飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

先月の下旬に入院し、今月の2日には亡くなってしまった上甲監督。 (合掌)

NHK
済美高校野球部
上甲監督が死去

『NHK News WEB』 9月2日 16時57分

高校野球界の名将として知られる上甲正典(じょうこう まさのり)さん(愛媛・済美高監督)が2日午前、入院先の愛媛県内の病院で亡くなった。
上甲さんは先月中旬に体の不調を訴え、先月下旬に愛媛県東温市内の病院に入院して治療を受けていたが、2日午前、胆管がんのため亡くなった、という。
先月の下旬に入院し、今月の2日には亡くなってしまう!
いったい病院はどんな「治療」をしたのか?! と、私は『てげてげ』で疑問を呈したが、真相は永遠に闇の中だろう。
本エントリは、NHKのウエブサイト記事の保存期間が短いので「魚拓」として残すものである。
(飯山一郎)

上甲正典さん平成16年の春のセンバツ高校野球で愛媛県の済美高校を初出場で初優勝に導くなど、高校野球界の名将として知られる上甲正典さんが2日午前、入院先の愛媛県内の病院で亡くなりました。67歳でした。

上甲さんは平成14年に松山市の済美高校の野球部の監督に就任し、平成16年の春のセンバツ高校野球で初出場、初優勝を飾ったほか、同じ年の夏や去年の春に準優勝するなど、済美高校を春夏通算で6回、甲子園に導きました。
また、済美高校の前には、昭和57年から愛媛県宇和島市の宇和島東高校の野球部の監督を長く務め、昭和63年の春のセンバツ高校野球で初出場、初優勝に輝くなど、春夏合わせて11回、甲子園に出場し、宇和島東高校を強豪校に育て上げました。
上甲さんは試合中、選手を信じ笑顔で接して力を引き出す「上甲スマイル」など独特の指導方法で知られました。
また指導した選手では、プロ野球・ヤクルトの岩村明憲選手、日本ハムの鵜久森淳志選手、広島の福井優也投手らがいて、選手を育成する手腕も評価されていました。
済美高校によりますと、上甲さんは先月中旬に体の不調を訴え、先月下旬に愛媛県東温市内の病院に入院して治療を受けていましたが、2日午前、胆管がんのため亡くなりました

オリックス平井投手「人情味あふれる方でした」
宇和島東高校時代に上甲監督と共に甲子園に出場したオリックスの平井正史投手は、「本当に残念でたまりません。厳しさの中にも暖かさがあり、人間味あふれる方でした。野球選手としての自分があるのも、上甲監督に指導していただいたからであり、今の自分の原点となっています。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と球団を通じてコメントしました。

ヤクルト岩村選手「人生の大切なもの教えてもらった」
宇和島東高校時代に指導を受けたヤクルトの岩村明憲選手は「信じられないですね。
ことばもありませんし、気持ちの整理がつきません」と心境を話しました。
岩村選手は、先月28日に愛媛県内の病院に監督を見舞いに行ったということで、「体調が悪いにもかかわらず、最後までほかの人のことを気遣っていました。
監督はもう一度背筋を正して野球に向き合いたいと話していました。
自分たちを叱って指導してほしいと言うと、苦笑いしていました」とそのときの様子を明かしました。
そして「監督の指導のおかげで今の自分がありますし、人生の大きなものを教えていただきました。
教え子として上甲監督の魂を胸にしっかりプレーします」と誓っていました。

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP