飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

近代中国のロマン派詩人(10):徐志摩とタゴール

タゴール
右から徐志摩、林徽因、タゴール


インドの詩聖タゴールは三度中国を訪問しているが、三度とも徐志摩が通訳として接待している。タゴールは中国のロマン派詩人たちに大きな影響を与え、徐志摩・聞一多・林徽因・胡適等はタゴールの詩の影響を受けて雑誌『新月』を発刊した。この雑誌にちなんで、彼ら近代中国のロマン派の詩人は「新月派」とも呼ばれている。

タゴールの最初の中国訪問は1924年4月12日のことで、日本郵船「熱田丸」に乗って上海を訪問した。タゴールは1カ月以上中国に滞在したが、5月8日にはタゴールの64歳の誕生日を祝う演劇が上演された。劇の題材はタゴールがインドの伝説を元に書いた詩劇「チトラ」で、林徽因が主人公の姫を演じ徐志摩が姫の愛馬を演じた。

タゴールは徐志摩の林徽因に対する愛情を感じ取り、林徽因に徐志摩との感情問題を尋ねた。しかし、林徽因は婚約者の梁思成がいることを理由に徐志摩を拒絶している。その時にタゴールは二人の愛情のすれ違いを残念そうに、次のような詩を作った。


深く青い天空は
大地の輝く緑を愛した
天空と大地の間でそよ風がため息を漏らす
ああ!


タゴールの二度目の中国訪問は1929年3月で、当時は徐志摩と陸小曼が結婚したばかりの時であった。その時は3日だけの日程であったため、徐志摩の家に宿泊して詩や絵画の話に花を咲かせた。

タゴールの三度目の中国訪問は1929年の6月で、ヨーロッパ旅行からの帰りに中国に立ち寄った。その時にタゴールは徐志摩に自分の着ていた紫色の長いインド風の衣服を記念に贈っている。その後もタゴールと徐志摩は、徐志摩が亡くなるまで手紙で密接な交際を続けた。

野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ

朗報 緑茶は放射能を防護!
3行
無農薬健康茶
4袋入り2592円

2袋入り1296円
ヤヨブーが熱唱
あらびき茶あらびき茶ソング

放射能ゼロ↓の産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材
↑安全!和香園のお茶
飯山一郎の新刊
色棒24色棒24色棒24
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP