飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

東亜同文書院の資料集が出版される

東亜同文書院
上海にあった東亜同文書院


中国国家図書館より「東亜同文書院調査手稿叢書」が出版された。東亜同文書院は近衛篤麿が日中間で活躍する人材を育成するために上海に設立した学校だ。日本の外務省や興亜院から支援を受ける半官半民の学校で、学生は各県からの推薦で官費が支給された。

東亜同文書院では学生が中国語や中国文化を現地で徹底的に学び、卒業論文として6~7人のグループで中国各地に調査旅行をして報告書を作成するという実践を重んじた教育であった。今回まとめて出版されたのは東亜同文書院が輩出した4000人余りの学生が残した2000点ほどの報告書等である。

これらの報告書は軍部からの要請で作成されることもあったため、中国では東亜同文書院はスパイ養成学校のように見なされている。確かに東亜同文書院の卒業者にはアヘン王として知られる里見甫や、満鉄調査部で尾崎秀美やゾルゲと共に共産党のスパイとして活躍した中西功など情報関係で活躍した人物が少なくない。

私は学生時代に新宿区上落合の学生寮に住んでいたことがあるのだが、最寄りの目白駅の近くに近衛篤麿の旧宅と碑文があり東亜同文書院の設立についても書かれてあったのを思い出した。目白駅周辺には宮崎滔天や川島浪速など中国と関係の深い人物の旧宅もあり、彼らの交友や関係に思いを馳せながら街路を歩いたものだった。

野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ

安全水霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の新刊
色棒24色棒24色棒24
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP