飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

毎年3月にセシウムが急上昇 首都圏の“外出危険度”は? 『日刊ゲンダイ』

毎年3月になると、首都圏では放射線量が急上昇する。
これは、乾燥や巻き風のために大気中に浮遊する微細なホコリが急増するためだ。
だからといって、恐怖心にかられて逃げだすことはない。
寝室や居間に空気清浄機をもう一台置いて24時間運転し続ければ、放射性物質がついた微細なホコリの大半を空気清浄機が集塵してくれる。
すると室内の線量がガクンと下がる。これを私は『放射能ゼロ空間』と言ってきた。
この『放射能ゼロ空間』で眠り…、『放射能ゼロ空間』に一日に合計10~14時間ほど過ごせば…、体内被曝は防げるし、体細胞の回復力・自己修復力も高まる。
『放射能ゼロ空間』では深呼吸もできるし、安心感も広がる。恐怖や不安ストレスも急減する。
だっから、逃げちゃダメだ。
木下黄太ら「データ収集の扇動屋」が喜ぶだけだ。
この際だ、下をクリックして、安心マシーンをもう一台! 56%OFFだ!
(飯山一郎)

   



gendai1.gif
毎年3月にセシウムが急上昇
首都圏の“外出危険度”は?

『日刊ゲンダイ』 2014年3月13日 掲載

3up.jpg
3月が突出/(C)日刊ゲンダイ

 例年、この時期になると首都圏で放射線量が急上昇するというから、要注意だ。2011年3月の原発事故の直後、都内には8000ベクレル以上のセシウム134、137が降下した。あれから3年。現在、セシウム137の値は毎月1~2ベクレル程度で推移しているが、なぜか3月になると10~20倍に数値が跳ね上がるという。

 毎月、1平方メートル当たりにどれだけのセシウムが降ったかを測定・公表している「東京都健康安全研究センター」の担当者に聞いた。
「原発事故以降、3月になると放射性セシウムの降下量が増えます。はっきりした理由は分かりませんが、東京周辺の地表に残っているセシウムが土ぼこりなどに付着して大気中に舞い上がり、降雨や風で降下すると考えられます。今月はまだ測定結果を公表していませんが、恐らく今年の3月も数値は上がると予想されます」

■子供は土遊びを控えた方がいい

 昨年3月は、首都圏の空が煙霧で真っ黄色に染まった。この時季は雪解け後で地表が乾燥し、大気中に土ぼこりが舞い上がりやすいのだ。12年3月は18ベクレル、13年3月は42ベクレルのセシウム137の降下量が測定された。月40ベクレルだと、人体にどんな影響があるのか。元大阪市立大学大学院教授(環境政策論)の畑明郎氏がこう言う。

「“月5ベクレル以下なら安全”と唱える学者がいますが、これはまったく根拠のない俗説です。低レベル放射線の健康被害は分かっていないこともあり、まだまだ研究が必要ですが、<発がん物質に安全値はない>という説が世界では常識です。つまり、どんなに少なくても被曝量に応じて、発がんの影響があると考えられているのです。ですから、3月中の乾燥した日はマスクなどで予防した方がいいでしょう。幼い子供がいる家庭は、しばらく土遊びも控えた方がいいかもしれませんね」
 用心するに越したことはなさそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP