飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

日本なら、どんなトラブルであれ「母国語」を使った対処で済みます。時には理不尽なことも起こるでしょうが、それでも「母国語」の対応で済みます。 海外ではそうはいきません。「海外移住」は非常に難しい。

日本国内移住と海外移住のリスク度は全く違う!
03/25/2016 ブログ『すべては気づき』

私も元々、「どうせ移住に関して何らかのリスクを抱えるのは国内だろうと海外だろうと同じなんだから」と考えてた1人です。

DSCN1728.jpgけれど後から気づかされました。それは自分がこれまでも海外・異言語の中で暮らしてきたという前提における感想であることに。海外が特別なことだと思ってなかったんですね。

また、自分には子供がおらず、守るべき存在がいないというのも大きな違いです。

日本なら、どんなトラブルであれ「母国語」を使った対処で済みます。時には理不尽なことも起こるでしょうが、それでも「母国語」の対応で済みます。

海外ではそうはいきません。たとえ日系社会であれ完全日本語は無理。日系社会がない場所ならなおのこと。

また日本であれば、大半の人が、家族縁者の存在や古くから知る気心知れた友人等という恩恵も得られています。

海外ではそうはいきません。長く住めば気心知れた人もできるでしょうし、知人をたどって来た場合なんかは知人もいるとしても、そうでない限り基本的に誰も知り合いがいない中でのスタートです。

若い単身者ならリスクをすべて負う覚悟でもいいです。何があっても、自分に降り掛かってくるだけであり、自立した1人の成人の判断における、自己責任で済むからです。

でも家族を持つ者はどうなるでしょう?そのリスクは、家族に振りかかる。自己責任では済まないわけです。
実際にやってみなければ結果はわからない、案ずるより産むが易し、というスタンス自体は変わってないです。行動することこそが大事、という思いも変わっていません。

しかし、自己責任では済まない人たち=単身者でない家族を持つ人たちにとっては、もしうまくいかなければ、家族を巻き込む「バクチ」にもなり得る可能性も併せ持っています。

リスクを一度に抱えない「片足から突っ込んでいく移住」「半移住から完全移住」

じゃー危険だから、リスクだから、と言っていたら、今度はできる移住もできなくなってしまいます。まった少しのリスクもとらないというのであれば、移住に限らず、物事を実現させることはできません。

そこでおすすめする移住の方法として、「片足から突っ込んでいく」というのがあります。

いきなり「完全移住」とかまえてすべて移動というのは、誰にとっても壁が高いです。だから、少しずつ移住していくのです。

家族持ちでも、リスクをできるだけ避ける方向として、日本の仕事を保持しながらできる「母子移住」「行き来移住」が可能な場所に設定する。距離的にそして費用的に。

その際は、将来的に就労や半永住におけるビザ取得可能であることも確認の上で。可能ならば、数ヶ国でそれをやってみます。

「すべて捨てる&全てのリスクを背負う」ではなく、半々の状態に持っていきます。「完全に100%」にするのではなく、今の仕事生計を保持できる状態で、片足から徐々に海外に突っ込んでいきます。

その上で、放射能汚染問題も含め、今の日本に危惧する状態と、その国でやっていけるか・行きたいかという意思を天秤にかけます。

母子移住または行き来移住しながら、同時に、現地での就労なり起業なりの可能性を探っていきます。

ダメだと判断すれば、場所や国を変えるなり、海外移住そのものを見直すこともできます。

住みたい場所という好みもありながらも、実際にしばらく滞在しない限り、それは「その国に対して抱いているイメージ」に過ぎないことも多いです。

百聞は一見にしかず、の言葉のとおり、実際に行ってみる・滞在してみる。試験的に生活してみる。実際にやってみる・経験してみるというのはとても大事です。

それをせずして抱いているイメージなど、現実にもとづかない空想の世界だからです。

先入観偏見なくして、実際に観光ビザ的な範囲でトライしてみることが大事。もし本当に、今の日本に多大な危惧をしていて、そこから出たいと思うならば。その気持ちが本物ならば。

そこまでしても、今の日本に本当に嫌気が指しているのか?いや実は日本こそが心地のいい場所であることに、皮肉にも気づいてしまうかもしれないから。

実際に滞在してみて、やはり日本の方がいいと思う程度の気持ちならば、最初から海外移住など考えない方がいいです。

また、日本が先進国だと思い込んでるゆえに、先進国への移住を望む人が多いです。

ここで釘を刺すと、日本人が移住先国を選べる立場じゃないのです。移住先国が、移住する人を選ぶのです。

その現実を超えない限り先進国への移住は無理。多大なお金を食い潰すだけです。どんどんまとまったお金が消えていく様子を目の当たりにするのはしんどいですよ。私自身経験者です。

私たちは「移住地を選ぶ側」ではなく、移住先から「選ばれる側」。お金面もあわせて、身の丈に合った移住が必要です。

(元の記事:感謝!)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「とんでもないくわせもの」  →  「とんだくわせもの」
慎んで訂正させて頂きます。「食わせ者」には違いありません。

嗚呼人生、修行ですね

本当に、実感です

人間どこまでデカクなれるんだろう....

人間一人の力って途方もないっておもいます

連携したら更に途方もない

日本中が横に繋がれたら
現在の政治体制すらも要らなくなるかもしれない
その過程や方法はわからないですが

勝手に作っちゃだめなのですかね

まったく新しい国

それでも海外移住を考えるべき

幕末明治以降英米国際金融マフィアの傀儡テロリスト暴力団に乗っ取られた日本人社会はいわば「裸の王様」だ。奴隷国民は皆ウスウス分かっていながら真実を主張できない。皆目先の自己保身に汲々としていて集団同調しないとどうなるのかコワイのだ。だから羊、いやノー足りんのイワシの如く群れの中にしか自己の存在意義を見いだすことができないでいるのだ。70年前とちっとも変わってない。当時子供だっておかしいって分かっていただろうに。
今もこれからも変わらないだろう。このタコ、いやイワシどもは。
甘ったれてはいけない。この恥知らずのタコどもや軽蔑すべきイワシの仲良しクラブの群れのままで本当にいいのか?それでも自分を生きているつもりか?
海外移住に語学は重要だ。だが英語は最も避けるべきだ。牛乳と同じで日本人は消化酵素がない。日本語と水と油だ。こんなの強制するのは陰謀としか思われない。
外国語はやさしくない。だが覚悟を持って努力すればそれに見合った成果が期待できる外国語を選ぶべきである。敢えて提案する。
第一にフランス語、第二にロシア語、第三に中国語。フランス語とロシア語をやった。最初だけとっつきにくいが一生懸命にやればかなり短期間で日常会話はいける。しかも日本人にうれしいのは英語と違って聞き取りがし易い点だ。是非おすすめする。
必死にやるか、タコイワシのままで終わるか、正念場だと思って。

No title

納得出来る議論です。だからよけいに「日本は手遅れだから選挙に出かけるのは無駄だ」と飯山氏が主張する理由が分かりません。自公政権は基本的に海外に助けを求めようとはしません。取り残された住民は日本を救う新しい道を探るべきです。 飯山氏は自公政権を支持しているように見えます。新しい記事を掲載される度に自ら墓穴を掘っているように見えます。
文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
色棒24
絶食青年ブランド
紺碧なかまた

¥2400(送料・税込み)
色棒24
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP