飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

ロシア:放射能を中和させる方法を発見! ←これは大きな夢だ! いや,実現可能な希望!と言うべきだろう。

これは大きな夢だ!
いや,実現可能な希望!と言うべきだろう。

ロシア:放射能を中和させる方法を発見!

   放射性物質の無害化技術だ。

ロシアは,いま,国家総体の全局面で猛烈に進化している。
(飯山一郎)

ロシアNOW

「放射能を中和させる方法を発見」
2015年7月17日 スヴェトラーナ・アルハンゲリスカヤ

放射性物質の多くは、自然界で崩壊するのに数十年、数百年、またはそれ以上の長きを要する。しかしながら、ロシア科学アカデミーA.M.プロホロフ一般物理研究所の研究グループが、わずか1時間で中性化、安全化させる方法を発見した。この新しい方法を用いて、福島の水を浄化させることも可能だと、研究者は考えている。

放射性廃棄物


 国際原子力機関(IAEA)が7月に発行した「原子力技術報告2015」によると、昨年末の時点で世界には放射能の度合いの異なる放射性廃棄物が6800万立方メートル以上形成されたという。この状態で、多くの放射性物質の崩壊には時間がかかる。

 プロホロフ一般物理研究所マクロキネティクス非平衡プロセス実験所のゲオルギー・シャフェエフ所長率いる同研究所のチームは最近、放射性廃棄物を処理する課題の解決にかなり近づいたことを明らかにした。一部の放射性元素は、特殊溶液中でレーザーに露光すると、すばやくかつ簡単に中性化することが判明した。

発見は偶然

 発見は実験所でレーザー照射によるナノ粒子生成の実験が行われていた時に、偶然起こった。溶液中の金属から、ナノ粒子は文字通り叩き出される。研究者はさまざまな金属と溶液で実験した。

 研究チームが放射性トリウム232の溶液中に金を浸したところ、溶液はナノ粒子の生成とともに、放射線を放出しなくなった。変換が起こったのである。この効果はウラン238でも同様にあった。福島原発事故で知られているセシウム137の半減期は30年だが、整えられた条件のもとでは、1時間以内に中性バリウムに変わる。

 「我々も、核科学者たちも、まだこの現象の科学的説明を行うことができない。おそらく、溶液をこういう条件に置くと、その原子核の周囲、すなわち電子の外殻の状態が変わるのだろう」とシャフェエフ所長は話した。

 崩壊の加速化には、何らかの高融点金属すなわち金、銀、チタンなどが溶液中になければならない。「物質の減衰速度は化学的環境すなわちその原子の外殻電子に依存する。ナノ粒子が局所的にレーザー電磁場を強化できるおかげで、我々が電子配置を変えられることは明らか」とシャフェエフ所長。

検証から実践へ

 シャフェエフ所長のチームは現在、ドゥブナ合同原子核研究所の結果検証を待っている。超高純度ゲルマニウムをベースにした敏感型ガンマ線スペクトロメータを物理学実験所に持ち込む。これによって、プロセスをリアルタイムで観察できるようになる。対照実験はセシウム137で行われる。

 ドゥブナ合同原子核研究所核反応実験室の上級研究員であるサルキス・カラミャン氏はこう話す。「このプロセスを自分の目で見ないと、説明探しができない。私は実験核物理分野で50年以上仕事をしているが、レーザー光または特定の化学的環境のもとで核の崩壊が急に加速するとは信じ難い」

 研究者はすでに、未来の開発の具体的な応用についてすでに考えている。土壌へのレーザー浸透力はマイクロメーターで測定されるため、これを使ってチェルノブイリなどの陸上で放射線を中和させることはなかなかできないだろう。だが水であれば、大きな可能性がある。

 「もちろん、土壌を集めて、ろ過することは可能。だが、溶液の方が作業しやすい。つまり、タンクからトリチウムやセシウムを含む汚染水が流出し続けている福島で、この開発が多くを是正するかもしれない」とシャフェエフ所長。

(出典:『ロシアNOW』)

コメントの投稿

非公開コメント

核の無害化

この記事を読んで、ある方の話をふと思い出しました。
311テロの1~2年前でしたか、
 「核を無害化する技術を提供するので・・・、と米国国防省に提案したところ、暫くしてから、電子ビームで何度も攻撃を受けて迷惑した。」「平和になるのが気に入らなかったみたい」と、まるで他人事のようでしたね。
当時は、「ロシアと中国から日本が侵略される可能性が大きいので、どのようにそれを防ぐか各自考えなさい。意識の力は皆が思っている範囲にはなく、過小評価してはいけない…」とブログでも発信していましたが、311後にブログも閉鎖したので、計画は中止になったのかもしれません。
飯山氏のブログには、日本を良くしたいとか世界の真実を知りたい読者が多く集まっているし、その集合意識が数年を経ながら学習し、大いなる力を発揮し始めていることでしょう。
日本にはこのような知性(説明はできませんが、私たち地球人の考える知性とは全く違う)を持った存在もいるんです。

福島1原発のイスラエル・米連合による核爆破の真相

福島1原発のイスラエル・米連合による核爆破の真相
福島1原発3号機と4号機の2011.3.14の爆発は、水素爆発ではなくて、核爆発だった。それは保安契約担当者イスラエルMagna BSP社が予め設置していたミニ核爆弾を3.14にネットウィルス遠隔操作で核爆破した。3号機から600mのキノコ雲が上がった。水素爆発ではキノコ雲が上がらないと露の専門家が指摘した。宇宙情報によれば、放射性物質の内部被爆量が臨界点を越えて、近く毎月数百万人が死亡する。計数千万人に至る。極東諸国でも各数千万人、米、カナダでも計数千万人が死亡する。http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/93.html
補足:米国はクリントン政権以来「日本は最大の経済的ライバルで脅威である」とのテーゼに基づいて対日謀略を推進してきた。2011.3.11の東日本大地震の突発と大津波の襲来は、神戸・淡路大地震と同様に、米地震兵器HAARPによる巨大国際犯罪だった。その後の3.14福島1原発の爆発は、保安契約担当者イスラエルMagna BSP社が3号機と4号機に予め設置していたミニ核爆弾を同原発設計者の米GE社との共謀で、ネットウィルスの遠隔操作で核爆破した結果だった。3号機から600mのキノコ雲が上がった。水素爆発ではキノコ雲が上がらないと露の専門家が指摘した。売国野田政権もその後の安倍晋三自公政権も、日本のマスゴミも、与野党もその真実を隠蔽して、亡国へ向かっている。日本だけでも毎月数百万人が死亡し、合計数千万人が死亡するのだから。日本中の原発の保安契約者はイスラエルMagna BSP社で、今後も、日本の中東政策が気に入らなければ、イスラエル・米連合の原発核爆破がありうる。日本人はお人好しの政治的ゾンビで自滅へ向かうのか。目覚めて日本独立のため闘え。
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP