飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

5年で半分も「死ぬ」今のがん治療は 「治療」とは呼ばない。 (by きのこ)

allaboutmd.jpg

がん治療の成績は、5年生存率50% !

狭間医師が本エントリで、「がん治療の成績は、5年生存率50% !」との情報を発信した功績は大きい。
しかし、あとの文章は、すべて害悪と断定したい。

狭間医師は、現代医学の癌治療(三大荒療治)を微塵も疑わず、「早期発見し切除することが癌の根治のためには不可欠です」と、「早期発見・早期治療」を力説している。

「5年で半分も死ぬ今のがん治療は “治療”とは呼ばない!」と、きのこ女史は喝破しているが…、
私に言わせれば、5年で半分も死ぬ今のがん治療は “殺人行為”である!

癌は、切除したり抗癌剤や放射線で殺すものではなく、活かすものである。
癌細胞は、じつは、生命力に満ちあふれているので、免疫力をあげるマクロファージの絶好の栄養食品なのだ。この考え方については、『てげてげ』のココをお読み下さい。
(飯山一郎)

狭間 研至 (はざま けんじ)

大阪大学医学部卒。
外科医の傍ら、現在、ファルメディコ株式会社ハザマ薬局の代表取締役をしております。
外科医をしながら薬局運営を行っている経験から、病院の外での患者さんの悩みや行動を目の当たりにしております。
医学的な情報を分かりやすく解説し、医療と患者さんの橋渡しを行っていきたいと思っております。

がん治療の成績は、5年生存率50% !

 がん治療の成績はどれくらいなの?


医学の進歩は日進月歩の中で、がんの治療の成績は、一体どれぐらいなのか、ご存じでしょうか?
医学の進歩は日進月歩の中で、がんの治療の成績は、一体どれぐらいなのか、ご存じでしょうか?
日進月歩の医学の世界で、がんの治療法も日々進歩しています。新聞の社会面では、将来、がんの治療に役立つ可能性がある研究成果や発見が、しばしば報道されていますし、テレビ番組の中でも、最新の外科治療の進歩や、抗がん剤治療の最前線の模様が、ドキュメンタリーとして放送されているのをよく目にします。

このような中で、現在のがんの治療成績は、一体どの程度か、ということは、実は、あまり知られていないかも知れません。

今回は、日本におけるがん治療の成績をふまえた、これからのがん治療のあり方について、お話したいと思います。

すべての臓器で、早期がんから非常に進行したがん、また、小児がんから成人のがんをあわせた、すべてのがんの5年生存率は、約50%なのです。
 5年生存率が50%!?

国立がんセンターの統計では、日本におけるがんの5年生存率は、がんが発生した原発臓器、がんの進行度、および年齢・性別をすべておしなべて見ると、約50%です。すなわち、がんと診断された方のうち、約半分は、5年後には亡くなっておられるというのが現実です。

もちろん、胃がんや大腸がんは、早期に発見されるとほぼ完治させることが可能ですし、膵臓がんのように、なかなか症状が出にくく早期に発見されにくかったり、治療そのものが非常に難しかったりする病気は、治療成績がどうしても悪くなるなど、差はあります。

しかし、そのような諸条件を考えたとしても、がんと診断された方の約半分が5年後には亡くなってしまっているというのは、日本のがん治療の一面を捉えているものだろうと思います。

 がんを早期に発見する体制を整える


がんという病気は、その性質上、早期に発見されるとそれだけ完治を目指しやすくなります。何よりも、早期発見が大切です。
がんの治療が難しいのは、がん細胞が、原発臓器、すなわち最初にがんができた臓器から、いろいろな臓器に血液やリンパ液の流れに乗って流れていってしまい、他臓器転移を起こすことが原因です。

全身にがん細胞が回ってしまう前に、原発巣を十分なマージンをとって切除することががんの根治のためには不可欠です。

そういう考え方からすると、がんの治療成績を上げるためには、早期発見が不可欠で、症状がないうちに検査をしておく、検診が不可欠です。

最近では、少し値段は張りますが、全身のがんを一気にスクリーニングできるPET検診の有効性も知られるようになってきました。

現在、検診の受検比率をさらにあげる工夫も行われています。仕事や家事が忙しいとは言っても、自分の健康は何よりも大切なものですから、早期発見のために、症状も何も無いときに定期的な検診を欠かさないことが大切です。


 西洋医学で行わないがんの治療も組み込む


病院で行われているがんの治療をよく理解し、免疫療法など、三大療法ではサポートしていない方法を組み合わせてみることは意義があると思います。
通常、病院での行われているがんの治療法は、手術療法、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法の3つです。これらいわゆる「がんの三大療法」を病状や病態に組み合わせて行っているのが現状です。

この組み合わせの治療成績は、良くなってきているのですが、現状が、5年生存率50%であるというのならば、これ以外のやり方、すなわち補完代替医療と呼ばれる治療法を組み合わせるというのは、至極真っ当な考え方ではないかと思います。

がんに対する補完代替医療として、心理療法やカウンセリングなどとともに、注目されているのが、がんに対する免疫療法です。これは、もともと私たちの体が持っているがんへの免疫力、すなわち、がん細胞を自分の細胞ではないものと見なし、自分の白血球で攻撃し、死滅させてしまうという性質を利用した治療法です。これは、手術療法、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法の3つの治療法とは、考え方が全く異なります。

一昔前は、代替医療的な考え、すなわちがんの三大療法をせずに、免疫療法を行うという考え方もあったのですが、近年では、三大療法の利点も十二分に生かしながら、それらで足りない部分を補う(=補完する)という補完医療的な考え方が主流になってきています。

がんの治療成績向上のためには、検診の受検率アップとPET検診による早期発見例の増加と、免疫療法の活用が不可欠ではないかと感じます。

(記事のURL)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP