飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

円仁と青州の深い関係

今日の朝に亀さんと堺のおっさんが、中国山東省青州市の飯山一郎邸での滞在を終えて帰国した。
別れの際に、亀さんよりライシャワー教授の『円仁-唐代中国への旅』という本をいただき、たいへんに興味深く読ませていただいた。

円仁は最澄の弟子として第三代天台宗座主となった高僧で、慈覚大師とも呼ばれている。
円仁は約1200年前に最後の遣唐使として中国に渡り、その様子を克明に『入唐求法巡礼行記』に記録している。

その記録によれば、円仁は840年になんと現在我々が滞在する青州を訪れているのだ。
以下のような記録を読むと、今の我々の状況と全く似通っているので驚いてしまった。

「円仁は青州で厚いもてなしを受けることになった。僧院に戻ると、彼は二人の高官すなわち節度副使、張および簫という名の将軍の訪問を受けた。殊に将軍は円仁を翌朝自宅へ招き、朝食を共にした。」

円仁は深く文殊菩薩を信仰し、文殊菩薩の導きにより中国各地で数々の奇跡を体験した。
青州の近くでは文殊菩薩の夢を見て、古い遺跡から仏像を発見している。

私はキリスト者であるが、一切衆生を救いたいという志は円仁となんら変わる所はない。
私と飯山一郎先生は宗教の違いを越えて、「ホ」による苦しみから人々を救いたいとする志を共にする同志だ。
そんな我々の志を感じた青州の中国人同志たちが、我々をサポートしてくれている。

私は円仁の旅行記を読んで、1200年の時を越えて文殊菩薩が我々を導いているような感じがした。

野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩の縁(えにし)

円仁さんのお話、驚きました

時空を超え、
文殊菩薩の縁によりて集いし慧眼持ちたる同志達
一切衆生を救いたいという志
「ホ」による苦しみから人々を救いたいとする志

実際、青州にまいりまして
私も共に歩む覚悟を更に強く持たせていただきました。

有難う御座いました。

野崎先生の記事、いつも楽しみして折ります
今後とも宜しくお願い致します。
文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP