飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

『監視カメラ 1/3故障 もんじゅ、1年半放置も 保安規定違反疑い』 (東京新聞)「疑い」じゃなくて、完璧に違反してるだろ!

東京新聞
 『東京新聞』 2014年10月12日 朝刊

日本で最も危険で最も致命的な原子炉・「もんじゅ」。
次に事故が発生したら(20年前に大事故が発生している!)、ボロボロに老朽化しているだけに、関西と関東甲信越の全域が死の町になる!

その死神原子炉・「もんじゅ」の監視カメラの何と1/3が故障していたというのだ。
しかも、ソレを1年半も放置していた!というのだから…、これは大犯罪だ!

ま、この国の原子炉の致命的であることは、一事が万事なのだ。

こうして、ロクな監視・管理・監督や修理・営繕が行われないまま…、やがて…、アッチでもコッチでも大事故や大爆発やメルトダウンが発生し…、何十基もの事故った原子炉からの放射能で日本列島全域が生き地獄になる!

上の話は、可能性を言っているのではない。必然性を述べているのである。
(飯山一郎)

監視カメラ 1/3故障
もんじゅ
1年半も放置
保安規定違反疑い

monjucamerang.jpg 大量の機器点検漏れから事実上の運転禁止命令が出ている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県)で、一九九五年のナトリウム漏えい事故をきっかけに原子炉補助建物に設置された二次系冷却材の監視カメラ計百八十基のうち、約三分の一が壊れていることが十一日、関係者の話で分かった。

 原子力規制庁が九月に実施した保安検査で判明。壊れたまま一年半以上放置されていたものもあり、保安規定違反の疑いが持たれている。低温停止中のため実害はないとみられるが、機構の安全管理体制が問われ、命令期間が長期化する可能性が出てきた。

 機構は九月末、同月までとしていた「もんじゅ集中改革期間」を来年三月まで延長すると表明、今月国に報告した。二〇一四年度内の命令解除を目指している。

 関係者によると、故障していたカメラは「ITV」と呼ばれ、機構がナトリウム漏れ事故をきっかけに〇五年に着手したもんじゅの改造工事で二次系冷却材ナトリウム配管の周辺に設置し、監視システムの一環として〇七年に運用を開始。中央制御室に映像を送り、運転員らが冷却材漏れの異常がないかなどを確認している。

 今年九月八~十九日の保安検査で、約三分の一のカメラの映像が映らなかったり、左右に動かなかったりと、正常に作動していなかったことが判明。機構は「故障の認識はあったが、既に製造終了したカメラで交換できなかった」と規制庁などに説明しているという。

 規制庁は四半期に一度保安検査している。三月の検査では一次系配管に関連する機器の点検が不十分と指摘し、機構が再点検中。しかし、九月の検査で再点検状況を確認すると、それらの機器の形状や配置を立体的に記した図面がないことも分かった。

 長期運転停止中のもんじゅをめぐっては、原子力規制委員会が昨年五月、点検漏れ問題から安全管理体制が整うまで運転を再開しないよう命じていた。政府は今年四月に閣議決定したエネルギー基本計画で、もんじゅの存続を決めた。

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP