飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

『猪瀬氏の関係先捜索 東京地検 公選法違反容疑で』 ここにきて再度またガサ入れするなど事件化した背景には何があるのか?

日経

東京地検特捜部という機関は、米国謀略機関の支配下にあり、その役割は、“邪魔者”を冤罪にかけて政治的・社会的に抹殺するための捜査活動にある。
その手口は、先ず“邪魔者”の犯罪の一部をマスコミにリークして大々的に報道させ、社会的信用を毀損させることから開始する。

猪瀬直樹前東京都知事の場合、社会的信用を徹底的に毀損され、都知事を辞任させられ、オリンピック利権を放棄させられたので、東京地検(のバック)の「目的」は完了、刑事的な追求は停止されていた。

しかし、ここにきて再度またガサ入れするなど事件化した背景には何があるのか?

先ず、石原死んタロにお縄をかけることにより東京地検の信用と信頼をトリモロスということがあるだろう。

なかなか上手くいかない「徳洲会乗っ取り作戦」のダシに猪瀬を使う「必要」も、まだ残されている。

東京都に放棄させた五輪利権を巡って、政府・利権官僚の内部で争奪戦が激しくなって、その片方が東京地検にハッパをかけた、という情報もある。

別の片方が、マスゾエに「色気」を持たせ、マスゾエもウズウズしはじめた…。
「東京都はオリンピック利権をあさる資格はもー無いんだぞ!」という警告をこめた「猪瀬ガサ入れ」だという情報もある、

徳洲会、東京五輪。いずれも巨大な利権だ。巨大な利権の形成期には、東京地検が必ず動く。いや、(最高裁までが)動かされる…。

日本という国家は、そーゆー意味では、完璧なほどの警察国家なのだ。
角栄もそーだったが…、
小沢一郎だって、影の国家権力に掛かったら…、ひとたまりもない。
(飯山一郎)

猪瀬氏の関係先捜索 東京地検 公選法違反容疑で

『日本経済新聞』 2014/3/22 14:01

猪瀬 猪瀬直樹前東京都知事(67)が徳洲会側から5千万円を受け取っていた問題で、東京地検特捜部が22日までに、猪瀬氏の関係先を公職選挙法違反(虚偽記入)容疑で家宅捜索したことが関係者の話で分かった。選挙目的の資金受領を隠す意図で選挙運動費用収支報告書に記載しなかった疑いがあるとみている。

 猪瀬氏は都知事選前の2012年11月、徳田虎雄元徳洲会理事長(76)と面会。その後、虎雄氏の次男の徳田毅元衆院議員(42)=辞職=から5千万円を受け取った。現金は徳洲会が強制捜査を受けた直後の13年9月に返却された。

 猪瀬氏は「個人的な借り入れで選挙目的ではなかった」と釈明したが、昨年12月に辞任に追い込まれた。

 特捜部は公選法違反容疑などでの告発状を受理し、捜査を進めている。虎雄氏は特捜部の任意聴取などに「選挙資金という前提だった」などと話していることが分かっている。

 公選法は選挙運動の資金は選挙運動費用収支報告書に記載するよう出納責任者に義務付けている。候補者自身が受け取った場合でも出納責任者に知らせ、報告書に反映する必要がある。違反すると3年以下の禁錮などが科される可能性がある。

世界権力バラバラ事件
inose

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP