飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

近代中国のロマン派詩人(7):徐志摩(じょしま)と陸小曼(りくしょうまん)

陸小曼
陸小曼と徐志摩


徐志摩が林徽因に失恋した後に、再び恋に落ちたのが人妻の陸小曼だ。陸小曼は恵まれた家庭に育ち、優れた容姿で社交界の花形であった。

陸小曼と徐志摩はダンスで密会を重ねるうちに互いの愛情を深めていったが、陸小曼の夫は軍人で仕事に忙しく二人の密会を黙認していたようだ。陸小曼は夫と離婚するために堕胎までして、1926年に徐志摩と駆け落ちするように結婚した。

徐志摩の師匠であった梁啓超は二人の結婚に反対で、「徐志摩は浮ついた性格で、結局学問が身に付かなかった。痛い目に合わなければ目が覚めないだろう」と書いている。

二人は結婚後に上海で生活したが、陸小曼はアヘンに染まりダンスや麻雀に耽る退廃的な生活を送った。徐志摩は豪勢な暮らしぶりの陸小曼を満足させるために、三つの大学での講義を掛け持ちし雑誌に原稿を寄せるなどして必死で働かなければならなかった。

1931年に徐志摩が飛行機事故で亡くなった後、陸小曼は画家としての才能を開花させ個展を開いたりした。陸小曼は文学面でも作品を残しており、徐志摩と共に劇の脚本を書いたりタゴールの短編小説の翻訳を出版している。

下に私訳したのは徐志摩の詩「春的投生」で、陸小曼のために書いたと言われている。

「春の再生」

昨日の夜も、その前の夜もそうだった。
春の雨が狂ったように降る中で、
春が冬の死体に生命を吹き込む。
足下が軟らかくなり、
耳のあたりが暖かくなったような気がしないか?
木の枝にも青い線が浮いてきた。
水のよどみは無限にぐるぐると回っている。
僕と君の体も
胸の間が異様に高鳴る。
桃の花はすでに君の顔に咲いている。
僕がさらに鋭敏に感じ取るのは
君の媚態、飲み込む音
君の真珠のような笑顔だ。
君は僕の腕が
切実に君の腰を欲していることがわかるかい?
僕の呼吸が君の身に投射され
幾千もの蛍が炎に飛び込むみたいだ。
その他はとても言い尽くせない。
ああ雀や鳥の熱情が響きわたる。
皆が手に手を携えて賛美している
春の再生を。


野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP