飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

国家政府が国民を一切守ろうとしない国・ニッポン。この国で生き延びるための心構えは、先ず、自分と家族の健康と安全は自分自身が守る!という決意と覚悟を固めることだ。 (飯山一郎)

日本国。この国は、国家政府が国民を一切守らない過酷な国である。
国民に放射性廃棄物を食え!と指導する冷酷無残な国家である。いや、国家ではない。「日本」というのは名ばかりで、その実は、ジェノサイト(国民皆殺し)機関である。

こういう「死に物狂いの国家」で生き延びていくために必要なのは、「健康を増進しながら絶対に生き抜くぞ!」という決意と覚悟と、あとは知恵である。

知恵とは…、狼社会で生き延びるための護身術も含め、日常生活を無事に、難なく切り抜け、生き抜いていくための実地の知恵(たとえば豆乳ヨーグルトの作り方)、生活の知恵、人間を相手にする知恵である。

となると…、話し方、声の出し方、ウソのつき方、目線の合わせ方、眠り方、風呂の入り方、洗濯の仕方等々、生活全般の全て…、広範多岐にわたって、私たちは日々研鑽していかなくてはならない。(もう天下国家を論じたり…、社会正義を主張したり…、選挙などをヤッているヒマはない!)

ところで、『日刊ゲンダイ』は、たんなるニュース紙ではなく、ときに、本稿のような「生活の知恵」を載せてくれる。たとえば…
セメダイン社員の裏ワザ「接着スピード向上にはタバコの煙」
後絶たないストーカー犯罪 警察に取り合ってもうらうコツ
またか…「ストーカー被害」は警察に相談してはいけない
会議とネットでは別人…今どき社員の「二重人格」こう見抜け
消臭剤「エステー」のリケジョが指南 「男のニオイ」撃退法
   エステー買うより乳酸菌で消える!
(飯山一郎)



gendai1.gif
「小銭を投げつけて」
ALSOK防犯担当者が教える護身術


『日刊ゲンダイ』 2014年3月16日 掲載


  10円玉がおすすめ/(C)日刊ゲンダイ
 通り魔事件が相次ぐなど、近ごろは物騒だ。暴漢から身を守るにはどうすればいいか。警備会社「ALSOK」の防犯教育担当・新保克徳さんに話を聞いた――。

■駐車場が危ない

「大前提として、危険な場所には近づかないということ。人通りが少なく暗い場所、たとえば線路の高架下や、夜の公園などです」

 特に危険なのは駐車場だという。ただでさえ都会の死角のような場所にあるし、車を降りる瞬間は誰でも無防備になりがちだからだ。
「降りた瞬間に車ではねて金品を強奪、そのまま車で逃走という例が多い。駐車場の中や入り口付近で、アイドリング停車しているような車がいたら、私は絶対近づきませんね」

■歩きスマホは無防備

 今どきの通り魔は、日中ごく普通の場所で襲ってくる。
「常に周囲に注意を払うべきです。歩きスマホや音楽プレーヤーを聞きながらの歩行などもってのほかですね」

 不審な人間が歩いてきた時は、道の反対側に渡る。それでも近づいてきたら、明らかに異常事態。すぐに逃げるべし。

(この続きは『日刊ゲンダイのサイト』でお読み下さい。)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP