飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

「フィチン酸」を危険視する危険人物:食べ物に関して、「あれが悪い! これが悪い!」 と言う識者がいるが…、信用しないほうがE~。詐欺師だと思って用心したほ~がE~。(飯山一郎)

「フィチン酸」を危険視する危険人物
食べ物に関して、「あれが悪い! これが悪い!」 と言う識者がいるが…、
信用しないほうがE~。
下に紹介するブログは、「フィチン酸」の効用を分かりやすくと説明している。こういう人は信頼がおける。
ただし、「マクロビ」ってのも、私は信頼しない。つ~か、気にもとめない。
何が悪い! って、それは食い過ぎだ。
何がE~か!って、それは食べないことだ。
来週、私は、また5日~7日の絶食を(前回よりも淡々と)する。
(飯山一郎)

makurobipapa.jpg


食べ物に関して、あれが悪い。これが悪い。という話、多いんです。

例えば、玄米のフィチン酸とか。
玄米を食べると早死にするみたいな。

もう、そういう話を聞くと、本当に悲しい。
だって、ごはんが美味しく食べられなくなるじゃん。

「玄米は太る」「玄米、食べると危険」

うーん、どうして悪いの?って、聞くと・
こういう研究があって、こういうデータが出ていたから悪いんだ・・と云う。

数字って、強いんです。
何かを説明するときに、細かく数字を入れると
相手をすごく信用させやすい。
心理的マジックね。

もうだいぶ前ですが、「マクロビと玄米シリーズ」という、
レポート記事を書いたことがあります。

「玄米は太らないんですよ」「フィチン酸、気にしすぎない方が良いですよ」って話を、探して来たデータでがっちり理論武装させ、ネガティブな意見を片っ端から論破するための記事。
これで反論の余地もないでしょ・・みたいな。

若かったですね。
そんな勝ち負けは、自分だけの満足でしかない。

僕自身、「データ」使って、気がついたことがあります。
データって、何かを主張したい人にとって、すごく都合の良いものなんです。

玄米のフィチン酸が、体内のカルシウムを運び出しているというデータもあれば、そうじゃないってデータもある。

好きな方を使えば良いんですね。
それで何%でしたって、云うの。

データが嘘をついているのではありません。
でも「正しい」とも言い切れない。

『玄米が消化できない』というデータの出所を調べたら、そのひとつはある関西の研究所で、22人の被験者を調べたものでした。

でもその玄米はどうやって炊いたんだろう?
どうやって食べて、何回噛んだか?
性別・年齢・国籍・・そういったもので食品の消化率は、全然変わってしまいます。
22人のデータでは、統計学的に意味を持たないんです。

数字だけ持ってきて、ただ、この食品は危険だとか云う。
こういうの見た子供のいるお母さんが、どれだけ不安になると思うの。
そういった研究は必要だと思うんです。
『きちんと科学で証明していくこと』
それが無ければ、みんな迷信になってしまう。
理論がない実践は、危険です。

でもね・・「ネガティブなこと」を伝えるときは、
本当に慎重にならないといけないです。
相手を不安にさせといて、商品を売るなんて論外。


僕は、玄米に限らず。
すべてに良い面と悪い面があると思うのです。

フィチン酸問題も、そのひとつなのかもしれません。

【フィチン】は玄米の『ぬか層』に多く含まれる成分のひとつ。
これが、人間の胃酸で分解して出来る成分が、【フィチン酸】です。

  <フィチン酸(IP6)C6H18O24P6>
  イノシトールの六リン酸エステル。
  植物の種子などに【リン(P)】を貯蔵するための形。
  金属などと強力に結合する性質がある。
  自然界の植物中には、カルシウムやマグネシウムと結合した混合塩【フィチン】の形で存在し、
  胃などでカルシウムとマグネシウムが分離して、体内でフィチン酸になるとされています。

フィチン酸には、体のミネラルを排出する力があり、
アンチ玄米派から、「人間を早死にさせてしまう悪者」として語られることがあります。

フィチン酸がミネラルを排出 → どんどん体のミネラルが減る → 玄米は危険・毒
この流れね。

玄米食が正しいか、正しくないか。
この問題で、一番議論される問題だと思う。

でもね。
フィチン酸問題の答えは、シンプルです。
人間はその長い歴史の中で、玄米を含む穀物を主食としてきました。
でもフィチンによる【種の絶滅】のような危機は一度もありませんでした。

正しいか、正しくないかは別にして、
フィチン酸をただ危険視する考え方は、間違っていると思うの。

具体的に、説明しますね。
まず、フィチン酸の排出能力から。

フィチン酸の排出能力
かに。

フィチン酸は、この「かに」のように、ミネラルを『キレート(結合)』して、体外に運び出す能力があります。
『キレート』とは、「カニの爪」の意味です。

いろいろ危険視されるフィチンですが、事実として。
「体内のミネラルを排出してしまうことはあり得る」と、僕は考えています。

これはアトピーなどの症状のように、体にデトックス(排毒)すべき害をおこす成分があるときは、人間に有益に働きます。
重金属だって運び出しちゃう。
ガンでさえ、消す力があるという人もいますね。

しかし、体質が改善されてからもそのまま同じ食べ方で、玄米食を続けた場合、逆に有害に働く可能性があります。
フィチン酸による排出が、深刻なミネラル欠乏状態を引き起こすデメリット。
長期的に見て短命になること、様々な欠乏症の原因になる可能性を指摘されます。

つまり、その「排出能力」に善悪の判断はないのです。

だからって。
じゃあ、危険。食べるなと云う話ではないの。
このフィチン酸の能力を味方に付け、
コントロールできる。

その方法として『発芽玄米』の特性を利用するの。
 (発芽玄米の説明補足→【マクロビと玄米 7)発芽玄米ってなんですか】)

玄米は、水につけると発芽しますね。
玄米が「生きた米」と呼ばれる所以です。

その発芽の過程で、フィチンは【イノシトール】に分解されるのです。

イノシトール

うん、こんな感じ。
『イノシトール』に分解されることでフィチン酸は、その排出能力を失います。
分解された栄養素は、水に溶けやすく、体内に吸収されやすい。

IP3

体内に吸収された『イノシトール』は、リン酸とくっついて、
『IP3』というとても重要な役割を持つ物質に再合成されます。

排出能力をセーブして、効率的な栄養摂取が可能なのね。
その大切な働きをするのが、【フィターゼ酵素】。

フィターゼ酵素

この子ね。
人間の腸には少ないんだけど、酵母とかが作ってくれる。
だから「ぬかどこ」は、フィチン酸の心配がないのね。

フィターゼは、発芽時に玄米の体の中で作られる。
発芽させると、玄米自身の力で「フィチン」は、分解されていくのね。


この玄米の発芽のときの「酵素」の働き。
玄米の吸水状態に、比例します。

『吸水が進めば、発芽も進む』ということ。
『吸水が進めば、フィチンも分解されていく』ということ。

発芽状態が完成するまでに、結構、時間がかかるのですが、
半発芽状態でも、フィチンは分解されています。

通常、炊くなら4時間程度の吸水ですね。
このくらいの吸水が、一番味が良い。

8時間ならより「発芽」は進みます。

じゃあ。
まとめます。

1)デトックス(排毒)として玄米食をするなら、
  玄米は洗米だけ。強めの圧力がかかる鍋を使った『無吸水炊飯』。

2)その力を弱めたいなら、4~8時間程度の吸水による『活性状態の玄米』。
  つまり。いつもの玄米ごはん。

3)排出効果を完全に無効化するなら『発芽玄米』または、
  精米して『分搗き米』『雑穀入り白米』にすれば良いの。
  

自分の体に合わせて、使い分けです。
そのうちどこかの科学者が、化学的な数値で答を出すでしょう。

でもね。
そこから導かれる『答え』は、変わらないの。

 食べ物に薬はなく、
 食べ過ぎれば、何でも毒になるということ。

長く考えてきた「玄米食とフィチン酸」に対する僕の答えです。


僕はね。
マクロビオティックだから、何が何でも玄米だとは考えていないの。
その時の自分や家族の体調を観察しながら、
柔軟に考え、選択していくこと。

そのバランス感覚が、マクロビオティックだと思う。


僕は、ごはんが好きです。

この国に生まれて、ホントに良かったと思う。
昔の人みたいに、ただシンプルに、ごはんの炊けた湯気に喜び、
家族で囲む食卓に幸せを感じたい。

食べ物に悪いものは無いのだと思うの。

心の中に【善悪のものさし】があると、
食べ物の中にある「いのち」を感じられなくらるから。

そこに、何が正しい、正しくないなんて、
無いのだと思うの。

大切なものを忘れずに、マクロビオティックを楽しみたい。
そんなことを思う、今日この頃でした。

(引用先)











コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP