どこの国の出来事でも、すぐに反応しなければいけなくなる。リーマン・ショックのとき、瞬時に日本の生産が4分の1にダウンした。そうしたことを想定し、対応しなければダメです。問われるのは、人間としての本質的な知性、理性、冷静さ、知識の深さ。いろんな国の習慣や風習を理解し、起こり得る状況を予測する。緊張感の高い時代になります」

 そんな人材はめったにいないから、多くの企業は当たり前のように40代、場合によっては30代の外国人社長を雇うようになる。中高年の非国際的なサラリーマンが生き残る道はほとんどない。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

要旨とは異なりますが、
>>近い将来、グローバル企業は英語だけでなく、フランス語と
>>スペイン語も必須となり、社内では中国語や韓国語、ベトナム語
>>まで飛び交うようになる。
本当にこうなるなら、自分的には狂喜です。なんたって、従米バカやっている日本人にとって、この状況は本来悪夢のはず。日本の支配階級のほとんどは外国語といえば、英語か中国語がほとんど。どんどん国民をいじめまくり、悪徳米国人の片棒を担いでグローバライゼーションを推進しまくり、自分は支配階級にい続けられると思いきや、英仏西語が必須となり、自分たちが不要な損わいとなるというわけで、実は自分の首を絞めているわけですから、これも抱腹絶倒です。なぜ狂喜なのかといえば、一応自分は英仏独を動かし、ラテン語も一年やりましたから、スペイン語へのシフトはまあまあ速やかにやれますし、中国語はかなり苦手だったのですが、アルクが作った教材のお陰で中国語の初級はなんとか通過できそうです。グローバル時代の人材育成は大学構内でも、やはり英語とフランス語の併用ですから、その部分だけを見るならば、自分にとってはいい時代かもしれないとは思います。
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP