飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

稷下の学士たち


郭店楚簡

郭店楚簡の「老子道徳経」


青州市の隣町である臨淄では春秋戦国時代に賢者が集まり、稷門の下に集まって議論をしていたので稷下の学士たちと呼ばれている。ここでは道家・法家・儒家・墨家・兵法家など様々な学派が集まって議論したので、その様子から「百家争鳴」という四文字熟語が作られた。

稷下の学士たちの中で最も優勢だったのは、老子の思想を伝えた道家の学派であった。現在まで老子の著作として伝わる『老子道徳経』は、稷下の学士の一人である環淵によって編集されたという説がある。郭沫若によれば環淵は老子の弟子で、『史記』で老子から道徳経を授かったと伝えられる函谷関の関尹と同一人物の可能性があるということだ。

さらに湖北省荊門市の郭店一号楚墓から見つかった老子の最も古いテキストである「郭店楚簡」を分析すると、編集者の背景として楚と臨淄で生活した痕跡が認められるという。環淵は楚から斉の臨淄にやって来た学者と伝えられるため、ちょうどこの老子の編集者の背景と符合する。

私も学生時代に漢和辞典の諸橋轍次の高弟である筑波大学の堀池信夫教授より、『老子道徳経』の読解と成立過程に関する講義を受けたことがある。その時以来『老子道徳経』の成立と編集の問題に興味を持ってきたので、この環淵という人物についても研究したいと思っている。

さて飯山事務所も様々な思想を持つ人たちが集まって来て激論を交わし、さながら「百家争鳴」の様子を呈している。時には議論が激しくなるあまり論者同士で火花を散らすこともあるが、稷下の学士の現代版だと思えばそれもまた一興だ。

野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP