飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

ロシアを代表する国民画家イヴァン・シーシキンの伝記である。 シーシキンの「死に様」を知って、 「彼のように死にたい!」と思う老人は多いだろう。  (飯山一郎)

ロシアを代表する国民画家イヴァン・シーシキンの伝記である。
「彼のように死にたい!」と思う老人は多いだろう。

本稿にあるシーシキンの絵画は 「画像の拡大ボタン」のクリックすると巨大画像で見られます。
シーシキンの写実主義が如何に鍛えられた芸術なのか!をご堪能ください。
イヴァン・シーシキンに関連する他の記事。   (飯山一郎)



vr
『ロシアの声』 2013/09/10

画家イヴァン・シーシキン
森の王となった男

sisi
拡大

イヴァン・シーシキン。ロシアの自然に酔い、これを高らかに歌った画家。シーシキンの作品はこんにちでも、美術館でもオークション・ハウス「サザビース」でも大きな感動を呼んでいる。シーシキンの絵の「松の森の朝」は、ソ連時代、一番おいしいと言われたチョコレート・キャンディーの「がにまたのこぐまちゃん」の包み紙にも印刷されていたほどだ。


拡大
イヴァン・シーシキン
シーシキンは1832年カマ川のほとりにあるエラブーガという町で生まれた。生家は現在シーシキン家博物館となっている。シーシキンは幼い頃から絵を描くことに熱中したが学業のほうは振るわず、4年間中学校に通っただけにとどまった。父は裕福な商人で息子を商いの道にいざなおうとしたが、これもうまくいかなかった。商売の極意を極めるよりも、ヴァーニャ少年は絵筆と絵の具を持つほうを好んだからだ。「薄のろ」と近所の人たちは馬鹿にしたが、父は息子の本当の使命を理解し、20歳になったとき、芸術の本を買い与えると、絵画学校に入学するためモスクワ行きを許した。モスクワのきらめく生活に田舎から出てきた若者はめまいを覚えたが、それでも大事なことをなおざりにすることはなかった。シーシキンは「自分を絵画にささげる。これは様々な軽薄な慰めごとを退けることだ」と語っていた。生活は苦しかった。家から受け取るささやかな仕送りは部屋を借り、キャンバスと絵の具を買えば吹き飛んでしまう。麦飲料(クワス)とパンで糊口をしのぐこともしばしばだった。シーシキンは無我夢中で仕事をした。一番好きだったのは森の風景を描くことだった。シーシキンの描くロシアの森は一般の鑑賞者にも批評家にも大きな感動を呼んだ。シーシキンの描く絵は内面の驚くべき調和に貫かれている。シーシキンのロシアの自然の受け止め方は、今までどんな画家にもないものだった。
『ライ麦畑』 拡大
ロシアを心の底から深く愛したシーシキンはヨーロッパに学んでも失望するだけだった。当時の西側の画家たちにはシーシキンには何の魅力も感じなかった。それにシーシキンは全く言語を解しなかった。あるとき、フランスで激しい飢餓に襲われたシーシキンはレストランに立ち寄ったが、給仕は彼の言うことが全くわからない。とうとうどうしようもなく、シーシキンはままよ、とメニューにある一番長い名前の料理を指でさした。やがて運ばれてきた料理を見ると、それはシーシキンが生まれてこのかた一度も目にしたことのない海産物だった。エキゾチックな料理は全く手をつけられないまま皿に残された。

すべてがよそよそしく感じられた。堅苦しいチューリッヒは塞いだ画家には「呪われた町」に思え、軽薄なパリは「悪魔に魅入られた」場所に映った。そうした土地の自然を書くことはシーシキンにはおもしろくなく、心を通じ合わせるものは見つからなかった。シーシキンは森を切なく恋しがった。まさに外国でシーシキンはロシアの芸術には独自の道を歩む必要があるとさとったのだった。しかし自分に打ち勝とうとしながら、シーシキンは仕事を続けた。ヨーロッパではシーシキンの作品はロシア最良の絵画と評価され、非常に高い値で売れた。

ロシアに戻ると、シーシキンは結婚し、やがて長男が生まれた。これ以上の幸せはないかのように思えた。成功し、大きな人気を博す画家で、絵はペテルブルグの芸術アカデミーで金賞、銀賞を勝ち取っている。1873年シーシキンはそのアカデミーで教授の称号を与えられる。弟子たちも現れた。冗談好きな画家たちはシーシキンを「森の王」と呼んだが、シーシキンはただ笑うだけだった。一見険しい顔つきで髭をたくわえ、勇者のごとくがっちりとした体格のシーシキンは澄んだ心の優しい人だった。

1874年、そんな画家に次々と不幸が襲い掛かった。父が死に、つづいて幼い息子、そして最愛の妻がこの世を去った。激しい心の痛みにシーシキンは酒におぼれた。夏の間でさえ筆をとろうとはしなかった。自身はあんなに弟子たちに「夏にデッサンし、絵を描かねば絶対になりませんよ。病気しか、これができなかったといういいわけにはなりません」といっていたにもかかわらず。シーシキンは病気を背負ってもいた。だが、熱心に仕事をするという習慣が最後は勝った。4年後の1878年、シーシキンは「ライ麦畑」を書きあげた。この絵はロシアの芸術史上、最大の出来事だと誉めそやされた。シーシキンにはようやく、少しずつ生きる力が湧いてきた。それを助けたのは彼の才能豊かな弟子のオリガ・ラゴダだった。オリガはやがてシーシキンの妻となる。二人の間には娘、クセーニャが生まれた。だが幸せは長くは続かなかった。オリガが死んだのだ。シーシキンは悲しみに打ちのめされた。仕事が、酒に、失意におぼれずに何とか生き伸びることを助けてくれた。

  シーシキンの作品は皇帝アレクサンドル3世の目を惹いた。アレクサンドル3世は白ロシアに稀有に残された森林、ベロヴェージュスクの密林を書くよう注文する。シーシキンは役人に連れられ、森を訪れたが、役人が浴びせる助言にすっかり辟易してしまった。このエピソードは冗談の小話にまでなって、人の口にのぼるようになった。絵のデッサンを見た役人が乾いた倒木を構図から取ってしまうよう懇願したというのだ。「閣下がこれをごらんになられたら、 木々の向こう側が美しくないとおっしゃって、私を罰せられるに違いない」というのだ。

『船用材木の林』 拡大
愛する妻を亡くした悲しみも少しずつ成功と名誉がほぐしてくれた。だが、新聞記者の浴びせかける質問から逃れることはできなかった。新聞屋たちは臆面も無く画家にこんな問いまで投げかけてきた。「死ぬときはどうやって死にたいですか?」この問いにシーシキンは簡潔に答えた。「痛みもなく、おだやかに。そして一瞬のうちに。」

1898年シーシキンは「船用材木の林」を仕上げた。この絵は大喝采を浴び、皇帝自身が買い上げた。3月8日の朝、シーシキンは新たな絵の制作に取りかったが、突然イーゼルの前で倒れた。齢66歳。栄光の頂点に達した画家の希望は痛みを覚えず、一瞬のうちに死ぬことだった。そしてそれは叶えられた。




コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP