飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

「乳酸菌発酵は毒性がない。未だ嘗て乳酸菌の敗血症で死んだ生き物はいない」 by Dr.

タイトル
Dr.大愚が私のことをブログに書いてくれた。
「飯山一郎氏の乳酸発酵の技術は畜産の世界を変えたかに見える…」 と。

実際のところは…、私の乳酸発酵技術は、まだまだ畜産の世界を変えてはいない。

確かに私の技術を採用した養豚場は悪臭が解消しただけでなく、子ブタが沢山生まれて死なない。このため養豚業者は大きな利益を上げている。

が、乳酸菌発酵法を採用した畜産業者は、まだまだ少ない。だから乳酸菌が畜産の世界を変えるのは、遠い将来の話だ。

そんなことより…、
Dr.大愚は、乳酸菌と人間の関係に関して、その本質論を書いてくれた。

乳酸菌発酵は毒性がない。未だ嘗て乳酸菌の敗血症で死んだ生き物はいない
なぜか?
大腸菌のような常在菌でも死人だらけなのに、乳酸菌にはいない。
哺乳類と共存しているかに見える
また哺乳類の膣は乳酸菌で保護されている。哺乳類は子宮から腹腔へ外気が通じているのだ。それを守るものは乳酸菌のコロニー。皮膚もその可能性が高い。
哺乳類はひょっとすると、乳酸菌と共に進化してきたのかもしれない

このあとの10数行の文章も乳酸菌など常在共存共生微生物の本質を突いている。
われわれの健康と免疫増強のために熟読すべき文章だ。

ただ…、
「健康な人間の便をカプセルに詰めて腸まではこぶ」という話は、いただけない。
「いただきまーす!」とは言えないwww
そんなバッチイことをしなくても、米とぎ汁乳酸菌や豆乳ヨーグルトを摂取するだけで同じ効能が得られるのだから。
(飯山一郎)

daigu2.jpg
日本は世界の最先端:(旧日本の独立を目指して)
日本民族とその文化は消滅過程にあります。この状況は世界の最先端でもあります.
このブログはその打開の可能性を探る思考実験を目的としていますのでなんでもあり。


2014/11/8
日本は世界の最先端:発酵技術が大規模に復活するかも

飯山一郎氏の乳酸発酵の技術は畜産の世界を変えたかに見える。

糞尿こそ畜産の宿痾で臭くて、都会でできない。原発とそっくりである。

それを解決した。原発を無毒化したようなものである。

乳酸菌発酵は毒性がない。未だ嘗て乳酸菌の敗血症で死んだ生き物はいない

なぜか?

大腸菌のような常在菌でも死人だらけなのに、乳酸菌にはいない。

哺乳類と共存しているかに見える

また哺乳類の膣は乳酸菌で保護されている。哺乳類は子宮から腹腔へ外気が通じているのだ。それを守るものは乳酸菌のコロニー。皮膚もその可能性が高い。

哺乳類はひょっとすると、乳酸菌と共に進化してきたのかもしれない

こういう観点が今までなかったのである。

免疫機能が乳酸菌を生やせることで共存共栄を図ってきたとすればどうか?

外部共生というものがあるのかもしれない。ミトコンドリアは元々は細菌だったがいまは必須の体内器官。

葉緑素もそう

そうなると現在共生している必須細菌がいる可能性が有る。

普通、細胞でも周りに環境を作る。多糖類で自由水を制限し、PHなどのショックを防いでいる

人間も外界との間に細菌をもっている。

古来、我々は農産物産生の長い歴史の中で主たる貯蔵技術の一つとして発酵を使っている

チーズ、漬物、醤油、味噌

。乾燥と並ぶ主たる保存技術。

未開のエスキモーは皮袋の中に鳥を詰め込んで発酵させて、冬に食べて生き延びる。

なぜ原初から乳酸菌が使われたか?

もともと共生しているからでないのか。

いま、炎症性腸疾患の治療薬として、健康人の便が注目されている。

便をカプセルに詰めて腸まではこぶと病気が治る

腸の生態系を復活させれば治るのである。

開始>
腸の難病、健康な人の便で治療? 慶大病院が臨床試験
下痢や腹痛などを繰り返し、薬で治らない腸の病気に悩む患者の腸に、健康な人の便を移す臨床試験を、慶応大病院が始めた。患者の腸内では免疫力を高める細菌などが適切に働いていないが、菌の宝庫である便を移植することで、症状が治まる可能性がある。

 人間の腸内には数百種類、数百兆個の細菌がすんでおり、免疫や栄養素の分解などにかかわっている。しかし、大腸粘膜に潰瘍(かいよう)ができる潰瘍性大腸炎など腸の病気の患者では、細菌の種類も個数も少ない。

 慶応大は3月下旬、臨床試験の1例目となる潰瘍性大腸炎の40代男性に親族の便を移す「便微生物移植」を行った。

終わり>

全世界で同様の試みがなされている

文明の大転換が起こっている。やっと医学が自然に目が向いた。

アメリカが主導した化学合成物で皆殺し戦略をとる医学から

共存共栄の技術へ。農業も大転換中だ。

ガンも共存路線を狙っている。大きくならなければよろしい。

人工的通貨で収奪繁栄した文明が、共存共栄の経済へ転換する。個別、単独権力、寡占システム、独占の概念が、系の概念、多因子共存の概念に変わる。

石油収奪から出てきたエネルギーが、水や地球から直接電気などを回収する技術に変わる。

これから50年かかって、発想が全部変わる。

その端緒を切ったのはなんと日本人だった、というわけ。
(元の記事)

コメントの投稿

非公開コメント

下手なことを書くと怒鳴られそうで … (笑)
植物性乳酸菌を紹介してくださり有り難うございます
お陰様でお腹の具合も長年の苦しみから助けていただきました
植物性乳酸菌に変えたところ 臭いが気にならなくなり助かりました

ヨーグルトを買っている方にお尋ねしたところヨーグルトで便秘の解消は出来ない 嗜好品として食べていると教えてくれました

皆さんが買っているのはそうだったのかと改めて気付かされました
私は便秘解消の為食べて効かないと思ってましたが人色々ですね
最近気づいたんですがコレなら糠漬けの水分を薄めて飲んでも良いわけですよね
その方が色々な乳酸菌を摂取出来そうですが

とにかく便を食べるよりは健康的だと思いますね
慶応大の研究者は目の細い方でしょうか

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP