飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

「政治的無関心が一番! 選挙は棄権せよ!」 この危険な政治学が分かれば、たくましく生きられるんだが…。 (飯山一郎)

安倍晋三の金権体質は、自民党の金権体質のモデル
自民党や安部首相の金権体質を、どんなに激しく叩き批判しても、日本という国は、絶対に変わらない。(国家が滅びるまで変わらない)。

なぜ? どうして自民党政治の金権体質が変わらず、日本という国が変わらないのか?

その理由は、以下の記事を読めばよく分かってくるが、簡単に言えば…、
日本の政治は、北朝鮮など及びもしない圧倒的に強固な世襲制によって成り立っている。

世襲制は、日本の政治を身体に見立てれば、刺青(イレズミ)のようなもので、消そうとしても消せない!

そして、こ刺青(世襲)政治家を賞賛する有権者と、世襲政治家を金銭面で支えながら利用する地域の悪徳企業が世襲政治家の選挙区にいるからだ。
この政治の「歴史」と「伝統」は、刺青(イレズミ)と同じで、消せない!

国家レベルでも、自民党を金銭面で支えながら利用する経団連をはじめとする財界企業が刺青(イレズミ)になっているので、これも消せない!

刺青(イレズミ)というのは、死ぬまで消えないし、消せないのだ。

ソレを消そうと思って、あるいは、消せる!と勘違いして、選挙やデモに熱を入れたり、ブログで激しく批判しても、無駄だし、無理だし、無意味なのだ。

つまり、日本の政治は、絶対に良くならない! 選挙をするたびに悪くなってゆく…。

だから、日本の政治には何も期待せず、選挙にも行かず、無関心でいるのが一番なのだ。

「政治的無関心が一番! 選挙は棄権せよ!」 この危険な政治学が分かれば、たくましく生きられるんだが…。
(飯山一郎)



litera.jpg
『リテラ』 「安倍首相にも小渕と同じ世襲金権体質 (2014.10.31)」

小渕優子よりひどい!?
安倍首相が世襲したパチンコ御殿暴力団人脈

abe1031.jpg

 東京地検特捜部が強制捜査に乗り出した小渕優子の政治資金疑惑。この事件でしばしば指摘されているのが、世襲議員特有の甘えの構造だ。利権を親からそのまま引き継ぎ、会計は先代からの秘書に任せきり。違法な金集めになんの疑問ももたず、不正が発覚しても他人事。そういう“お姫様”体質がこんな事件を引き起こしたのだ、と。

 しかし、現内閣には少なくとももうひとり小渕元経産相と同じように父親から金権体質をそっくり世襲した政治家がいる。他でもない、総理大臣の安倍晋三だ。

 安倍首相の地元、下関にはその象徴ともいうべき場所がある。下関市街を見下ろす高台にある首相の自宅。そして、JR下関駅駅前のだだっ広い敷地に建つ、事務所だ。

 このふたつはまったく離れた場所にあるのだが、どちらも元は同じ会社が土地、建物を所有していた。会社の名前は東洋エンタープライズ。下関で最大手のパチンコ業者で、親会社の七洋物産は福岡、山口で多くのパチンコ店を経営している。創業者・オーナーの吉本章治氏(故人)は、2002年には韓国から国民勲章「無窮花章」を受賞するなど、在日韓国人社会の重鎮でもある。


 実は、この東洋エンタープライズ、そしてオーナーの吉本一族は、安倍首相にとって父親の代から続く地元の有力スポンサーなのだ。吉本氏が無窮花章を受賞した際、パーティに来賓として出席した安倍首相はこんな挨拶をしている。

「吉本氏は四十五年前に父が国会選挙に出た時からの付き合いで、父が外務大臣の時、韓国に同行した」(「統一日報」2002年5月1日)

 その支援は小渕議員同様、政治資金収支報告書に記載されている政治献金だけではなかった。冒頭で紹介したように安倍首相の自宅と事務所はもともと東洋エンタープライズの所有で、安倍家はそれを賃借する形だったのだが、その家賃について当時、同社は取材に対し「両方あわせて月に約二十万ー三十万円」と答えている。いくら地方都市とはいえ、自宅は2174平方メートルの敷地に346平方メートルの建物。事務所はJR下関駅前の449平方メートルの土地つき建物である。あわせて20〜30万円というのはありえない安さだろう。

 しかも、自宅のほうは1990年に東洋エンタープライズから安倍晋太郎に所有権が移転されているのだが、その際、抵当権がついた形跡がない。そんなところから地元では「あんな豪邸を現金で買えるはずがない。安く売ってもらったにちがいない」という噂が飛び交い、以来、安倍首相の自宅は「パチンコ御殿」と呼ばれるようになったという。

 両者を結びつける疑惑は下関だけではない。安倍事務所は福岡にもあったのだが、1980年から1986年の6年間、この事務所とスタッフを東洋エンタープライズの親会社の七洋物産が無償で提供していたこともわかっている。

 まさに癒着としか言いようのない関係だが、この関係は父親が亡くなって、秘書だった安倍が代議士になってからも変わらなかった。七洋物産からは毎年、限度額ギリギリの政治献金が提供され、安倍後援会が発行する自民党山口県第4選挙区支部の会報誌には毎号、東洋エンタープライズの広告が掲載されていた。

 そして、安倍はこの“パチンコ御殿”を1991年に堂々と相続し、事務所についても、同社からの賃貸を続けたのである。ちなみに、この問題は2003年、月刊誌「噂の真相」(休刊)が追及して、当時、官房副長官だった安倍から名誉毀損で訴えられているのだが、この裁判で「噂の真相」は再三にわたって、事務所の賃料を示す契約書を提出するよう求めている。ところが、安倍サイドはそれを拒否し、賃料を明かさないまま「賃貸人が負担すべき修繕費等はすべて借主負担という条件で借りている」と弁明した。安い賃料での提供を続けていたのは間違いないだろう。

 さらに、安倍首相にはもうひとつ、先代からひきずっている体質がある。それは政敵をおとしいれるためには暴力団関係者とも裏取引するという、ダーティな政治手法だ。

 2000年、安倍首相の地元事務所や自宅に火炎瓶が投げ込まれるという事件が起きたのを覚えているだろうか。当時、安倍は官房副長官として北朝鮮拉致問題に取り組んでいたため、安倍支持者からは「朝鮮総連の仕業だ!」などというデマが流布されていたが、逮捕されたのは、安倍事務所と親しい元建設会社社長と工藤会系暴力団組長ら5名だった。

 彼らが犯行に及んだのは、下関市長選挙で安倍事務所から依頼を受けて民主党候補への怪文書攻撃を行ったにもかかわらず、約束された見返りを反古にされたためだった。当時、安倍の地元秘書だったTがこの建設会社社長に土地区画整理事業の参入への協力を約束。念書まで書いていたが、結局、それを実現することができなかった。

 そこで、市長選の後、やはり安倍事務所のS秘書がこの元社長に300万円を支払うのだが、元建設会社社長はそれでは納得せず、火炎瓶襲撃を行ったという。にわかには信じがたいような話だが、これらは裁判や当事者の証言で明らかになっている事実だ。しかも、念書を書いたT秘書はその後、責任を取らされるどころか、安倍首相の関係する政治家の秘書に転身している。

 S秘書、T秘書はともに先代からのベテラン秘書で、安倍の地元事務所は他にもさまざまな局面でこうした手法を使ってきたのだろう。そして、こうした手法を安倍首相も黙認してきた。

 そういう意味では、安倍首相の罪は小渕優子どころではない。謀略工作や裏社会との関係までをそっくり先代から受け継いでいるのだ。他にも、安晋会という集金装置の存在や北海道の霊園疑惑など、安倍首相にはダーティな疑惑は山ほどある。

 だが、残念ながら、マスコミが今後、安倍首相のこうした事実を追及することはないだろう。実は、火炎瓶襲撃事件の裏にあった安倍事務所と暴力団関係者の癒着については、第一次安倍政権発足直後、共同通信が取材し、原稿まで完成させていた。ところが、配信直前に上層部からストップがかかり、ボツになっている。

「首相の不祥事については刑事事件になるか支持率が急落している状態でないと、報道しないという不文律のようなものが新聞、テレビにはある。しかも、今は読売、産経の両紙が完全に安倍政権の広報紙のようになっていますからね。孤立するのは目に見えている。そんな度胸のあるメディアはありませんよ」(全国紙政治部記者)

 何を書いても「捏造」よばわりされている朝日あたりが開き直ってやらないか、とも思うのだが、まあ無理だろうな……。

(田部祥太) (記事)  

コメントの投稿

非公開コメント

私も以前は

選挙は棄権すべきと思ったこともありますが、それ ひとつには
私が以前TUP速報で訳した「クリスマス休戦」の元記事を書いたアメリカの
学者さんが、Mass Refusalを呼びかけていたのを知っていたから。

でも、それじゃダメなんですよ。
以前にもお伝えしたと思うが&多分理解されていないと思うけど
「政府は会社」なんです。
http://insidejobjp.blogspot.com/2012/12/blog-post.html
つまり、<選挙や税金等々を課す>権限もない者たちが
選挙をやり、税金等々と称して人々から泥棒しているのが現実なの。

だからそれを逆用して、反撃する。つまり、数年前から
<選挙に行って投票用紙に「政府は会社なので、この選挙は無効」
と全員が書くべきだ!! >と訴えています。

それに どうせ奴等は不正選挙=数字のごまかしをやっているけど
どこかで、上の行動をとった人たちの報告を受け付けて
票数を、選挙区別に公式発表されるものと比べれば、詐欺がバレるんです。
つまり、奴等はそう書かれた票は当然「無効票」として数えるだろうけど
公式発表にそれが反映されていなければ、国民を騙していることが
歴然とわかる ということ。

何度もあちこちで書いているけど、議会政治は利権政治でしかないし
今のシステムを一旦潰して、売国詐欺師どもを刑務所へ永久追放し
(各機関に巣食っているイルミ・創価の邪悪なメンバーも)
そのあとは、もう彼等のような代議士はおかず
ある意味での代理人を もし立てるとしても、
我々の持てる力を絶対に渡さない方式に変えないとダメ。

奴等が十数年(いや、もっとか)来作ってきた憲法違反や
人権を無視するようなインチキ法律は廃棄し、基本的なものだけ
あれば、皆が十分普通に暮らせるはずだし、そのように皆で整える。

そして新たな法律を作るとか、変えるとか
そういうときには国民投票をやって、
もちろんやる前に、色々な議論を公平に行うべきだし
「投票」も、今書いた通りで不正がバンバンやられているから
余程の注意が必要だけど、それで本当に大多数の国民が
「これは絶対に必要だ」とするものしか法律化しない、とかね。

あと大企業からちゃんと税金取るなど、そうやって新たな世を作り始められた
としても、山ほど工作員がいるので、本当に要注意!ですが
このまま日本や世界を破壊され、完全支配を
ただ指をくわえて待つわけにはいかないでしょ。

ある程度以上の数で上述の方法で反撃すれば(=力を渡さない。お金も)
奴等を倒すことは簡単なんです。
みんな、何故わからないのかなぁ??

選挙に無関心が良いのか悪いのか
無関心でいたら 日本の上層部は擬態日本人ばかり 秘密法案も日本人対象で 外国人はOK
コンスルお辞儀も 無関心ばかりだから広まった訳だし

今の日本人は生命力が消えて腑抜けに成っちまった

後数年で日本人は旧国民になるだろう
あ、どこかの皇太子がボロボロにされていたな

彼らは日本人より一枚も二枚も上手 その奸計には歯が立たない

ああ悔しい

飯山さんのこれからの処世術を実行してもどこまで生き延びれるか、
悪魔たちが見逃さない、少食で頑健な人間は放射能で弱った日本人の中ではたちまち悪魔権力に見つかり、兵隊にされて間違いなく権力の道具にされる、こんな懸念が拭えません。
せめて安倍の親玉戦争屋アメリカも共に破滅してくれなければ、日本滅亡後も希望は持てません。
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP