飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

あまりにも馬鹿馬鹿しい『糞便移植法』(健康な人の便を生成して患者さんの腸内に入れる)を、NHKや『日刊ゲンダイ』が宣伝している…。豆乳ヨーグルトだけでOK!だろ。(飯山一郎)

「腸内フローラ」で万病が治る? 乳酸菌だけでOKだ!
『日刊ゲンダイ』の膨大な記事の中でも、ワーストテンの上位に入るような馬鹿馬鹿しい記事だ。
それは、
健康な人の便を生成して患者さんの腸内に入れる『糞便移植法』などという超バカバカしい記事だが…、
「人の腸内にいる悪玉菌を減らし、善玉菌を増やせば、万病が治る!」という考え方だけは正しい!

そんなコトなら、良く発酵した豆乳ヨーグルトだけ!でOKだ。
たしかに、豆乳ヨーグルトだけで、万病が治っている。何か?
(飯山一郎)



gendai1.gif
脳梗塞、糖尿、肥満、うつ…
万病治療「腸内フローラ」の威力

『日刊ゲンダイ』 2015年3月3日 掲載

chonai.jpg 腸内の細菌を整えることで万病を治療――。こんな最新医療が注目を集めている。「腸内フローラ」という医療法で、先月、NHKスペシャルが「腸内フローラ~解明!驚異の細菌パワー」と題してリポートして以来、あちこちで話題になっている。

 人の腸内には約1000種類、合計で100兆匹以上の細菌が生息している。その中には人体に有害な悪玉菌もいれば、良い働きをする善玉菌もいる。悪玉を減らし、善玉を増やすなどの治療で病気を予防・治療する。これが腸内フローラのコンセプトだ。

 医学博士の米山公啓氏が言う。
「たとえばバクテロイデス菌。これは腸内で短鎖脂肪酸という物質を増やします。短鎖脂肪酸は脂肪の蓄積を防ぐ上に脂肪を燃焼させる重要な物質。これを増やせば肥満の解消につながるのです。短鎖脂肪酸はインスリンの分泌も活発にするので糖尿病治療にも効果を発揮します。ある細菌は動脈硬化を誘発するTMAOという物質を抑制することが分かってきました。親が脳梗塞などで倒れ自分も遺伝の恐れがある人は、この細菌を増やすことで発病を防ぐことができることになります」

 アレルギー性皮膚炎やスギ花粉症の患者はビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌によって症状を抑えることができる。うつ病は脳の活発化につながる細菌を増やすことで症状を改善できることがマウスの実験で明らかになっている。

 具体的にはどんな治療をするのか。

(この続きは『日刊ゲンダイのサイト』でお読み下さい。)

ただ…、あまりにも馬鹿馬鹿しい「健康な人の便を生成して患者さんの腸内に入れる『糞便移植法』」についての馬鹿馬鹿しい文章が書いてあるだけなので、読む必要はありません。(飯山一郎)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP