飯山一郎のHPへ  里子のブログへ  大気拡散予測と気流予測  皇后陛下ご発言  超 少 食  玄米で乳酸菌  状況認識!  連帯拒絶!
飯山一郎の白蛇様
『文殊菩薩』  What?  Photo 末世の争乱近し.英雄出ず.ひたすら健康延命図るべし.

※ 一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事。 記 事    

孔子伝(10):孔子 VS 老子

孔子と老子
老子に道を問う孔子

周王朝の首都の洛陽に留学した孔子が訪問した最も重要な人物の一人は老子であった。老子は社会経験が豊富で古代の歴史に通じていながら、礼に対して厳しい批判的態度を表す反骨の老人であった。

孔子が彼に会いに行った目的も礼儀について教えを請うためで、『礼記・曾子問』などによれば孔子と老子は主に葬儀に関して議論をしたと伝えている。

孔子は首都で有名な学者を訪問して知識を吸収し、将来は上層社会に仲間入りして政治や教育に役立てるつもりであった。しかし老子からすれば、孔子が熱心に学んでいるものは華やかに見えるばかりで実用性がないと思えるものばかりだった。

老子からすれば礼儀の煩雑な細かな規則にこだわれば、質朴な天然の人間性を失ってしまう。人間が偽りのない天然の人間性を失えば詐欺や偽善を生じるため、社会が乱れるのだと考えていた。

それゆえ、老子に言わせれば礼儀などというものは「忠義が形式化した余りカス」であった。そのため孔子が教えを請いに行った時に、老子はいささかぶっきらぼう次のように答えた。「あなたは傲慢さと貪欲さ、自我の強さと妄想を除くようにしなさい。」

孔子が留学を終えて魯国に戻る前に老子に別れを告げに行くと、老子は孔子を門まで見送って別れの言葉を次のように送った。

「聡明で洞察の深いものでも早く死んでしまう人は、人をあれこれ議論するからだ。雄弁で博学なものでも自分を危険な立場に置く人は、他の人の悪をよく暴くからだ。あなたも自分の主張をあまり強く出さないようにしなさい。」

孔子は老子の博学さと思想の深さに圧倒されたが、どこか神秘的でとらえどころがないようにも感じた。後に門徒に老子の印象を次のように語っている。

「私は鳥が空を飛ぶものである事を知っている。また私は魚が水中を泳ぐものである事を知っている。しかし、龍がどうやってそれが天を飛び雲に乗るのかは分からない。私が老子に出合った感想は、この龍と同じようなものだ。」

以後、中国で孔子は科挙を受けて高級官僚を目指す政治家や文人の祖として崇められたが、老子は世俗を避けて山に隠棲し仙人を目指す道家の祖となり、中国の異なる2タイプの知識人の生き方を代表することになる。

野崎晃市(42)

コメントの投稿

非公開コメント

文殊菩薩カウンター
カーソルを乗せると日毎のグラフ

朗報 緑茶は放射能を防護!
3行
無農薬健康茶
4袋入り2592円

2袋入り1296円
ヤヨブーが熱唱
あらびき茶あらびき茶ソング

放射能ゼロ↓の産直玄米
飯山一郎ブランド
ぽんぽこ笑店
九州産の安全な食材
↑安全!和香園のお茶
飯山一郎の新刊
色棒24色棒24色棒24
ベストセラー!

もう一台! 56% OFF!

私が載ってるスターピープル
超少食 ←読んで実行!!病気知らず!!
おひかえなすって 手前 生国は野州 栃木でござんす

薩摩の黒豹=飯山一郎

Twitterボタン
16SHARP
飯山本シャープ飯山店
白蛇様に願かける
『文殊菩薩』の記事一覧
大気拡散予測 (毎日必見!)
空間線量率(県別)  便覧   狸
生き方考え方を大変革!
食べない生き方
放知技』↓をココで読む。
検索フォーム
高いモノは買わない!

飯山一郎ブランド

『霧島の秘水』
飯山一郎ブランド

『ミラクル大豆』(豆乳)
最新記事
miniPortal
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
 ▲TOP