飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

鹿児島県志布志市郊外の田んぼの中に立つ石碑(いたび)に、南北朝の秘密が隠されていた! (飯山一郎)


昨日、『文殊菩薩』に書いた『志布志市有明町野井倉中肆部合(しぶあい)の石碑』の件。  

これには、南北朝の大変な歴史の秘密が書かれていて…、そのことは地元の郷土史家が『楽しぶし』(楽しい志布志という意味)というサイトに、『肆部合の石碑』と題した文章を残していた。

この文章が、これまた含蓄のある内容で、短文ながら各所に南北朝の秘密がさりげなく書かれてあるのだ。

shibuai2
肆部合の石碑
しぶあいのいたび
私は、じつは、この2ヶ月間、この『肆部合の石碑』という文章にハマりにハマって、パラノイアみたいになってしまい、もう何百回読んだことだろう?

『寝ては夢、起きては現界(うつつ)幻(まぼろし)の(恋しいヒト)』という定句があるが、私は、今もパラノイアが治らない。

簡単に言うと、「南北朝の大変な歴史の秘密」というのは↓↓こういうことだ。

足利尊氏(あしかがたかうじ)の下知(げち、命令=南朝討伐!)を受けて激烈に戦った北朝側の兵士の供養塔(くようとう)。それが『肆部合(しぶあい)の石碑(いたび)』なのだ。

これは、志布志の地で、南北朝の激突!が、間違いなくあった! ということだ。

足利尊氏(あしかがたかうじ)が「討伐せよ!」との命令を下すほどの、南朝側の誰かが志布志に来ていた!ということだ。

その「南朝側の誰か」とは、いったい誰なのか? いや、どなた様なのか?

こう考えると…、「次は、(南朝の血統を守り抜いてきた)下甑島(しもこしきじま)!」という連想は、止められない。

歴史の謎を解明する過程で“真相”が見えてきたとき、人は興奮を禁じ得ないものだが今回の「南北朝の謎」は、あまりにも重大だ。

その“真相”とは…、「現在の東京皇室の秘密」に直結するものだからだ。

そういうワケなので、私は、興奮のしどおしだ。不眠症になっている。

だが、眠る気はない。昼寝をすればE~のだから…。
(飯山一郎)

おやすみ

コメントの投稿

非公開コメント

南北朝、そして天武天皇について

この前からfacebook を通じて読ませていただきました。しかし余り詳しくは書けない内容?でせうか、解りません。天武天皇が九州にいた、南北朝の秘密が国家最大級の秘密だと思うが色々なブログを通じて中が深い!深海並の秘密だと思う。飯山先生、もっと教えて下さい!知りたい南北朝の秘密
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP