飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

「安倍晋三!貴様の戦争ごっこは軽率至極だ!大馬鹿者!」 こう(国のために殉死する覚悟を固めた)愛国心あふれる日本国軍の兵士に成り代わって、安倍晋三を激しく罵倒しておく。(飯山一郎)


「実際に死ぬのは我々」:これが自衛隊員の本音
チェルノブイリ原発事故の際、ソ連邦のゴルバチョフ大統領は、
破壊された原子炉の真上から鉛粉入りの土嚢を投下・投入することをソ連軍に厳命した。

そこには、「国家・国民の生命を守るため!」という厳粛な大義名分があった。

この大統領命令に従って、ソ連軍の兵士・兵隊は、決死の覚悟で、必死の作業を行った。
この場合…、
「決死」とは、死が決定していて、その死を覚悟することだ。
「必死」とは、必ず死ぬ!ということだ。

文字通り、ソ連軍の数万人の兵士・兵隊は、決死の覚悟で必死の作業を行い…、死んでいった。

自らも決死の覚悟を固めた大統領が厳粛なる大義名分を提示した上で、国軍の兵士・兵隊に殉死を厳命を下せば、
国軍の兵士・兵隊は、「必死の覚悟」(必ず死ぬ!という覚悟)を固めて、平然と死地に赴き…、殉死する!

日本の現今の首相には、全くもって覚悟の片鱗すら、ない!

「安倍晋三!貴様の戦争ごっこは軽率至極だ!大馬鹿者!」
こう、(国のために殉死する覚悟を固めた)愛国心あふれる日本国軍の兵士に成り代わって、安倍晋三を罵倒しておく。
(飯山一郎)

honne2.jpg

おやすみ

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP