fc2ブログ
飯山一郎のHPへ    大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

海外の日本大使館の仕事は、政権党の国会議員、高級官僚、日本企業の幹部役員、こういう支配層に属する人物をお世話することなので、普通の日本人が困っても「邦人保護」などヤラない!これ「国際常識」。


海外の日本大使館の仕事は…、視察に来た政権党の国会議員、高級官僚、日本企業の幹部役員、こういうニッポン支配層に属するニッポン人を完璧にお世話することなので、普通のニッポン人が危機状況におかれても「邦人保護」なんてことはヤリません!という「国際常識」をネットゲリラが書いている。(記事)

しかし、こんなことは外務省だけではなくて、官僚の体質なので、普通のニッポン人の生命・財産・健康を守る官僚は日本にはいない。

だから私たちは、「自分と自分の家族を守るのは自分だけなんだ!」と覚悟して生き抜いていくほかないのだ。

下のツイートも「国際常識」なので、今さら驚くことではない。

ただし! 今回、後藤という安倍官邸の中に巣食う極右外務官僚らが極秘裏に創設した謀略機関(JCIA)。

このJCIAの要員である後藤健二の妻がJICAの幹部であるので、JCIAとJICAは、現地の大使館員を総動員して、必死になって邦人保護という名目で、連日連夜、フルに動いてきた…と。

それほどまでに、JCIAという存在自体、またJICAの幹部が後藤健二の妻だってことも極秘にしないとマズかった!って話。
分かりづらいっすねwww

 なにはともあれ、下のツイートは「国際常識」です。
(飯山一郎)

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
検索フォーム
飯山一郎のお薦め
ガイアドクターのメタ診断 生命知の殿堂 現代医学と日本政治の病理を抉る! 独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか? 金融ワンワールド 地球経済の管理者たち
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP