飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

日本の若者のクリエーティブ志向・冒険志向の比率が断トツで世界最低になってしまった。どうする?どうしようもない。もはや全てが手遅れ。4年9ヶ月、吸ってしまったから…。

若者が 意識操作され 国ほろぶ  
NEWSWEEKが紹介 《世界一チャレンジしない日本の20代》
新井信介が書いている
  「社畜」養成教育の成れの果て。 喜んで、社畜に成る、ロボット人間の国、日本。 まもなく、病気死亡で、一気に終了しちゃうかも。
  4年9ヶ月、この若者たちは、電通博報堂の「お上」洗脳情報で、動かされていたから、これから、とんでもないことに。
  6~9月、放射性水蒸気の中、安保法案反対のデモで、都会で、たっぷり吸い込んでしまったし。 (記事)
新井信介の言うとおりだ。
日本の若者は、これから、とんでもないことになる。
すでに首都圏に住む若者の「(放射性)昏睡」が増えている。
(飯山一郎)

NW
世界一「チャレンジしない」日本の20代
意識調査によるクリエーティブ志向・冒険志向の比率は断トツで世界最低
2015年12月1日(火)17時00分 舞田敏彦(武蔵野大学講師)

20台
構造的問題? 新卒一括採用という日本特有の慣習が若者のチャレンジ精神を阻害している側面もある。
 企業の人事担当者に「どういう学生が欲しいか」と尋ねれば、「自分で考え積極的に新しいことを提案できる人」、「失敗を恐れずチャンレンジ精神が旺盛な人」という答えが返ってくるはずだ。紋切り型と言えばそうだろうが、いつの時代でも企業はこういう若者を求めている。

 では実際の若者は、こうしたクリエーティブな資質やチャレンジ精神をどれだけ持っているのだろうか。2010~14年に各国の研究者が実施した『世界価値観調査』では、「新しいアイディアを思いつき、クリエーティブであることを大切にしている」と「冒険してリスクを冒すこと、刺激のある生活を大切にしている」という項目について、自分が当てはまるかどうかを聞いている。<図1>は、日本とアメリカの20代の回答をグラフにしたものだ。
日米比較

 クリエーティブ志向の肯定率(黄色枠)は、日本が50.9%、アメリカが73.9%となっている。冒険志向はもっと差が大きく、両国では倍以上の開きがある(日本23.1%、アメリカ55.8%)。あくまで自己評定の結果ではあるが、日本はアメリカに比べて若者のクリエーティブ志向や冒険志向が低い。世間でよく言われることと合致している。

 これはアメリカとの比較だが、もっと多くの国を含めた世界全体での日本の位置付けを見てみよう。<図2>は、右軸にクリエーティブ志向、縦軸に冒険志向の肯定率をとった座標上に、59の国を配置したグラフだ(英仏は調査に回答せず)。
 日本は最も左下にある。若者のクリエーティブ志向・冒険志向は世界で最低だ。諸外国の群れから大きく外れ、その低さは際立っている。

 先程比較したアメリカはちょうど真ん中くらいで、それを上回る社会も結構ある。ナイジェリア、ガーナ、南アフリカ、フィリピンなどの発展途上国だ。こうした社会では、若者のクリエーティブ志向や冒険志向が強くなるのだろうか。

 お隣の韓国は日本と近い位置にあると思いきや、そうではない。この国では、冒険志向の若者の比率が高い。日本以上の超学歴社会で、一流企業に入るには英語力や海外留学経験が必須だと言われている。国内の就職が厳しいので、活躍の場を国外に求める若者も多い。韓国の若者の冒険志向(外向き志向)が反映されている。

 これに比べて日本の若者は、すっかり委縮している。社会的な統制が強いはずの旧共産圏以上だ。上の図を経団連の幹部が目にしたら、複雑な思いを禁じ得ないだろう。もっと学生の創造力やチャレンジ精神を鍛えて欲しいと大学に要請してくるかもしれない。

 しかし企業の側も、若者の扱いについて少し反省したほうがいい。クリエーティブな人材が欲しいと言いながら、斬新なことを提案したり、商談でイニシアチブを取ったりする若手を「生意気だ」と言って排除していないだろうか。こういう面での年功序列はいまだに幅を利かせている。

 冒険志向の低さは,失敗(道草)に寛容ではない日本社会の思想を反映している。企業の採用は新卒至上主義で、それができなければ翌年から「既卒」の枠に放り込まれて多大な不利益を被る。(新卒枠での)就職活動に支障が出るからと、留学をためらう学生も少なくない。新卒一括採用という、おそらくは日本固有の奇妙な慣行はいまだに是正されていない。履歴書の空白期間をとがめるような社会では、若者の冒険志向は高まらない。

 人間は年齢を重ねると柔軟な思考ができなくなる。守るべき地位や財産を持つようになって、リスクを冒すことは控えるようになる。クリエーティブな発想をして、冒険ができるのは若者の特権で、それを抑えつけるのは大きな損失だ。これからの日本では、少子高齢化で若者はますます希少になる。その人的資源の力を十分に活用することなしに、日本がイノベーション社会に進化することはできない。

<資料:『世界価値観調査』(2010~14年)> (引用記事)

コメントの投稿

非公開コメント

考察

この図に対しての考察

クリエイティブ

イメージする
右脳


右脳の能力の国家規模の劣化作業

が現在の集団催眠を可能にしている

とワタスは思う


主に20代に限ったことではないのですが

シープルという現代語があるようです

羊たちは檻の外をイメージできない

檻の外にジャンプして飛び出そうとはできない


理論

も大切なのですが

照らし合わせの理論

情報発信源の過去の事例と脳内で現在の情報を照らし合わせる

作業もまた脳内イメージの右脳のクリエイティブな所作であります

放射能も文章と周りの事例を照合できるのです

冒険心が何故ここまで低いかはわかりませんが

学校教育に起因しているのかな....

あれだけゲームやら小説やら映画で冒険を見ていて

冒険したくならないのは何故か....

むしろそういったメディアで冒険欲求をみたしているから

冒険しないのか

冒険できないのか

冒険欲求に満足しているのか

(´・ω・`)?.....なんだろう

やっぱりゲームやらで冒険すると冒険欲求満たされるものね

恋愛ゲームやエチな映像で恋愛欲求がみたされるのにも近いかな

なーんか色々考える.....
冒険欲求

決して日本人の開拓精神が元々低いんじゃなくて

何かしらの爆発して現実世界で表現する前に解消する手段が多い気がします
文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP