飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

『イギリス国民が世界恐慌を起こしてでもEU離脱を希望した理由』 イギリス在住の「めいろま」氏が語る分かりやすい解説

『イギリス国民が世界恐慌を起こしてでもEU離脱を希望した理由』 イギリス在住の「めいろま」氏が語る分かりやすい解説
英国のEU離脱を問う今回の選挙は,非常に!公明正大に行われた.
陰謀論で語る識者は,英国王室のウラの機関が…の,偽ユダヤの策略が…のと,見てきたような講釈を垂れているが,全ては憶測にすぎない.妄想をめぐらせば,どんな解釈でも出来るのだ.

「イギリス国民が世界恐慌を起こしてでもEU離脱を希望した理由」について,まさに現地で生活しながら実際に観察してきた識者の報告がある.これを下に掲げた.

何事も,憶測ではなくて事実を語る人間の言だけを信用していれば,大きくは間違わない!
その格好の見本が,下の論説ツイートである.
飯山 一郎(70)


netgeek.jpg

Cameron.jpg
国連でのキャリアも持つ「めいろま」こと谷本真由美氏が、なぜイギリスの有権者が国民投票でEU離脱に票を投じたのか解説している。現地の状況を知れば、EU離脱は納得の結果だった。

端的にまとめれば、経済が豊かなイギリスにEU域内の人たちが来すぎて日常生活が極度に不便になっていたからだ。

EUでは加盟国を同一の国とみなし、ビザなしで自由に行き来できる仕組みを整えた。これにより経済が活性化すると思われたのだが、実際は賃金の低い国から高い国に大移動が起きることに。当然ながらもともとイギリスに住んでいた人は生活が不便になったと不満を漏らす。
▼めいろま氏自身もイギリスに移住した移民。それゆえ状況を詳しく把握している。

それでは、より詳しい解説を一気にみていってみよう。


本当に分かりやすい解説でありがたい。実際にイギリスに住んでいるからこそ把握している病院や学校の問題はめいろま氏ならではといったところ。直接的には無関係とはいえ、経済面で影響を受ける日本としてはいまいひとつイギリス国民が何を考えているかが理解できなかった。それがようやく腹落ちしたという感覚だ。
また、より読み応えのある解説については「めいろま」氏が執筆した記事「イギリスがEU離脱した理由」を一読あれ。現地の事情が手に取るように分かる力作だ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現状解説は大変ごもっともですが、見方を変えると英国がEU離れれば英国の天下は継続する。計算民族としては当然の動きのような感じです。支配者は、英国米国中国対欧(独、仏)州国露国日本国の次の世界大戦の組み合わせに近ずかせつつある、、、そんな気がします。 陰謀論などということなかれ、元MI6のジョンコールマン博士はかなり前から第三次世界大戦はこの組み合わせになると思うと自身の本で述べているのが、とても気になります。

投票用紙を撮影したら、同じ特徴の筆跡ばかり!

開票立会人になり、投票用紙を撮影してきました。※開票所は呉市広のオークアリーナ。
その後、一生懸命 類似筆跡を探して、すでにこれだけ見つけました。

・「片山」の按分票27枚のうち、15枚が同じ特徴の異体字。
・「自民党」の票419枚のうち、49枚が同じ特徴の筆跡。
・「宮沢洋一」の票525枚のうち、36枚が同じ特徴の筆跡。
・「自民党」の票のうち、50%以上が急いで書いた筆跡。
・「やなぎだ稔」の票145枚のうち、42枚が同じ特徴の筆跡。
※URLスパム判定で載せられなかったので、Googleで検索してください。

よかったら見てください。よろしくお願いします。

ウサギたちが渡った断魂橋〈上〉―からゆき・日本人慰安婦の軌跡

放射能怖い →中国の村に→ 奴隷のように働かされる→逃げようにも中国語話せない。しかも日本にも帰る所無い→奴隷のように働かされ無いにしても、日本と中国の軍事緊張が続く 中国国民むしゃくしゃする→日本人村襲撃→中国の警察も誰も助けてくれない→消滅
消滅すれば Aに財産が入る仕組みかも しかも中国業者と折半そして日本人村の日本人が減れば ネットで綺麗な写真 を流し 放射能怖い!怖い! と 日本人村に誘導する。そして 中国人の襲撃 そして消滅 そして財産はAと中国業者の折半 新しい家畜サイクルですね 中国国家としても国民のフラストレーションを直接 日本人にぶつけるチャンスだし 戦争の予行練習にもなる。 さすが

お前に 山本太郎をタコ議員呼ばわりする 権利は無い 少なくとも 山本太郎は 放射能怖い!怖い! うちの乳酸菌買わなきゃ死ぬよ!商法はしていない 。 本物黒酒の所に シャシャリでてくんな! お前は バカを中国に連れて行き バカの村でバカの王になればいい

ジャーナリストさんですらよく分からない事を、一般市民がよく分かった上で判断できないのは当たり前で、その状況自体が異常だと言えます。
私はただのサラリーマンですが、同様に、離脱票を入れた人達もまた、現状維持はNOだと言っているはずです。
市民に選ばれた、市民の声を代表するはずの政治家が、市民の声が分からない、というのもおかしいし、大衆市民に具体策やそれによる結果を説明せずに、議論内容も提示せずに、選択だけを市民に委ねるのも確かにおかしな話だとは思います。
市民のための民主主義なんて嘘っぱちで、政治、経済、労働者それぞれが乖離した階層社会が今の世界だという事が、はっきりしたと感じます。

イギリス国民の決定2

ニューヨークに41年間住んでいるジャーナリストです。トランプは、スコットランドにいて、国民のEU脱退の決定を称賛しました。彼らのナショナリズムを褒め称えたのです。ヒラリーは、慎重ですが、間違った結論といえるでしょう。グリーンスパン元連銀議長も懐疑的です。僕自身は、このような重要時意向を国民投票にかけることは、宣戦布告を国民投票にかけることのように思います。このイギリスの決断がヨーロッパ全体に与える影響は大きいと思います。為替への影響は大きいでしょう。また、テロ対策にも少なからず影響が出てくるでしょう。僕は、ヨーロッパに行き、人間を見てみると、もはや、成長期はないのではないか、と悲観的になります。間違いでしょうか?

No title

ニューヨークに41年間住んでいるジャーナリストです。イギリスについてあまり勉強したことがなく、大変良い勉強になりました。国家の進む方向を選挙民の投票にゆだねる点が僕にはわかりません。議会制民主主義国家で、議院内閣制のイギリスが、なぜ、衆愚政治とも思える方法をとらなければならなかったのか、不思議でなりません。力が衰えているアメリカが、イギリスのようにならないことを願うばかりです。アメリカもリーダーレス時代で、過度の民衆主義がはびこっています。民主主義ではないのです。白人ブルーカラー層です。働く能力も、職業訓練も受けず、金がほしい人たちです。彼らがトランプ支持のメインの選挙民です。

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP