飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

柿本人麻呂と出雲王朝

戸田柿本人麻呂神社
益田市の戸田柿本人麻呂神社


以前に私の地元で聞いた話として、柿本人麻呂の出自と終焉に関しての記事を書いた(記 事)。すると古田武彦氏の支持者の方からご意見をいただいたので、古田氏が『人麿の運命』などで唱える「柿本人麻呂=九州王朝説」について再び考えてみた。

私は古田武彦氏の「柿本人麻呂=九州王朝説」を否定するつもりは全くないが、さりとて古田氏の意見に全面的に賛同できるわけでもない。私が躊躇する点は、古田氏が「九州王朝」と「近畿王朝」の二つの王朝説の対立という視点で語っている所である。私は柿本人麻呂の謎を解くには、第三の鍵として「出雲王朝」との関係も考慮に入れるべきではないかと考えるからだ。

というのは、伝説にあるように柿本人麻呂が幼少時あるいは晩年に石見で生活したとすれば、なぜ人麻呂自身あるいは親の柿本氏が石見という地方に来なければならなかったのかという疑問が生じる。そしてその答えは、柿本人麻呂と「出雲王朝」の関係にあるとは考えられないだろうか。

『日本書紀』によれば斉明天皇が659年に出雲地方に神社の建設を命じ、716年に現在と同じ場所に出雲大社が完成しており、さらに同時期に「出雲国風土記」の編纂が行われている。この空前の出雲リバイバルが起こった時期は、ちょうど柿本人麻呂が石見にやって来たと伝わる時代と重なっているのだ。さらになぜ柿本氏がこの出雲リバイバルに合わせて近くの石見に来たのか理由を考えると、柿本氏の出自が「出雲王朝」と関係があったためではないかと思えてくるのだ。

ただし柿本氏の出自と「出雲王朝」の関係を語るには奈良の葛城地方に残るもう一つの人麻呂誕生伝説も考慮しなければなるまいし、古田武彦氏の唱えるいわゆる「九州年号」と「出雲王朝」の関係も語らなければなるまい。これらはまた別の機会に改めて詳しく説明しようと思う。

ちなみに私は柿本人麻呂終焉の地については、地元びいきと戸田柿本神社の綾部氏が五十代にわたり守って来た伝承に敬意を表して益田説を支持する。なお「石見国風土記」逸文にある柿本人麻呂の終焉の地を「東海の畔」とする表記については、朝鮮人が日本海を東海と呼ぶことを思い出せばすぐに理解できると思う。

野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

不思議

すみません、投稿初めてなのですが、716年の出雲大社創建と高麗王若王の高麗郡建都が同じ年というのがとても気になりました。
(明治29年に併合されるまで埼玉の日高、飯能、鶴ヶ島、川越などに渡る地域に1180年間高麗郡が敷かれていました。)
何か関連性があるのでしょうか?
文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ
安全水霧島の秘水
霧島の秘水
2㍑10本入り1,550円

放射能ゼロの産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材

飯山一郎の著書
終末社会学用語辞典
色棒24
世界
色棒24
『横田めぐみさんと金正恩』
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP